MAX1889

フォルト保護付き、トリプル出力、TFT LCD電源


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX1889は、アクティブマトリックス、薄膜トランジスタ液晶ディスプレイ(TFT LCD)に必要な3つの安定化出力電圧を備えています。この製品は、完全電源システム用に、2つのリニアレギュレータコントローラおよび複数レベルの保護回路と高性能ステップアップレギュレータを統合しています。

メインDC-DCコンバータは、高周波(500kHz/1MHz)電流モードステップアップレギュレータで、超小型インダクタとセラミックコンデンサを使用できるNチャネルパワーMOSFETを内蔵しています。MAX1889は、閉ループ帯域幅性能が高く、85%以上の効率で動作しながら、パルス負荷に高速過渡応答を行います。さらに、正/負リニアレギュレータコントローラが、TFTゲートオン/ゲートオフ電源用のチャージポンプ出力にポストレギュレーションを行います。

MAX1889は独自の入力スイッチ制御を備えており、この制御は、障害検出時に入力から負荷を切り離して、通常の入力ヒューズの代替機能を果たします。障害検出器は3つの安定化出力電圧をすべて監視し、入力電源からの電流も監視することができます。また、MAX1889は、温度過昇スレッショルドに達すると、サーマルシャットダウンモードに移行します。

MAX1889の低電圧ロックアウトを2.5V (max)に設定されており、入力電圧はパルス負荷状態下でドループし、入力電源の一時的な低下時に発生する不測の動作を回避することができます。また、内蔵ソフトスタート機能とサイクルバイサイクル電流制限機能によって、電源投入時の入力サージ電流を防止します。

MAX1889は、超薄型LCDパネル設計用に高さ0.8mm (max)の16ピン薄型QFNパッケージで提供されます。
MAX1889:標準動作回路 MAX1889:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 高性能ステップアップレギュレータ
    • 高速過渡応答
    • 電流モード制御アーキテクチャ
    • 高効率、NチャネルパワーMOSFET内蔵
    • 電流制限コンパレータ効率:85%以上
    • 選択可能なスイッチング周波数(500kHz/1MHz)
    • ソフトスタート機能を内蔵
  • 正リニアレギュレータコントローラ
  • 負リニアレギュレータコントローラ
  • 防煙防火用のトリプルレベル保護
    • 入力スイッチにより入力ヒューズを置換
    • タイマラッチ付出力過負荷検出
    • サーマルシャットダウン
  • 入力動作範囲:2.7V~5.5V
  • 超小型外付け部品
  • シャットダウン電流:1µA (max)
  • 自己消費電流:1mA (max)
  • 超薄型16ピンQFNパッケージ(高さ0.8mm max)

アプリケーション/用途

  • カーナビゲーションディスプレイ
  • LCDモニタ
  • ノートブックコンピュータのディスプレイ

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX1889.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

CAD Symbols and Footprints

  • MAX1889ETE+
  • MAX1889ETE+T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース

    種類 ID タイトル
    評価ボード3542MAX1889EVKIT MAX1889の評価キット