MAX1779

低電力、トリプル出力、TFT LCD DC-DCコンバータ

業界初、小型バッテリ駆動LCDアプリケーション用、デュアルチャージポンプレギュレータ付き、高性能昇圧型レギュレータ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX1779は、小型アクティブマトリックス薄膜トランジスタ(TFT)液晶ディスプレイ(LCD)に必要な高効率の安定化電圧を提供する、トリプル出力DC-DCコンバータです。高電力DC-DCコンバータ1つおよび低電力チャージポンプ2つにより、+2.7V~+5.5Vの入力電源電圧を3つの独立した出力電圧に変換します。

主要な大電力DC-DCコンバータは、±1%まで安定化された最大13Vのブースト出力電圧(VMAIN)を生成します。低電力BiCMOSは回路を制御し、内蔵されているパワーMOSFETの低オン抵抗(1Ω)により、最大91%の効率を達成します。250kHzの電流モードパルス幅変調(PWM)構造により、高速な過渡応答を提供し、超小型インダクタおよびセラミックコンデンサの使用が可能になっています。

デュアルチャージポンプは、それぞれ個別に1つの正出力(VPOS)と1つの負出力(VNEG)を安定化させます。これらの低電力出力は、外付ダイオードと(必要な段数の)コンデンサ段を使用して、出力電力を-40V~+40Vに安定化します。マキシム独自のレギュレーションアルゴリズムにより、出力リップルおよび両チャージポンプのコンデンササイズが最小限に抑えられています。

MAX1779は、超薄型のTSSOPパッケージ(高さ1.1mm、max)で提供されています。
MAX1779:標準動作回路 MAX1779:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 3つの集積化DC-DCコンバータ
  • 250kHz電流モードPWMブーストレギュレータ
    • メイン高電力出力:+13V (max)
    • 精度:±1%
    • 高効率:91%
  • デュアルチャージポンプ出力
    • 正チャージポンプ出力:+40V (max)
    • 負チャージポンプ出力:-40V (min)
  • 内部電源シーケンス
  • 内部パワーMOSFET
  • 入力電源:+2.7V~+5.5V
  • シャットダウン電流:0.1µA
  • 自己消費電流:0.5mA
  • 内部ソフトスタート
  • パワーレディ出力
  • 超小型外部部品
  • パッケージ:薄型TSSOP (1.1mm、max)

アプリケーション/用途

  • カムコーダ
  • デジタルスチルカメラ
  • パッシブマトリックスLCDディスプレイ
  • PDA
  • TFTアクティブマトリックスLCDディスプレイ

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX1779.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

その他リソース

MAX1748EVKIT

CAD Symbols and Footprints

  • MAX1779EUE+
  • MAX1779EUE+T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース