MAX17010

高電圧レベルシフタおよびオペアンプ内蔵、スイッチ内蔵ブーストレギュレータ

新しい集積および機能レベルを提供するスキャンドライバ内蔵LCDディスプレイバイアスIC


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX17010は、高性能ステップアップスイッチングレギュレータ、高速オペアンプ、および高電圧レベルシフトスキャンドライバを内蔵しています。このデバイスは、薄膜トランジスタ(TFT)液晶ディスプレイ(LCD)アプリケーションに最適です。

ステップアップDC-DCコンバータは、パネルのソースドライバICに安定化電源電圧を供給します。コンバータは、20VのnチャネルパワーMOSFETを内蔵する1.2MHzの電流モードレギュレータです。高スイッチング周波数であるため、超小型インダクタとセラミックコンデンサを使用することができます。電流モード制御アーキテクチャによって、パルス負荷に対して高速過渡応答します。ステップアップレギュレータは、低電圧ロックアウト(UVLO)、ソフトスタート、および電流制限を備えています。大電流オペアンプは、LCDバックプレーンを駆動するように設計されています(VCOM)。このアンプは、大出力電流(±150mA)、高速スルーレート(45V/µs)、広帯域幅(20MHz)、およびレイルトゥレイル入力/出力を備えています。

高電圧、レベルシフトスキャンドライバは、パネルガラスに行ドライバを実装するパネルで動作するように設計されています。その8個の出力は+30V (max)から-10Vまで変化し、容量性負荷を高速で駆動することができます。

MAX17010は、超薄型LCDパネル用に高さ0.8mm (max)の40ピンTQFNパッケージで提供されます。このデバイスは、-40℃~+85℃の温度範囲で動作します。

MAX17010:最小動作回路 MAX17010:最小動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 入力電源電圧範囲:1.8V~5.5V
  • SUP自己消費電流(スイッチング):3mA
  • 1.2MHzの電流モードのステップアップレギュレータ
    • 高速過渡応答
    • 高精度出力電圧:1.0%
    • 20V、1.9A、200mΩのMOSFET内蔵
    • 高効率:85%以上
    • ディジタルソフトスタート
  • 高速オペアンプ
    • 出力電流:150mA
    • スルーレート:45V/µs
    • 20MHz、-3dBの帯域幅
  • 高電圧レベルシフトスキャンドライバ
    • ロジックレベル入力
    • 出力レイル:+30V~-10V
  • 過熱/過負荷保護
  • 5mm x 5mmの40ピンTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • LCDモニタパネル
  • ノートブックコンピュータのディスプレイ

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX17010.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

CAD Symbols and Footprints

  • MAX17010AETL+
  • MAX17010AETL+T
  • MAX17010ETL+
  • MAX17010ETL+T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース

    種類 ID タイトル
    評価ボード5552MAX17010EVKIT MAX17010の評価キット