MAX1543EVKIT

MAX1542、MAX1543の評価キット


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX1543の評価キット(EVキット)は、アクティブマトリックス、薄膜トランジスタ(TFT)、液晶ディスプレイ(LCD)に必要な電圧と機能を提供する完全実装および試験済み表面実装回路ボードです。このEVキットは、ステップアップスイッチングレギュレータ、TFTゲートオン電源用の2段正チャージポンプ、およびTFTゲートオフ電源用の1段負チャージポンプを備えています。また、2個のオペアンプも搭載し、このオペアンプを使って、LCDバックプレーン(VCOM)やガンマ補正用分圧抵抗列、および可変遅延付きロジック制御高電圧スイッチを駆動することができます。また、このEVキットは、ICを交換するとMAX1542も評価可能です。

このEVキットは+2.6V~+5.5VのDC電源電圧で動作します。ステップアップスイッチングレギュレータは+8Vの出力に設定され、250mA以上を供給します。正チャージポンプは+22V出力に設定され、20mA以上を供給します。負チャージポンプは-7V出力に設定され、20mA以上を供給します。2個のオペアンプはともに+4Vに設定され、それぞれ最大±150mA (ピーク)を供給することができます。高電圧スイッチを使って、正チャージポンプの出力の起動を遅延させることができます。遅延時間は、外付けコンデンサを使って設定します。

MAX1543のEVキットは低自己消費電流と高効率(85%)を検証して、バッテリ寿命を最長化します。1.2MHzでの動作のため、小型表面実装部品を使用することができます。薄型外付け部品とともにMAX1543のQFNパッケージ(最大高0.8mm)によって、この回路の厚さを1.25mm以下にすることができます。

主な特長

  • 入力電圧範囲:+2.6V~+5.5V
  • 出力電圧
    • 出力:+8V/300mA (ステップアップスイッチングレギュレータ、3V入力)
    • 出力:+22V/20mA (正チャージポンプ)
    • 出力:-7V/20mA (負チャージポンプ)
    • 出力:+4V/±150mA (オペアンプ、VOUT1およびVOUT2)
  • 抵抗で調整可能なスイッチングレギュレータとオペアンプの出力電圧
  • 可変遅延付きロジック制御高電圧スイッチ
  • 85%を超える効率(ステップアップスイッチングレギュレータ)
  • 選択可能なステップアップスイッチング周波数:600kHzまたは1.2MHz
  • 薄型表面実装部品
  • MAX1542も評価(ICの交換が必要)
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • カーナビゲーションディスプレイ
  • LCDモニタパネル
  • ノートブックコンピュータのディスプレイ
  • PDA
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース