MAX889

高周波、安定化、200mA、反転チャージポンプ

安定化された反転チャージポンプ、インダクタ不要で負電源に200mAを供給


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX889は、200mAまでの負荷に対して安定化負出力を供給する反転チャージポンプです。本デバイスは2.7V~5.5V入力で動作し、-2.5V~-VINの可変安定化出力を生成します。

MAX889は、動作周波数2MHz ( Tバージョン)、1MHz (Sバージョン)または0.5MHz (Rバージョン)のものが用意されています。スイッチング周波数の高いデバイスは、スペースの制限されたアプリケーションにおいて小さなコンデンサの使用を可能にします。周波数の低いデバイスは自己消費電流が小さくなっています。

MAX889は0.1µAロジック制御シャットダウンモードも備えています。パッケージは8ピンSOです。評価キットMAX889SEVKITが提供されています。
MAX889:標準動作回路 MAX889:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 出力電流:200mA
  • スイッチング周波数:最大2MHz
  • 小型コンデンサ:1µF
  • 入力電圧範囲:+2.7V~+5.5V
  • 可変安定化負出力:-2.5V~-VIN
  • 0.1µAロジック制御シャットダウン
  • 低出力抵抗(安定化範囲内):0.05Ω
  • ソフトスタートおよびフの字電流制限
  • 短絡およびサーマルシャットダウン保護
  • パッケージ:8ピンSO

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動アプリケーション
  • カムコーダ
  • デジタルスチルカメラ
  • ハードディスクドライブ
  • 計測機器
  • TFTパネル

MAX889SEVKIT: MAX889Sの評価キット

技術資料

アプリケーションノート 3659 Simple Circuit Converts +5V to -10V
チュートリアル 737 Choosing the Right Power-Supply IC for your Application
製品の信頼性レポート: MAX889.pdf 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース

種類 ID タイトル
アプリケーションノート 3659 Simple Circuit Converts +5V to -10V
チュートリアル 737 Choosing the Right Power-Supply IC for your Application