先頭に戻る

低ノイズ、安定化、-2V GaAsFETバイアス

わずか0.22µFの小型コンデンサで動作

製品の詳細

MAX840/MAX843/MAX844は、携帯電話等のトランスミッタアンプのGaAsFETをバイアスするのに最適な低ノイズ反転チャージポンプ電源です。これらの製品は最低2.5Vの入力電圧から動作します。

MAX840は、-2Vの固定出力と-0.5V~-9.4Vの可変出力の両方を提供します。MAX843/MAX844は、外部のプラス制御電圧を用いてマイナスの出力電圧を設定します。全製品とも入力電圧範囲は2.5V~10Vで、入力電圧が2.7V以上の時には出力電流は4mAです。これらの製品は、わずか0.22µFのコンデンサで動作させることができます。

MAX840の出力電圧リップルは、内部リニアレギュレータによって1mVP-Pにまで低減されています。MAX843/MAX844も、充分フィルタリングされた制御電圧(VCTRL)を用いることで、出力リップルを1mVP-P以下(typ)に抑えることができます。消費電流は750µAで、シャットダウンモードでは1µA以下まで低減します(MAX840/MAX843)。MAX844の安定化されていない出力はシャットダウンモード時もアクティブ状態を維持し、チャージポンプのスイッチング周波数は20kHzに低減されます。これによりローパワーのLCD電源が提供されます。

主な機能

  • -2Vの固定出力または-0.5V~-9.4Vの可変出力で4mA (MAX840)
  • 入力電圧範囲:2.5V~10V
  • 小型コンデンサ(最小0.22µF)で動作
  • 出力電圧リップル:1mVP-P
  • チャージポンプのスイッチング周波数:
    • 通常動作時:100kHz
    • シャットダウンモード時:20kHz (MAX844)
  • 全温度範囲で1µA maxのロジックレベルのシャットダウン(MAX840/MAX843)
  • パッケージ:小型8ピンSO

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • 連続調整可能なGaAsFETバイアス
  • GaAsFETパワーアンプモジュール
  • LCDバイアスコントラスト制御
  • パーソナルコミュニケータ、PDA
  • 安定化負電源
  • ワイヤレスデータロガー
Parametric specs for Charge Pumps
Topology Inverter
Regulated
VIN (V) (min) 2.5
VIN (V) (max) 10
IOUT (A) (typ) 0.01
Unadj. VOUT (V) -2
Adj. VOUT (V) (min) -VIN-0.6
Adj. VOUT (V) (max) -0.5
ICC (mA) (max) 1.3
Switching Frequency (kHz) 100
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
-20 to +85
Package/Pins SOIC (N)/8
Budgetary
Price (See Notes)
$1.84 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX840、MAX843、MAX844:標準動作回路 MAX840、MAX843、MAX844:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

データシート 低ノイズ、安定化、-2V GaAsFETバイアス Jul 28, 2006

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX840/MAX843/MAX844は、低ノイズ、安定化出力の反転チャージポンプDC-DCコンバータです。これらの製品は出力リップル電圧が低いため、携帯電話トランスミッタで広く用いられているGaAsFETバイアスに最適です。

MAX840の評価キット(EVキット)は、完全実装済みかつテスト済みの表面実装ボードです。出荷時にこのボードに実装されているのはMAX840ですが、MAX843やMAX844と置換えることもできます。このボードは、-2V以外の出力電圧で必要となる抵抗2個を追加実装できるように設計されています。また、専用のスコーププローブ用ソケットもボード上に実装され、出力ノイズがオシロスコープで観測できるようになっています。

詳細を見る

特長

  • 出力電圧リップル:1mVP-P
  • 入力範囲:2.5V~10V
  • 0.22µFコンデンサを使用
  • -2Vの安定化出力(または可変出力)
  • 出力電流:4mA
  • 表面実装技術
  • 説明

    MAX840/MAX843/MAX844は、低ノイズ、安定化出力の反転チャージポンプDC-DCコンバータです。これらの製品は出力リップル電圧が低いため、携帯電話トランスミッタで広く用いられているGaAsFETバイアスに最適です。

    MAX840の評価キット(EVキット)は、完全実装済みかつテスト済みの表面実装ボードです。出荷時にこのボードに実装されているのはMAX840ですが、MAX843やMAX844と置換えることもできます。このボードは、-2V以外の出力電圧で必要となる抵抗2個を追加実装できるように設計されています。また、専用のスコーププローブ用ソケットもボード上に実装され、出力ノイズがオシロスコープで観測できるようになっています。

    詳細を見る

    特長

  • 出力電圧リップル:1mVP-P
  • 入力範囲:2.5V~10V
  • 0.22µFコンデンサを使用
  • -2Vの安定化出力(または可変出力)
  • 出力電流:4mA
  • 表面実装技術
  • 説明

    MAX840/MAX843/MAX844は、低ノイズ、安定化出力の反転チャージポンプDC-DCコンバータです。これらの製品は出力リップル電圧が低いため、携帯電話トランスミッタで広く用いられているGaAsFETバイアスに最適です。

    MAX840の評価キット(EVキット)は、完全実装済みかつテスト済みの表面実装ボードです。出荷時にこのボードに実装されているのはMAX840ですが、MAX843やMAX844と置換えることもできます。このボードは、-2V以外の出力電圧で必要となる抵抗2個を追加実装できるように設計されています。また、専用のスコーププローブ用ソケットもボード上に実装され、出力ノイズがオシロスコープで観測できるようになっています。

    詳細を見る

    特長

  • 出力電圧リップル:1mVP-P
  • 入力範囲:2.5V~10V
  • 0.22µFコンデンサを使用
  • -2Vの安定化出力(または可変出力)
  • 出力電流:4mA
  • 表面実装技術
  • /jp/design/design-tools/ee-sim.html?

    サポートとトレーニング

    ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

    パラメーター

    Parametric specs for Charge Pumps
    Topology Inverter
    Regulated
    VIN (V) (min) 2.5
    VIN (V) (max) 10
    IOUT (A) (typ) 0.01
    Unadj. VOUT (V) -2
    Adj. VOUT (V) (min) -VIN-0.6
    Adj. VOUT (V) (max) -0.5
    ICC (mA) (max) 1.3
    Switching Frequency (kHz) 100
    Oper. Temp. (°C) -40 to +85
    -20 to +85
    Package/Pins SOIC (N)/8
    Budgetary
    Price (See Notes)
    $1.84 @1k

    主な機能

    • -2Vの固定出力または-0.5V~-9.4Vの可変出力で4mA (MAX840)
    • 入力電圧範囲:2.5V~10V
    • 小型コンデンサ(最小0.22µF)で動作
    • 出力電圧リップル:1mVP-P
    • チャージポンプのスイッチング周波数:
      • 通常動作時:100kHz
      • シャットダウンモード時:20kHz (MAX844)
    • 全温度範囲で1µA maxのロジックレベルのシャットダウン(MAX840/MAX843)
    • パッケージ:小型8ピンSO

    アプリケーション/用途

    • 携帯電話
    • 連続調整可能なGaAsFETバイアス
    • GaAsFETパワーアンプモジュール
    • LCDバイアスコントラスト制御
    • パーソナルコミュニケータ、PDA
    • 安定化負電源
    • ワイヤレスデータロガー

    説明

    MAX840/MAX843/MAX844は、携帯電話等のトランスミッタアンプのGaAsFETをバイアスするのに最適な低ノイズ反転チャージポンプ電源です。これらの製品は最低2.5Vの入力電圧から動作します。

    MAX840は、-2Vの固定出力と-0.5V~-9.4Vの可変出力の両方を提供します。MAX843/MAX844は、外部のプラス制御電圧を用いてマイナスの出力電圧を設定します。全製品とも入力電圧範囲は2.5V~10Vで、入力電圧が2.7V以上の時には出力電流は4mAです。これらの製品は、わずか0.22µFのコンデンサで動作させることができます。

    MAX840の出力電圧リップルは、内部リニアレギュレータによって1mVP-Pにまで低減されています。MAX843/MAX844も、充分フィルタリングされた制御電圧(VCTRL)を用いることで、出力リップルを1mVP-P以下(typ)に抑えることができます。消費電流は750µAで、シャットダウンモードでは1µA以下まで低減します(MAX840/MAX843)。MAX844の安定化されていない出力はシャットダウンモード時もアクティブ状態を維持し、チャージポンプのスイッチング周波数は20kHzに低減されます。これによりローパワーのLCD電源が提供されます。

    簡略化されたブロック図

    MAX840、MAX843、MAX844:標準動作回路 MAX840、MAX843、MAX844:標準動作回路 Zoom icon

    技術資料

    データシート 低ノイズ、安定化、-2V GaAsFETバイアス Jul 28, 2006

    サポートとトレーニング

    ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。