先頭に戻る

スイッチトキャパシタ電圧インバータ

ページャのLCD用インダクタレス電源

製品の詳細

MAX828/MAX829は、+1.5V~+5.5Vの入力電圧を許容する超小型モノリシックCMOSチャージポンプインバータです。MAX828は12kHzで動作し、MAX829は35kHzで動作します。これらの製品は高効率(負荷電流範囲の大部分で90%以上)で低動作電流(MAX828は60µA)であるため、バッテリ駆動アプリケーションおよび基板レベルでの電圧変換アプリケーションに最適です。

MAX828/MAX829は低自己消費電流と高効率特性を兼ね備えています。発振器制御回路および4つのパワーMOSFETスイッチが内蔵されています。アプリケーションとしては、アナログ回路を駆動するために、+5Vロジック電源から-5V電源を生成することが挙げられます。どちらも5ピンSOT23パッケージで供給されており、500mVの電圧ドロップで25mAの電流を出力することができます。

ロジック制御シャットダウン付きの類似製品についてはMAX1719/MAX1720/MAX1721を参照してください。より多くの電力を必要とするアプリケーションにはMAX860を使用することで、600mVの電圧ドロップで50mAの電流を出力することができます。MAX860は省スペースのµMAX®パッケージで供給されています。

主な機能

  • パッケージ:5ピンSOT23
  • 電圧変換効率:95%
  • 入力電源電圧を反転
  • 自己消費電流:60µA (MAX828)
  • 入力電圧範囲:+1.5V~+5.5V
  • 僅か2個のコンデンサで動作
  • 出力電流:25mA

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動アプリケーション
  • 携帯電話
  • ハンディターミナル、PDA
  • 医療用機器
  • 小型LCDパネル
全て表示する
Parametric specs for Charge Pumps
Topology Inverter
Unregulated
VIN (V) (min) 1.5
VIN (V) (max) 5.5
IOUT (A) (typ) 0.025
Unadj. VOUT (V) -VIN
ICC (mA) (max) 0.26
Switching Frequency (kHz) 35
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
0 to +70
Package/Pins SOT23/5
Budgetary
Price (See Notes)
$2.27 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX828、MAX829:標準動作回路 MAX828、MAX829:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Charge Pumps
Topology Inverter
Unregulated
VIN (V) (min) 1.5
VIN (V) (max) 5.5
IOUT (A) (typ) 0.025
Unadj. VOUT (V) -VIN
ICC (mA) (max) 0.26
Switching Frequency (kHz) 35
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
0 to +70
Package/Pins SOT23/5
Budgetary
Price (See Notes)
$2.27 @1k

主な機能

  • パッケージ:5ピンSOT23
  • 電圧変換効率:95%
  • 入力電源電圧を反転
  • 自己消費電流:60µA (MAX828)
  • 入力電圧範囲:+1.5V~+5.5V
  • 僅か2個のコンデンサで動作
  • 出力電流:25mA

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動アプリケーション
  • 携帯電話
  • ハンディターミナル、PDA
  • 医療用機器
  • 小型LCDパネル

説明

MAX828/MAX829は、+1.5V~+5.5Vの入力電圧を許容する超小型モノリシックCMOSチャージポンプインバータです。MAX828は12kHzで動作し、MAX829は35kHzで動作します。これらの製品は高効率(負荷電流範囲の大部分で90%以上)で低動作電流(MAX828は60µA)であるため、バッテリ駆動アプリケーションおよび基板レベルでの電圧変換アプリケーションに最適です。

MAX828/MAX829は低自己消費電流と高効率特性を兼ね備えています。発振器制御回路および4つのパワーMOSFETスイッチが内蔵されています。アプリケーションとしては、アナログ回路を駆動するために、+5Vロジック電源から-5V電源を生成することが挙げられます。どちらも5ピンSOT23パッケージで供給されており、500mVの電圧ドロップで25mAの電流を出力することができます。

ロジック制御シャットダウン付きの類似製品についてはMAX1719/MAX1720/MAX1721を参照してください。より多くの電力を必要とするアプリケーションにはMAX860を使用することで、600mVの電圧ドロップで50mAの電流を出力することができます。MAX860は省スペースのµMAX®パッケージで供給されています。

簡略化されたブロック図

MAX828、MAX829:標準動作回路 MAX828、MAX829:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。