先頭に戻る

ハイサイド電源

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

データシート ハイサイド電源 Jan 25, 2001
チュートリアル Xilinx FPGA向け電源ソリューション
チュートリアル Altera FPGA向け電源ソリューション

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 動作電源電圧範囲:+3.5V~+16.5V
  • 出力電圧のレギュレーション:VCC + 11V (typ)
  • 自己消費電流:150µA (typ)
  • パワーレディ出力

アプリケーション/用途

  • バッテリマネージメント
  • Hスイッチ
  • NチャネルFETでのハイサイドパワー制御
  • 低ドロップアウト電圧レギュレータ
  • ポータブルコンピュータ
  • 低電源電圧用パワースイッチング
  • ステッパモータドライバ

説明

MAX1822は、安定化チャージポンプを使用して入力電源電圧より11V大きい安定化出力電圧を生成し、ハイサイドスイッチングおよび制御回路に供給するハイサイド電源です。MAX1822は、通常コスト高、低効率のPチャネルFETおよびPNPトランジスタを必要とする回路において、低抵抗NチャネルMOSFET(FET)の使用を可能にします。ハイサイド出力の場合、+5V等の低電圧スイッチング回路におけるロジックFETも不要となります。

MAX1822は、入力電源範囲+3.5V~+16.5V、標準自己消費電流僅か150µAであるため、高効率が不可欠な広範囲のライン駆動およびバッテリ駆動のスイッチングおよび制御アプリケーションに最適です。更に、ハイサイド電圧が適切なレベルに達したことを示すロジックレベルパワーレディ出力(PR)も備えています。

MAX1822は8ピンSOパッケージで提供されており、3個の安価な外付コンデンサを必要とします。MAX1822は全ピン共MAX622のピンと完全に対応しており、MAX622と置き換えることができます。

簡易ブロック図

MAX1822:標準動作回路 MAX1822:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

データシート ハイサイド電源 Jan 25, 2001
チュートリアル Xilinx FPGA向け電源ソリューション
チュートリアル Altera FPGA向け電源ソリューション

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。