先頭に戻る

バック/ブーストレギュレーティングチャージポンプ、µMAXパッケージ

業界最小の100mAの降圧/昇圧ソリューション

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 安定化出力電圧(固定3.3Vまたは可変2.5V~5.5V)
  • 保証出力電流:100mA
  • 入力電圧範囲:+1.6V~+5.5V
  • 低自己消費電流:50µA
  • シャットダウンモード:1µA
  • シャットダウン中は負荷を入力から切断
  • 高い動作周波数:1.5MHz
  • 小型セラミックコンデンサを使用
  • 短絡保護およびサーマルシャットダウン
  • パッケージ:小型10ピンµMAX

アプリケーション/用途

  • バックアップバッテリ・ブーストコンバータ
  • Li+ (リチウムイオン)バッテリ駆動のアプリケーション
  • 小型機器
  • トランスレータ

説明

MAX1759は、1セルのリチウムイオン(Li+)電池、あるいは2または3セルのNiMHまたはアルカリ電池から小型ハンドヘルドポータブル機器用の安定化出力電圧を生成するバック/ブースト安定化チャージポンプです。MAX1759は+1.6V~+5.5Vの広入力電圧範囲で動作し、固定3.3Vまたは可変(2.5V~5.5V)出力を生成します(Dual Mode™)。マキシムのユニークなチャージポンプ構造により、入力電圧が安定化出力電圧の上下いずれの場合も許容されます。MAX1759は動作周波数が1.5MHzと高いにも関わらず、自己消費電流が50µAと低く保たれます。

MAX1759は超小型バック/ブーストコンバータとして設計されており、僅か3つの小型セラミックコンデンサで+2.5V入力から100mA (min)保証の出力電流を生成する完全DC-DCコンバータを構成することができます。さらに、出力電圧が安定状態の時に信号を送るオープンドレインパワーOK (POK)出力も備えています。

MAX1759は、高さ1.09mmでサイズが8ピンSOの半分の省スペース10ピンµMAXパッケージで提供されています。

簡易ブロック図

MAX1759:標準動作回路 MAX1759:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。