先頭に戻る

SOT23、スイッチトキャパシタ電圧インバータ、シャットダウン付

小型LCD/GaAsFET PAバイアス用、超小型、高効率バイアス:小型コンデンササイズ、インダクタ不要、および低消費電流

製品の詳細

MAX1719/MAX1720/MAX1721は、+1.5V~+5.5Vの電圧を入力する超小型モノリシックCMOSチャージポンプインバータです。MAX1720は12kHzで動作し、MAX1719/MAX1721は125kHzで動作します。これらのデバイスは高効率、小型外付部品およびロジック制御シャットダウンという特長により、バッテリ駆動および基板レベルの電圧変換アプリケーションに最適です。

本デバイスには、発振器制御回路および4つのパワーMOSFETスイッチが内蔵されています。標準的なMAX1719/MAX1720/MAX1721のアプリケーションにおいては、+5Vロジック電源からアナログ回路を駆動するための-5Vを生成します。3つの製品はいずれも6ピンSOT23パッケージで提供され、連続的に25mAの出力電流を供給できます。

シャットダウン機能のないピンコンパチブルのSOT23スイッチトキャパシタ電圧インバータ(5ピンSOT23)としては、MAX828/MAX829およびMAX870/MAX871のデータシートを参照してください。さらに大きなパワーを必要とするアプリケーション用としては、MAX860/MAX861が50mAを供給します。安定化出力(最大-2 × VIN)が必要な場合は、MAX868を参照してください。MAX860/MAX861およびMAX868は、省スペースのµMAX®パッケージで提供されています。

主な機能

  • ロジック制御シャットダウン:1nA
  • パッケージ:6ピンSOT23
  • 電圧変換効率:99.9%
  • 自己消費電流(MAX1720):50µA
  • 入力電圧範囲:+1.5V~+5.5V
  • 出力電流:25mA
  • 僅か2つの1µFコンデンサで動作(MAX1719/MAX1721)

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動アプリケーション
  • GaAs PAバイアス用電源
  • ハンディターミナル、PDA
  • 正電源からローカル負電源
  • 小型LCDパネル
Parametric specs for Charge Pumps
Topology Inverter
Unregulated
VIN (V) (min) 1.5
VIN (V) (max) 5.5
IOUT (A) (typ) 0.025
Unadj. VOUT (V) -VIN
ICC (mA) (max) 0.65
Switching Frequency (kHz) 125
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOT23/6
Budgetary
Price (See Notes)
$0.75 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX1719、MAX1720、MAX1721:標準動作回路 MAX1719、MAX1720、MAX1721:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Charge Pumps
Topology Inverter
Unregulated
VIN (V) (min) 1.5
VIN (V) (max) 5.5
IOUT (A) (typ) 0.025
Unadj. VOUT (V) -VIN
ICC (mA) (max) 0.65
Switching Frequency (kHz) 125
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins SOT23/6
Budgetary
Price (See Notes)
$0.75 @1k

主な機能

  • ロジック制御シャットダウン:1nA
  • パッケージ:6ピンSOT23
  • 電圧変換効率:99.9%
  • 自己消費電流(MAX1720):50µA
  • 入力電圧範囲:+1.5V~+5.5V
  • 出力電流:25mA
  • 僅か2つの1µFコンデンサで動作(MAX1719/MAX1721)

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動アプリケーション
  • GaAs PAバイアス用電源
  • ハンディターミナル、PDA
  • 正電源からローカル負電源
  • 小型LCDパネル

説明

MAX1719/MAX1720/MAX1721は、+1.5V~+5.5Vの電圧を入力する超小型モノリシックCMOSチャージポンプインバータです。MAX1720は12kHzで動作し、MAX1719/MAX1721は125kHzで動作します。これらのデバイスは高効率、小型外付部品およびロジック制御シャットダウンという特長により、バッテリ駆動および基板レベルの電圧変換アプリケーションに最適です。

本デバイスには、発振器制御回路および4つのパワーMOSFETスイッチが内蔵されています。標準的なMAX1719/MAX1720/MAX1721のアプリケーションにおいては、+5Vロジック電源からアナログ回路を駆動するための-5Vを生成します。3つの製品はいずれも6ピンSOT23パッケージで提供され、連続的に25mAの出力電流を供給できます。

シャットダウン機能のないピンコンパチブルのSOT23スイッチトキャパシタ電圧インバータ(5ピンSOT23)としては、MAX828/MAX829およびMAX870/MAX871のデータシートを参照してください。さらに大きなパワーを必要とするアプリケーション用としては、MAX860/MAX861が50mAを供給します。安定化出力(最大-2 × VIN)が必要な場合は、MAX868を参照してください。MAX860/MAX861およびMAX868は、省スペースのµMAX®パッケージで提供されています。

簡略化されたブロック図

MAX1719、MAX1720、MAX1721:標準動作回路 MAX1719、MAX1720、MAX1721:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。