先頭に戻る

SIMカード用、3V~5V、安定化チャージポンプ

携帯電話に最適な1MHzチャージポンプ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Charge Pumps
Topology Doubler
Regulated
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 4.2
IOUT (A) (typ) 0.012
Unadj. VOUT (V) 5
ICC (mA) (max) 0.1
Switching Frequency (kHz) 1000
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins See Data Sheet
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Charge Pumps
Topology Doubler
Regulated
VIN (V) (min) 2.7
VIN (V) (max) 4.2
IOUT (A) (typ) 0.012
Unadj. VOUT (V) 5
ICC (mA) (max) 0.1
Switching Frequency (kHz) 1000
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins See Data Sheet

主な特長

  • 入力範囲:2.7V~4.2V
  • チャージポンプの出力電流:12mA (min)
  • 自己消費電流:45µA
  • シャットダウンモードにおける消費電流:0.1µA
  • 安定化チャージポンプ出力:5.0V (MAX1686H)
  • 安定化チャージポンプ出力:4.75V (MAX1686)
  • 3Vカード用の入力出力短絡スイッチ
  • 小型外付部品(0.0047µF、0.1µFおよび2.2µFコンデンサを1個ずつ使用)
  • シャットダウンモードでは出力をグランドに駆動
  • パッケージ:超小型8ピンµMAX
  • ソフトスタートおよび短絡保護
  • 5.0VのSIMカード公称出力電圧用制御チャージポンプ(MAX1686H)

アプリケーション/用途

  • GSM携帯電話
  • PCS電話
  • パーソナルコミュニケータ
  • ポータブルPOS端末

説明

MAX1686は、GSM携帯電話等のポータブルアプリケーションにおけるデュアル電圧の加入者IDモジュール(SIM)カードの電源を供給します。この1MHzチャージポンプは、ポータブルユニット(携帯電話のハンドセット)内に装備され、2.7V~4.2Vの入力を安定化5V出力に変換します。MAX1686Hの出力電圧は5.0V (公称)です。また、MAX1686の公称出力電圧はSIMカードの消費電流を低減するために、4.75Vに設定されています。チャージポンプの自己消費電流は僅か45µAとなっており、しかも3V対応のSIMカードに電源が供給されチャージポンプがディセーブルされている時には3µAに低減します。3V SIMカードの電源は、内部入力出力短絡スイッチにより供給されます。

MAX1686/MAX1686Hは省スペースの薄型(1mm) 8ピンµMAX®パッケージに収められ、僅か3つの外付コンデンサしか必要としません。

簡易ブロック図

MAX1686、MAX1686H:標準動作回路 MAX1686、MAX1686H:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。