先頭に戻る

3.3V/5.0V安定化、ステップアップ/ステップダウンチャージポンプ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Charge Pumps
Topology Regulated
VIN (V) (min) 1.8
VIN (V) (max) 5.5
IOUT (A) (typ) 0.125
Unadj. VOUT (V) 5
ICC (mA) (max) 0.22
Switching Frequency (kHz) 1000
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
0 to +70
Package/Pins TQFN/12
UMAX/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.71
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Charge Pumps
Topology Regulated
VIN (V) (min) 1.8
VIN (V) (max) 5.5
IOUT (A) (typ) 0.125
Unadj. VOUT (V) 5
ICC (mA) (max) 0.22
Switching Frequency (kHz) 1000
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
0 to +70
Package/Pins TQFN/12
UMAX/8
Budgetary
Price (See Notes)
1.71

主な特長

  • 超小型:3個のセラミックコンデンサのみ必要
  • インダクタ不要
  • 出力電流:最大125mA
  • 安定化出力電圧:±3%
  • スイッチング周波数:1MHz
  • 入力電圧範囲:1.8V~5.5V
  • 静止電流:220µA
  • シャットダウン電流:0.1µA
  • シャットダウン時負荷切断

アプリケーション/用途

  • 3.3V~5Vのローカル変換アプリケーション
  • 3V~5V GSM SIMMカード
  • バックアップバッテリ・ブーストコンバータ
  • バッテリ駆動アプリケーション
  • フラッシュメモリ電源
  • 小型機器
  • PCMCIAカード
  • 白色LED電源

説明

MAX1595チャージポンプレギュレータは、1.8V~5.5V入力から3.3Vまたは5Vを生成します。独自の制御アーキテクチャにより、レギュレータが入力電圧をステップアップまたはステップダウンして、安定出力を維持することができます。また、独自の制御方式に加えて1MHzスイッチング周波数によって、出力電流125mAに対して1µFの小容量セラミックコンデンサを使用できます。レギュレータ全体で3個の外付けコンデンサを必要とし、インダクタは不要です。MAX1595は、コンパクトな設計が必要なアプリケーションのハイパワー、高効率補助電源として機能するように設計されています。MAX1595は、省スペースの8ピンµMAX®およびハイパワー12ピンTQFNパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX1595:標準動作回路 MAX1595:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。