先頭に戻る
/content/maximintegrated/ja/products/power/battery-management/battery-identification-authentiation

バッテリID

マキシムのバッテリ識別(ID) ICは、バッテリパックのデータストレージおよびシリアルナンバー識別を提供します。巡回冗長検査(CRC)の検証によって、通信中のデータ完全性が提供されます。マキシムのバッテリID ICは低電圧1-Wire®インタフェースを備えており、単一のバッテリ接点上でシリアル通信が可能です。64ビットの固有のシリアルナンバーによって、マルチドロップネットワークおよび個々のデバイスの識別が可能です。

マキシムのバッテリ認証用ICは、ハードウェアに基づくセキュアハッシュアルゴリズム-1 (SHA-1)トークン認証を採用しています。これによって、マイクロプロセッサベースシステムのコストと複雑性の増大を伴わずにセキュリティを実現することができます。バッテリ認証は1-Wireインタフェースを介して単一の接点を使用して行われます。

バッテリ認証

バッテリの安全性

1つは、特にリチウムイオンバッテリ技術を使用する製品での安全性です。その他の重要な理由として、評判の保護、偽造の保護、および利益の保護があります。従来の、バッテリ交換では、形状による認証を使用していました。つまり、バッテリのケースおよびコネクタが、アプリケーションに合わせてモールドされていました。しかし、このタイプの認証は容易に克服可能で、つまり第三者がバッテリの正確な物理的複製品を生産することができました。

バッテリの利点

バッテリ認証に対する電子的ソリューションは、電子的チャレンジ&レスポンスメカニズムという優れた保護を提供します。利用可能な電子認証には多数の形式があります。固定的なビットストリームのチャレンジを使用して簡素なビットストリームのレスポンスを要求するなどの直接的な方法は、実装が容易ですが破られるのも容易です。よりセキュアな認証手法は破るのが大幅に困難またはコスト的に不可能です。マキシムのDeepCover®セキュア認証用ICは、評判の保護、財産の保護、または利益の保護が最重要となる、最高レベルのセキュリティが必要なアプリケーションに最適です。これらのセキュア認証用ICは、使いやすい標準規格ベースのアルゴリズムを使用して、強力な、しかし低コストの暗号セキュリティを提供します。

技術資料

*必須

Technical Documentation

技術資料

表示: 10 / 先頭に戻る 100 結果 全て表示 結果

型番 タイトル 複数選択 日時

ツール

注目のリファレンスデザイン

MAXREFDES179#リファレンスデザインボード

MAXREFDES179リファレンスデザインは、完全なユニバーサルシリアルバス(USB) Type-C PDソリューションで、バックブーストチャージャ、残量ゲージ、およびスイッチドキャパシタコ...

USB電源を使ったバッテリ充電

USBからのバッテリ充電ソリューション。