バッテリIDおよびバッテリ認証

マキシムのバッテリ識別(ID) ICは、バッテリパックのデータストレージおよびシリアルナンバー識別を提供します。巡回冗長検査(CRC)の検証によって、通信中のデータ完全性が提供されます。マキシムのバッテリID ICは低電圧1-Wire®インタフェースを備えており、単一のバッテリ接点上でシリアル通信が可能です。64ビットの固有のシリアルナンバーによって、マルチドロップネットワークおよび個々のデバイスの識別が可能です。

マキシムのバッテリ認証用ICは、ハードウェアに基づくセキュアハッシュアルゴリズム-1 (SHA-1)トークン認証を採用しています。これによって、マイクロプロセッサベースシステムのコストと複雑性の増大を伴わずにセキュリティを実現することができます。バッテリ認証は1-Wireインタフェースを介して単一の接点を使用して行われます。

バッテリID IC 
バッテリ認証用IC 
全バッテリIDおよび認証用IC 

参照:
1-Wire製品
セキュア認証用IC
バッテリ認証アプリケーション