先頭に戻る

省コスト、あらゆるバッテリに対応したバッテリチャージャシステム

低コストµC用ユニバーサルチャージャまたはスタンドアロンLi+ (リチウムイオン)チャージャ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Battery Chargers
Charging VIN (V) (max) 20
Max. ICHG (A) 2
Cell Chemistry Li-Ion
Li-Polymer
NiCd
NiMH
# NiMH/ NiCd Cells 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
# Lithium Ion Cells 1
2
Protected VIN (V) (max) 20
Charger (V) 18
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins QSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
3.7
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Battery Chargers
Charging VIN (V) (max) 20
Max. ICHG (A) 2
Cell Chemistry Li-Ion
Li-Polymer
NiCd
NiMH
# NiMH/ NiCd Cells 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
# Lithium Ion Cells 1
2
Protected VIN (V) (max) 20
Charger (V) 18
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins QSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
3.7

主な特長

  • マルチバッテリ対応充電器(リチウムイオン、NiMH、NiCd)
  • 電圧ループおよび電流ループが独立
  • リチウムイオンセル用の±0.5%内部リファレンス
  • 低価格:
    • スタンドアロンまたは低コストµCと併用
    • 内蔵1%リニアレギュレータによるµCの駆動
    • リニアレギュレータによるµC ADCへの リファレンス供給
    • 内蔵µCリセット
    • 低価格外付PNPトランジスタまたはPチャネルMOSFETを制御
  • パッケージ:省スペースの16ピンQSOP
  • 充電電流モニタ出力
  • オフ時のバッテリリーク電流は1µA以下

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • デスクトップクレードル充電器
  • ハンドヘルド機器(PDA、パームトップ)
  • Li+ (リチウムイオン)バッテリパック
  • Li+ (リチウムイオン)/ニッケル水素/ニッカド等あらゆるバッテリに対応したチャージャ
  • ノートブックコンピュータ

説明

MAX846Aは、省スペースの16ピンQSOPに内蔵された、低価格マルチバッテリ対応のバッテリ充電器です。本ICを使用すると、1つの回路で様々な種類のバッテリ(リチウムイオン、NiMHまたはNiCdセル)を充電できます。

MAX846Aの最も単純なアプリケーションは、リチウムイオンセル充電用のスタンドアロン型電流制限付フロート電圧源です。また、低コストマイクロコントローラ(µC)と組み合わせてリチウムイオン、NiMHおよびNiCdセルを充電する汎用充電器を作成することもできます。

内蔵の0.5%精度のリファレンスにより、正確な電圧精度を要するリチウムイオンセルも安全に充電できます。低価格の外付PNPトランジスタ(またはP チャネルMOSFET)の制御に使用されている電圧レギュレーションループおよび電流レギュレーションループは互いに独立しているため、充電アルゴリズムがフレキシブルになっています。

MAX846Aは、1%、3.3V、20mAのリニアレギュレータを内蔵しています。このレギュレータはµCを駆動し、µCのA/Dコンバータにリファレンスを供給する能力を備えています。内蔵のリセット回路が不測の電圧降下発生時にコントローラヘ通知します。µCの機能は、電圧および電流を監視して充電アルゴリズムを変更するだけであるため、安価なµCを使用できます。

簡易ブロック図

MAX846A:標準動作回路 MAX846A:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。