先頭に戻る

USBチャージャ検出、過電圧プロテクタ内蔵

USBバッテリ充電仕様1.2準拠

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for USB Charger Detectors
Protocol USB
Configuration DPDT
VSUPPLY (Single) (V) (min) 2.8
VSUPPLY (Single) (V) (max) 5.5
VSIGNAL (V) (min) -1.8
VSIGNAL (V) (max) 3.3
Dynamic Range (max) (V) (max) 5.1
Supported USB Battery Charging Specification 1.2
VBUS Tolerance (V) 30
ESD Protection ±15kV HBM
RON (Ω) (max) 6
RFLAT(ON) (Ω) (typ) 0.06
Bandwidth (MHz) 1000
IL(OFF) (nA) (max) 360
CON (pF) 7
COFF (pF) 2
Package/Pins WLP/16
Budgetary
Price (See Notes)
0.84
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for USB Charger Detectors
Protocol USB
Configuration DPDT
VSUPPLY (Single) (V) (min) 2.8
VSUPPLY (Single) (V) (max) 5.5
VSIGNAL (V) (min) -1.8
VSIGNAL (V) (max) 3.3
Dynamic Range (max) (V) (max) 5.1
Supported USB Battery Charging Specification 1.2
VBUS Tolerance (V) 30
ESD Protection ±15kV HBM
RON (Ω) (max) 6
RFLAT(ON) (Ω) (typ) 0.06
Bandwidth (MHz) 1000
IL(OFF) (nA) (max) 360
CON (pF) 7
COFF (pF) 2
Package/Pins WLP/16
Budgetary
Price (See Notes)
0.84

主な特長

  • 消費電力を削減
    • 低バッテリスタンバイ電流:5µA (typ)
  • USB準拠および柔軟性を提供
    • USBバッテリ充電仕様1.2準拠
    • 確実なコネクタ挿入検出用のデータコンタクト検出
    • 専用チャージャ検出
    • スタンダードダウンストリームポート検出
    • チャージングダウンストリームポート検出
    • Appleチャージャ検出
  • システム設計を容易化
    • 1.5A能力を備えた高精度過電圧保護(OVP)内蔵
    • 負電圧のオーディオ信号対応DPDTハイスピードUSBスイッチ
    • 自動スイッチおよびチャージャインタフェース制御
    • I2Cインタフェースによる完全制御
    • デバイス状態変化用割込み出力
  • 基板スペースの削減
    • 36Vに接続可能なVBUS
    • ±15kV HBM ESD保護
    • WLPパッケージ(1.8mm × 1.9mm)

アプリケーション/用途

  • DSCおよびカムコーダ
  • 電子書籍リーダー
  • スマートフォン
  • タブレットPC

説明

MAX20332は、USBバッテリ充電仕様1.2に準拠したUSBチャージャ検出器です。USBチャージャ検出回路は、USBスタンダードダウンストリームポート(SDP)、USBチャージングダウンストリームポート(CDP)、またはデディケーテッドチャージャポート(DCP)を検出し、外部リチウムイオン(Li+)バッテリチャージャを制御します。

このデバイスは、USBバッテリ充電仕様1.2準拠の検出ロジックを実装しています。また、このデバイスはD+/D-上の抵抗分圧回路の識別が可能なApple®チャージャ検出も内蔵しています。

内蔵双極/双投(DPDT) USBスイッチは、ハイスピードUSB、フルスピードUSB、ロースピードUSB、およびUART信号に準拠しています。このデバイスの内蔵スイッチは、低オン抵抗、低オン抵抗平坦性、および超低容量を特長としています。ID端子は、DPDTスイッチの位置を制御します。MAX20332は、CD+、CD-、およびID端子に最大±15kVヒューマンボディモデル(HBM)の高ESD保護を備えています。

MAX20332は16ピンウェハレベルパッケージ(WLP) (1.8mm × 1.9mm、0.4mmピッチ)で提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。

簡易ブロック図

MAX20332:ファンクションダイアグラム MAX20332:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。