先頭に戻る

シンプル電流制限スイッチモードLi+ (リチウムイオン)チャージャコントローラ

入力電流制限ループ付き、超低コストスイッチモードLi+ (リチウムイオン)チャージャ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for Battery Chargers
Charging VIN (V) (max) 28
Max. ICHG (A) 4
Cell Chemistry Li-Ion
Li-Polymer
NiCd
NiMH
# NiMH/ NiCd Cells 5
6
7
8
9
10
# Lithium Ion Cells 2
3
4
Protected VIN (V) (max) 28
Charger (V) 8 to 17.6
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins QSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
2.21
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Battery Chargers
Charging VIN (V) (max) 28
Max. ICHG (A) 4
Cell Chemistry Li-Ion
Li-Polymer
NiCd
NiMH
# NiMH/ NiCd Cells 5
6
7
8
9
10
# Lithium Ion Cells 2
3
4
Protected VIN (V) (max) 28
Charger (V) 8 to 17.6
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Package/Pins QSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
2.21

主な特長

  • 低コストでシンプルな回路
  • 2、3、4個直列リチウムイオンセルを充電
  • ACアダプタ入力電流制限ループ
  • ニッケルベースバッテリも充電可能
  • アナログ出力による充電電流監視
  • バッテリレギュレーション電圧:±0.75%
  • シャットダウンバッテリ電流:5µA
  • 最大入力電圧:28V
  • 200mVドロップアウト電圧/100%デューティサイクル
  • 可変充電電流
  • 300kHzスペースにPWM発振器によるノイズ低減
  • 省スペース16ピンQSOP
  • 設計時間短縮のMAX1873の評価キット

アプリケーション/用途

  • 2、3、または4セルLi+ (リチウムイオン)バッテリパックチャージャ
  • 6、9、または10セルLi+ (リチウムイオン)バッテリパックチャージャ
  • デスクトップクレードル充電器
  • ハンドヘルド機器(PDA、パームトップ)
  • ノートブックコンピュータ
  • ポータブルデスクトップアシスタント(PDA)
  • ポータブルインターネットタブレット

説明

低コストのMAX1873R/S/Tは、4A以上で2、3、または4個の直列リチウムイオンセルを効率的かつ簡単に充電するのに必要な全機能を提供します。このデバイスは、総電圧エラーがバッテリ端子で±0.75%以下の安定化充電電流および電圧を供給します。外付けPチャネルMOSFETはステップダウンDC-DC構成で動作し、低コスト設計でバッテリを効率的に充電します。

MAX1873R/S/Tは、電圧と電流のレギュレーション間を円滑に遷移するために連携する2つの制御ループを使って、バッテリ電圧および充電電流を安定化します。ACアダプタのサイズとコストを最小限に抑えるために、別の制御ループは入力ソースからの流入電流を制限します。また、ADCやマイクロコントローラが充電電流を監視するために、充電電流に比例するアナログ電圧出力が供給されます。

MAX1873は、多種バッテリ対応チャージャ設計においてNiCdやNiMHバッテリを充電するために、高効率な電流制限ソースとして使用することもできます。MAX1873R/S/Tは、省スペース16ピンQSOPパッケージで提供されます。設計期間の短縮のために、評価キット(MAX1873EVKIT)も提供されます。

簡易ブロック図

MAX1873:標準動作回路 MAX1873:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。