先頭に戻る

SPI to UART Safety Monitoring Bridge

冗長マイクロコントローラとして動作可能な最高速のBMS通信インタフェース

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for UART-to-SPI Bridge
µP I/F SPI
# Channels 1
ICC (mA) (typ) 0.93
VSUPPLY (V) 5
Oper. Temp. (°C) -40 - +125
Package/Pins TSSOP-CU/20
Budgetary
Price (See Notes)
3.47
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート SPI to UART Safety Monitoring Bridge Sep 21, 2021

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

サンプルについて:
サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.comまでお問合せください。

パラメーター

Parametric specs for UART-to-SPI Bridge
µP I/F SPI
# Channels 1
ICC (mA) (typ) 0.93
VSUPPLY (V) 5
Oper. Temp. (°C) -40 - +125
Package/Pins TSSOP-CU/20
Budgetary
Price (See Notes)
3.47

主な特長

  • Supports Maxim’s Battery Management UART Protocol 
  • Supports ASIL D Functional Safety Requirements
    • Automated On-Chip Communication Verification with Simplified Host Reporting
    • Always-On Daisy-Chain Fault Polling with Fault Type and Fault Location
  • Integrated System Watchdog with Redundant Daisy-Chain Controller
    • Programmable System Recovery
    • Programmable Memory for Daisy-Chain Configuration
    • Programmable Contactor Control
  • Integrated Cell Balancing while Microcontroller is in Sleep Mode
    • Safe Long Term Balancing Monitoring with Programmable Interrupts
  • UART Baud Rate Programmable Up to 4Mbps
  • SPI Interface Up to 10MHz
  • 1.71V to 5.5V Operation
  • Ultra-Low Quiescent Current
  • Operating Temperature Range from -40°C to +125°C
       (AEC-Q100)

アプリケーション/用途

  • バッテリ管理システム(BMS)
  • 電気自動車およびハイブリッド電気自動車(EV/HEV)
  • エネルギーストレージシステム(ESS)

説明

The MAX17851 SPI to UART safety monitoring bridge translates communication from SPI format to universal asynchronous receiver transmitter (UART) format specially designed to interface with Maxim's Battery Management Data Acquisition System.  The safety monitoring bridge enables robust communication with baud rates extending up to 4Mbps in both single and dual daisy-chain system architectures. High throughput, dual UART systems can read 96 cells of battery voltages within 1173us.

The UART is ISO26262 compliant for automotive safety integrity level (ASIL) D systems providing detection of message corruption, delay, loss, and insertion through the embedded UART communication lock step safety measure state machine (LSSM). The {{max_num}} self verifies all communication within the message payload to simplify the software development on the host microcontroller.

Additionally, the MAX17851 monitors the host microcontroller to detect any failures. In the event of a communication failure with the host, the MAX17851 first tries to automatically recover communication. If unsuccessful, it assumes control. The MAX17851 can then optionally re-configure the daisy chain network that allows battery conditions to continue to be monitored.  This allows for continued safe system operation.  Lastly, the MAX17851 provides contactor signalling in the event that the battery conditions fall outside of the programmed range, putting the complete system into a failsafe state.

簡易ブロック図

MAX17851:簡易アプリケーションダイアグラム MAX17851:簡易アプリケーションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

データシート SPI to UART Safety Monitoring Bridge Sep 21, 2021

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

サンプルについて:
サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.comまでお問合せください。