先頭に戻る

4.5V~60V、同期整流ステップダウンスーパーキャパシタチャージャコントローラ

広入力電圧、高効率、スイッチングスーパーキャパシタバッテリチャージャ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Battery Chargers
Charging VIN (V) (max) 60
Max. ICHG (A) 20
Cell Chemistry Supercapacitor
Protected VIN (V) (max) 60
Charger (V) 1.25 to 56
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins TQFN-CU/24
Budgetary
Price (See Notes)
2.39
全て表示する

簡易ブロック図

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Battery Chargers
Charging VIN (V) (max) 60
Max. ICHG (A) 20
Cell Chemistry Supercapacitor
Protected VIN (V) (max) 60
Charger (V) 1.25 to 56
Oper. Temp. (°C) -40 to +125
Package/Pins TQFN-CU/24
Budgetary
Price (See Notes)
2.39

主な特長

  • スーパーキャパシタ充電用に最適化された機能セット
    • 充電電流安定化精度:±4%
    • 充電電流モニタ精度(ISMON):±6%
    • 電圧安定化精度:±1%
    • 設定可能なCCモード充電電流(ILIM)
    • 広い入力電圧範囲:4.5V~60V
    • 可変出力電圧範囲:1.25V~(VDCIN - 2.1V)
    • 外部クロック同期(RT/SYNC)を備えた可変周波数:125kHz~2.2MHz
  • 過酷な環境条件で信頼性の高い動作
    • 入力短絡保護(GATEN)
    • セーフティタイマー機能(TMR)
    • 出力過電圧保護(OVI)
    • サイクル単位の過電流制限
    • 設定可能なEN/UVLOスレッショルド
    • オープンドレイン出力を使ったステータス出力監視(FLG1およびFLG2)
    • 過熱保護
    • 広い周囲動作温度範囲:-40℃~+125℃/ジャンクション温度範囲:-40℃~+150℃

アプリケーション/用途

  • ピーク電力供給およびエネルギーストレージ
  • 産業セーフティ用バックアップ電源
  • ライドスルーラストギャスプ電源
  • ポータブル医療機器
  • ビルおよびホームオートメーションのバックアップ電源

説明

Himalayaシリーズの電圧レギュレータIC、パワーモジュール、およびチャージャは、より低温、小型、簡素な電源ソリューションを実現します。MAX17701は高効率、高電圧、Himalaya同期整流、ステップダウン、スーパーキャパシタチャージャコントローラで、4.5V~60Vの入力電圧範囲で動作するように設計されています。MAX17701は-40℃~+125℃の工業用温度範囲で動作し、スーパーキャパシタを±4%精度の定電流で充電します。スーパーキャパシタの充電後、このデバイスは無負荷出力電圧を±1%精度で安定化します。出力電圧は1.25V~(VDCIN - 2.1V)に設定可能です。

スーパーキャパシタチャージャコントローラのMAX17701は、高精度充電機能を備えたバックアップエネルギーストレージを必要とする総合的なアプリケーションソリューションを提供するように設計されています。このデバイスは外付けnMOSFETを使用して入力電源側の短絡保護を提供し、スーパーキャパシタの放電を防ぎます。

MAX17701は、定電流(CC)モードの最大許容充電時間を設定するセーフティタイマー(TMR)機能を提供します。このデバイスは未使用のコンパレータを備え、出力過電圧イベント(OVI)の検出に使用して、スーパーキャパシタの過充電を防ぐことができます。MAX17701は、エクスポーズドパッドを備えた24ピンTQFNパッケージ(4mm × 4mm)で提供されます。

簡易ブロック図

MAX17701:標準アプリケーション回路 MAX17701:標準アプリケーション回路 Zoom icon

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。