MAX17059EVKIT

MAX17058およびMAX17059の評価キット


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX17058およびMAX17059の評価キット(EVキット)は、MAX17058およびMAX17059の評価キット(EVキット)とマキシムのDS91230+コマンドモジュールで構成されています。Windows XP®、Windows Vista®、およびWindows® 7オペレーティングシステム対応のソフトウェアも、このEVキットとともに使用することが可能で、マキシムのウェブサイト(japan.maximintegrated.com/evkitsoftware)からダウンロード可能です。

MAX17058およびMAX17059のEVキットは、ハンドへルドやポータブル機器の1/2セルリチウムイオン(Li+)バッテリ用ホストまたはバッテリ側残量ゲージであるMAX17058およびMAX17059を評価する完全実装および試験済み表面実装型PCBです。これらのEVキットは、1つのバッテリ(MAX17058)から駆動可能で、1つのリチウムセル(MAX17058)または直列の2つのリチウムセル(MAX17059)の評価用に構成することができます。

主な特長

  • バッテリ入力電圧範囲
    • MAX17058:+2.5V~+4.5V
    • MAX17059: +2.5V~+12V
  • 1つのバッテリで駆動(MAX17058)
  • 1セル(MAX17058)または2セル(MAX17059)バッテリを評価
  • 高精度電圧測定:±7.5mV (セル当り)
  • 電流検出不要
  • 2セル評価用のLDO実装(MAX17059)
  • Windows XP、Windows Vista、およびWindows 7オペレーティング対応ソフトウェア
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

アプリケーション/用途

  • デジタルスチルおよびビデオカメラ
  • 電子書籍リーダー
  • 携帯ゲーム機
  • ポータブル医療機器
  • スマートフォン/PDA
  • タブレットおよびハンドヘルドコンピュータ
  • ワイヤレス端末
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX17301
1セルModelGauge m5 EZ残量ゲージ、プロテクタおよびSHA-256認証内蔵

  • バッテリヘルス + 設定可能な安全性/保護
  • 不揮発性メモリによってスタンドアロン動作を実現
  • 低自己消費電流

MAX17302
1セルModelGauge m5 EZ残量ゲージ、プロテクタおよびSHA-256認証内蔵

  • バッテリヘルス + 設定可能な安全性/保護
  • 不揮発性メモリによってスタンドアロン動作を実現
  • 低自己消費電流

MAX17312
1セルModelGauge m5 EZ残量ゲージ、プロテクタおよびSHA-256認証内蔵

  • バッテリヘルス + 設定可能な安全性/保護
  • 不揮発性メモリによってスタンドアロン動作を実現
  • 低自己消費電流

MAX17313
1セルModelGauge m5 EZ残量ゲージ、プロテクタおよびSHA-256認証内蔵

  • バッテリヘルス + 設定可能な安全性/保護
  • 不揮発性メモリによってスタンドアロン動作を実現
  • 低自己消費電流

MAX17311
1セルModelGauge m5 EZ残量ゲージ、プロテクタおよびSHA-256認証内蔵

  • バッテリヘルス + 設定可能な安全性/保護
  • 不揮発性メモリによってスタンドアロン動作を実現
  • 低自己消費電流

MAX17303
1セルModelGauge m5 EZ残量ゲージ、プロテクタおよびSHA-256認証内蔵

  • バッテリヘルス + 設定可能な安全性/保護
  • 不揮発性メモリによってスタンドアロン動作を実現
  • 低自己消費電流

MAX17823H
12チャネル、高電圧データ収集システム

  • AEC-Q100グレード2温度範囲
  • 動作電圧:9V~65V
  • 超低電力動作

MAX17853
14チャネル高電圧データ収集システム

  • 動作電圧:65V
  • 超低電力動作
  • 冗長ADCおよびコンパレータ(COMP)収集