DS2438

スマートバッテリモニタ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

DS2438は生産中ですが、新規プロジェクト用にはModelGauge m5 MAX17215残量ゲージを推奨しています。

スマートバッテリモニタのDS2438は、バッテリパックに搭載する価値のあるいくつもの機能を備えています。それは固有のシリアルナンバによるバッテリパックのタグ表示方法、バッテリパック内にサーミスタを必要としないダイレクトディジタル変換温度センサ、バッテリの電圧と電流を測定するA/Dコンバータ、バッテリに出入りする全電流の現在総量を記録する電流アキュムレータ、経過時間計、およびバッテリ構成物質、バッテリ容量、充電方式、製造日などの重要パラメータ保存用40バイト不揮発性EEPROMメモリなどです。DS2438との情報送受信には、1-Wire®インタフェースが使われるので、中央マイクロプロセッサからDS2438に1本の配線(およびグランド)を接続するだけで済みます。つまり、バッテリパックに必要な出力コネクタは、バッテリ電源用、グランド用、1-Wireインタフェース用の3個のみです。

各DS2438は固有のシリコンシリアルナンバを備えているので、同一の1-Wireバス上に複数のDS2438が存在しても構いません。これにより、システム内で複数のバッテリパックを同時に充電または使用することができます。

スマートバッテリモニタのアプリケーションには、ポータブルコンピュータ、携帯/セルラ電話、リアルタイムでバッテリ性能の監視がきわめて重要な携帯計測用バッテリパックがあります。DS2438は、ホストシステム内でマイクロコントローラとともに使用すると、バッテリ構成物質に関係なく、完全なスマートバッテリパックを得ることができます。特別なバッテリ構成物質と容量のカスタマイズは、マイクロコントローラとDS2438 (EEPROM)にプログラムされたコードで行われます。設計者がバッテリパックの構成物質を変更したい場合はソフトウェアを変更するだけで済みます。
DS2438:ブロックダイアグラム DS2438:ブロックダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • 独自の1-Wireインタフェースによって通信に必要なポートピンはわずか1つ
  • 固有の64ビットシリアルナンバをバッテリパックに使用
  • バッテリ温度のオンチップ検出により、サーミスタを排除
  • オンボードA/Dコンバータによりバッテリ電圧監視、充電終了時点と放電終了時点の判断
  • 電流アキュムレータにより、残量の計測を簡素化
  • 2進形式の経過時間計
  • 40バイト不揮発性ユーザメモリによる、バッテリ固有データの保存
  • 動作温度:-40℃~+85℃

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • デジタルスチルカメラ
  • デジタルビデオカメラ
  • パームトップ、ハンディターミナル(バーコードを含む)
  • ペン入力パームトップ、PDA、およびオーガナイザ
  • スマートバッテリパック/充電器
Part NumberFunctionsBattery TypeInterfaceUser Data Storage
(Bytes)
Parameters MeasuredApplicationsVSUPPLY
(V)
VSUPPLY
(V)
Package/PinsOper. Temp.
(°C)
Budgetary
Price
minmaxSee Notes
DS2438 
Fuel Gauge
Status Monitor
1-2 Cell Li-Ion
2-6 Cell NiMH
1-Wire40 EEPROM
Current
Temperature
Time
Voltage
Pack2.410
SOIC (N)/8
-40 to +85$2.60 @1k
全Battery Monitors, Protectors, and Selectors (51)
価格についての注:
このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。


DS2438EVKIT: スマートバッテリモニタの評価キット

技術資料

アプリケーションノート 5507 合成可能1-Wire®バスマスターのDS1WMについて理解する
アプリケーションノート 1100 白書5:データシートコマンドに対する1-Wire APIの使用
アプリケーションノート 1097 白書2:1-Wire®パブリックドメインキットの使用
チュートリアル 214
アプリケーションノート 192 シリアル1-Wire®ラインドライバDS2480Bの使用
アプリケーションノート 187 1-Wire 検索アルゴリズム
アプリケーションノート 158
アプリケーションノート 131
アプリケーションノート 126 ソフトウェアを介した1-Wire通信
アプリケーションノート 125
アプリケーションノート 123
アプリケーションノート 27 マキシムの1-WireおよびiButton製品に用いる巡回冗長検査(CRC)の理解と用法

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: DS2438.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

CAD Symbols and Footprints

  • DS2438AZ+
  • DS2438AZ+T&R
  • DS2438Z+
  • DS2438Z+T&R
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース


    MAX17301
    1セルModelGauge m5 EZ残量ゲージ、プロテクタおよびSHA-256認証内蔵

    • バッテリヘルス + 設定可能な安全性/保護
    • 不揮発性メモリによってスタンドアロン動作を実現
    • 低自己消費電流

    MAX17302
    1セルModelGauge m5 EZ残量ゲージ、プロテクタおよびSHA-256認証内蔵

    • バッテリヘルス + 設定可能な安全性/保護
    • 不揮発性メモリによってスタンドアロン動作を実現
    • 低自己消費電流

    MAX17312
    1セルModelGauge m5 EZ残量ゲージ、プロテクタおよびSHA-256認証内蔵

    • バッテリヘルス + 設定可能な安全性/保護
    • 不揮発性メモリによってスタンドアロン動作を実現
    • 低自己消費電流

    MAX17311
    1セルModelGauge m5 EZ残量ゲージ、プロテクタおよびSHA-256認証内蔵

    • バッテリヘルス + 設定可能な安全性/保護
    • 不揮発性メモリによってスタンドアロン動作を実現
    • 低自己消費電流

    MAX17303
    1セルModelGauge m5 EZ残量ゲージ、プロテクタおよびSHA-256認証内蔵

    • バッテリヘルス + 設定可能な安全性/保護
    • 不揮発性メモリによってスタンドアロン動作を実現
    • 低自己消費電流

    MAX17313
    1セルModelGauge m5 EZ残量ゲージ、プロテクタおよびSHA-256認証内蔵

    • バッテリヘルス + 設定可能な安全性/保護
    • 不揮発性メモリによってスタンドアロン動作を実現
    • 低自己消費電流

    MAX17823H
    12チャネル、高電圧データ収集システム

    • AEC-Q100グレード2温度範囲
    • 動作電圧:9V~65V
    • 超低電力動作

    種類 ID PDF タイトル
    アプリケーションノート 5507 合成可能1-Wire®バスマスターのDS1WMについて理解する
    アプリケーションノート 1100 白書5:データシートコマンドに対する1-Wire APIの使用
    アプリケーションノート 1097 白書2:1-Wire®パブリックドメインキットの使用
    チュートリアル 214
    アプリケーションノート 192 シリアル1-Wire®ラインドライバDS2480Bの使用
    アプリケーションノート 187 1-Wire 検索アルゴリズム
    アプリケーションノート 158
    アプリケーションノート 131
    アプリケーションノート 126 ソフトウェアを介した1-Wire通信
    アプリケーションノート 125
    アプリケーションノート 123
    アプリケーションノート 27 マキシムの1-WireおよびiButton製品に用いる巡回冗長検査(CRC)の理解と用法