先頭に戻る

25V幅、800mAデバイス電源(DPS)

工業用テストおよび計測アプリケーション向け、全機能内蔵25V幅、800mAデバイス電源

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート 25V幅、800mAデバイス電源(DPS) Aug 21, 2009
アプリケーションノート How to Set PMU Voltage and Current Clamps
アプリケーションノート Getting Started with ATE
アプリケーションノート FAQs about ATE ICs
アプリケーションノート How to Calculate Sense Resistor Values for Custom Load Current Requirements in Device Power Supply ICs
アプリケーションノート ケーブル損失の影響

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 25V幅の出力電圧
  • プログラマブルな電流および電圧コンプライアンス
  • プログラマブルな電流範囲
    • ±200µA
    • ±2mA
    • ±20mA
    • ±800mA
  • 負荷レギュレーション:1mV (800mAにおいて)
  • さらに大きい電流に対する外付けバッファをサポート
  • 複数の並列デバイスによって電流を増大
  • プログラマブルな利得によって広出力範囲のDACが可能
  • 被測定デバイス(DUT)のグランド検出
  • プログラマブルな補償によって広範囲の負荷を実現
  • Go/No-Goコンパレータ内蔵
  • IDDQテストモード
  • 範囲遷移グリッチ制御
  • 小型(14mm x 14mm)パッケージ
  • 3線式対応シリアルインタフェース
  • 熱警告フラグおよび熱シャットダウン

アプリケーション/用途

  • 産業用システム
  • メモリテスタ
  • 構造テスタ
  • オンチップシステムテスタ
  • VLSIテスタ

説明

MAX9959は、自動試験機器(ATE)やその他の計測用機器に共通するデバイス電源(DPS)の主な機能をすべて備えています。MAX9959は小型で高水準の集積度と卓越した柔軟性を備えているため、多数のデバイス電源が必要なマルチサイトシステムに最適で経済的です。

MAX9959は、出力電圧、および最大と最小(最小の正または最大の負)の電圧または電流、の両方を個別に設定可能な複数の入力制御電圧を備えています。MAX9959は、負荷電流が2つの設定制限値間にある場合は電圧源になり、設定電流制限値に達した場合は高精度電流ソース/シンクに滑らかに遷移します。出力は、外部から設定されたレベル間に負および正出力電圧値を制限する個別に調整可能な電圧クランプを2つ備えています。

MAX9959は25V幅まで電圧を供給し、最大±800mAの電流を供給することができます。このDPSは、さらに大きい電流をソース/シンクする外付けバッファをサポートすることができます。複数のMAX9959を負荷シェアのために並列に構成可能であり、柔軟に出力電流を増大することができます。

MAX9959は、広範な負荷条件にわたる動作が特長です。セトリング時間、オーバシュート/アンダシュート、および安定性は調整機能によって最適化することができます。内蔵の設定可能な範囲遷移グリッチ制御回路によって、範囲の遷移時に出力グリッチが最小限に抑制されます。

MAX9959は、300nsの過渡回復で800mAの負荷において1mVの負荷レギュレーションを提供します。

MAX9959Dは、RCOMFとSENSEの間に300kΩの検出抵抗(RFS)を内蔵しています。MAX9959Fはこの検出抵抗を未装備です。両方のデバイスとも、上面に放熱用のエクスポーズドパッドを備えた100ピンTQFPパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート 25V幅、800mAデバイス電源(DPS) Aug 21, 2009
アプリケーションノート How to Set PMU Voltage and Current Clamps
アプリケーションノート Getting Started with ATE
アプリケーションノート FAQs about ATE ICs
アプリケーションノート How to Calculate Sense Resistor Values for Custom Load Current Requirements in Device Power Supply ICs
アプリケーションノート ケーブル損失の影響

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。