DARWINのご紹介

進化するIoT用に作られた、新しいタイプのMCU

よりスマートに、スリムに、タフに。DARWINは次世代の製品に対応します。

DARWIN MCUは、他のMCUの使用が考えられないような場所で、想像可能なあらゆるアプリケーションを実行するように設計されています。これらのデバイスはスマートであるとともに電力効率に優れ、クラス最大のエンベデッドメモリとマキシムのウェアラブルグレードの電力技術を組み合わせています。これによって、コードスペースやバッテリ寿命を使い果たすことなく、さらにスマートなIoT製品の設計が可能になります。さらにこれまでで最も高度なサイバーセキュリティによって、遭遇するあらゆる攻撃に対応することができます。

さらに詳しく ›

超低電力プロセッサの大幅な進化

ウェアラブルグレードの電力技術によってより小型のバッテリでより多くの動作が可能
クラス最大のエンベデッドメモリによってよりスマートな製品の作成が可能
非常に拡張性の高いメモリアーキテクチャによって次世代の製品に対応
世界で最も高度なエンベデッドセキュリティによって顧客とブランドを保護


DARWIN MCUとnanoPowerファミリの製品を組み合わせると、最長のバッテリ寿命と最小の形状を備えた製品ができあがります。マキシムのnanoPower製品は、DC-DC変換、信号調整、および監視回路機能を、小型サイズ、高効率、および最小の消費電力で提供します。nanoPower ICは低自己消費電流を備え、なぜIQを下げる方が賢明なのかを示します。DARWINとnanoPowerの組み合わせがエネルギーの使用について責任を持つため、バッテリは余分な努力をする必要がありません。


DARWIN製品ファミリのご紹介

注目製品

MAX32660 超小型、256KBのフラッシュ、96KBのSRAM 詳細
MAX32620、MAX32621 2MBのフラッシュ、256KBのSRAM 詳細
MAX32625、MAX32626 512KBのフラッシュ、160KBのSRAM 詳細
MAX32630、MAX32631 2MBのフラッシュ、512KBのSRAM 詳細

注目製品

MAX32652 3MBのフラッシュ、1MBのSRAM 詳細

DARWIN開発ボードで始めよう

バッテリ動作機器用のArm® Cortex®-M4F開発プラットフォーム

MAX32625MBED

超低電力マイクロコントローラのMAX32625用のMbed対応評価システム。Arduino®コネクタおよび広いプロトタイプ作成スペースによって迅速な開発が可能。

バッテリ動作機器用の拡張コネクタを備えたArm Cortex-M4F開発プラットフォーム

MAX32620FTHR

超低電力マイクロコントローラのMAX32620用のMbed対応開発プラットフォーム。ボード上のPMIC、残量ゲージ、ペリフェラル、Pmodコネクタによって0.9インチ x 2.0インチの小型ボードでの迅速な開発が可能。

詳細はこちら ›

ヘルスセンサープラットフォーム

MAXREFDES100

ウェアラブルヘルスおよびフィットネスソリューションの迅速な評価のためのmbed対応センサープラットフォーム。モーション、温度、生体電位、パルス酸素濃度、および心拍数を測定。

詳細はこちら ›

Bluetooth®ベースのバッテリ動作機器用に最適化されたArm Cortex-M4F開発プラットフォーム

MAX32630FTHR

超低電力マイクロコントローラのMAX32630用のMbed対応開発プラットフォーム。ボード上のPMIC、Bluetooth、およびペリフェラルによって0.9インチ x 2.0インチの小型ボードでの迅速な開発が可能。

詳細はこちら ›

最小のスペースに収まり、電力を削減する超小型開発ボード

MAX32625PICO

電力を最適化したArm® Cortex®-M4F。内蔵PMICによって必要なすべての電圧を提供。超小型2列ヘッダ実装面積(0.6インチ x 1.0インチ)。

詳細はこちら ›

Darwinリソース


ブログ