先頭に戻る
/content/maximintegrated/ja/products/microcontrollers/artificial-intelligence

人工知能(AI)は、バーチャルアシスタントから自動運転車、自動化された工場機器、および民生機器の音声認識まで、まったく新しい可能性の世界を開いています。しかしこれらの可能性の実現に必要となる計算能力は極めて大きいため、高価で、消費電力が大きい、大型のプロセッサが必要です。エンベデッド機器では、この機能は実際には利用可能ではなく、エンベデッドマイクロコントローラは非常に低速のため画像の効率的な処理やリアルタイムの意思決定を行うことができません。

そこでマキシムの新しい人工知能マイクロコントローラシリーズの登場です。これらの製品は他のエンベデッドソリューションより数百倍高速に、より低電力でAI推論を実行します。マキシムの内蔵ニューラルネットワークハードウェアアクセラレータは、オーディオおよび画像のAI推論に使用されるエネルギーをほぼゼロにします。これでサーモスタット、スマートウォッチ、およびカメラなどの小型機器は、エンベデッド機器がこれまでにないほど見たり聞いたりすることができるというAIの可能性を実現することができます。

わずか25ドルで今すぐMAX78000FTHRを使い始めてください。


MAX78000EVKIT入門
13:48 October 05, 2020

技術資料

*必須

Technical Documentation

技術資料

表示: 10 表示トップ 100 結果 全て表示 結果

型番 タイトル ドキュメントの種類 日付

ビデオ結果


AI Camera in Action

注目製品

MAX78000FTHR <a href="/jp/products/MAX78000">MAX78000</a>の評価キット

MAX78000FTHR MAX78000の評価キット

The MAX78000FTHR is a rapid development platform to help engineers quickly implement ultra low-p...
MAX78000EVKIT <a href="/jp/products/MAX78000">MAX78000</a>の評価キット

MAX78000EVKIT MAX78000の評価キット

MAX78000の評価キット(EVキット)は、MAX78000の機能を活用して新世代の人工知能(AI)機器を構築するためのプラットフォームを提供します。 ボード上のハードウェアには、デジタルマ...
  • 専用ディスプレイを備えた電力積算器によって時間にわたる機器の電力を追跡
  • ボード上のデジタルマイクロフォン
  • ボード上の加速度計/ジャイロスコープ
  • SWD JTAG 10ピンヘッダ
  • RISC-VコプロセッサJTAG 10ピンヘッダ
  • QSPIフラッシュ:16MB
  • 一部のGPIOに0.1インチヘッダを介してアクセス可能
  • オプションのAAフィルタを備えた4つのADC入力
  • タッチ対応、3.5インチ、320 × 240カラーTFTディスプレイ
  • USBブリッジを介したUARTアクセス
  • USBブリッジを介したQSPIメモリアクセス
  • 個別の電流測定用に全IC電源レールをジャンパによって絶縁可能
  • 2つの汎用LEDおよび2つの汎用プッシュボタンスイッチ

MAX78000 人工知能マイクロコントローラ、超低電力畳み込みニューラルネットワークアクセラレータ内蔵

人工知能(AI)は非常に高い計算パワーを必要としますが、マキシムはAIの知見から電源コードを除去します。MAX78000は新しいタイプのAIマイクロコントローラで、ニューラルネットワークを超低...
  • デュアルコア超低電力マイクロコントローラ
    • FPU内蔵Arm Cortex-M4プロセッサ:最大100MHz
    • 512KBのフラッシュおよび128KBのSRAM
    • 16KBの命令キャッシュで最適化された性能
    • SRAM用のオプションの誤り訂正符合(ECC-SEC-DED)
    • 32ビットRISC-Vコプロセッサ:最大60MHz
    • 最大52の汎用入出力端子
    • 12ビットパラレルカメラインタフェース
    • デジタルオーディオインタフェース用の1つのI2Sマスター/スレーブ
  • ニューラルネットワークアクセラレータ
    • ディープ畳み込みニューラルネットワーク用に高度に最適化
    • 442k 8ビット重み対応(1、2、4、8ビット重み)
    • 設定可能な入力イメージサイズ:最大1024 × 1024ピクセル
    • 設定可能なネットワーク深度:最大64層
    • 設定可能な層当りネットワークチャネル幅:最大1024チャネル
    • 1および2次元畳み込み処理
    • ストリーミングモード
    • MLPおよび回帰型ニューラルネットワークを含む他のネットワークタイプに対応する柔軟性
  • パワーマネージメントによってバッテリアプリケーションの動作時間を最大化
    • 単一インダクタマルチ出力(SIMO)スイッチング電源(SMPS)内蔵
    • SIMO電源電圧範囲:2.0V~3.6V
    • ダイナミック電圧スケーリングによってアクティブコア消費電力を最小化
    • 22.2µA/MHz (3.0V、キャッシュからループ実行時、CM4のみ)
    • 選択可能なSRAM保持(低電力モード、リアルタイムクロック(RTC)イネーブル時)
  • セキュリティおよび完全性
    • セキュアブート利用可能
    • AES 128/192/256ハードウェア高速化エンジン
    • 真の乱数発生器(TRNG)シードジェネレータ
印刷可能なデータシート 評価キット

設計ツール

  マキシム・インテグレーテッドの人工知能GitHubリポジトリ

注目のボード

注目のリファレンスデザイン

MAXREFDES178 and Artificial Intelligence Applications

This document describes the cube camera development platform based on the MAX78000 and MAX32666.