先頭に戻る

赤外線モジュール内蔵およびUSBオプションの16ビットマイクロコントローラ

システムの全体消費電力を減らし、バッテリ寿命を延ばすトランシーバ内蔵マイクロコントローラ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Microcontrollers
MCU Core MAXQ20S
Internal Flash (KBytes) 128
Core Clock Speed (MHz) (max) 12
Data Processing 16-bit
Internal SRAM (KBytes) 6
Package/Pins LQFP/64
Budgetary
Price (See Notes)
2.91
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

データシート 赤外線モジュール内蔵およびUSBオプションの16ビットマイクロコントローラ May 25, 2011
チュートリアル パルス酸素濃度計の設計におけるセンサー性能とSN比を向上
チュートリアル 心拍/フィットネスモニタの設計のための重要な検討事項
チュートリアル 肺活量計入門と電気部品の選択で重要となる設計上の検討事項
チュートリアル 血圧モニタを設計する上での検討事項
チュートリアル ディジタル聴診器の紹介と電気部品を選択する上での基準
ユーザーガイド Improve Sensor Performance and SNR in Pulse Oximeter Designs
アプリケーションノート Improve Sensor Performance and SNR in Pulse Oximeter Designs
アプリケーションノート Improve Sensor Performance and SNR in Pulse Oximeter Designs
リファレンス回路図 Improve Sensor Performance and SNR in Pulse Oximeter Designs
アプリケーションノート Improve Sensor Performance and SNR in Pulse Oximeter Designs
リファレンス回路図 Improve Sensor Performance and SNR in Pulse Oximeter Designs
ユーザーガイド Improve Sensor Performance and SNR in Pulse Oximeter Designs
完全なシステム設計 Improve Sensor Performance and SNR in Pulse Oximeter Designs
リファレンス回路図 Improve Sensor Performance and SNR in Pulse Oximeter Designs
チュートリアル Improve Sensor Performance and SNR in Pulse Oximeter Designs
アプリケーションノート Improve Sensor Performance and SNR in Pulse Oximeter Designs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Microcontrollers
MCU Core MAXQ20S
Internal Flash (KBytes) 128
Core Clock Speed (MHz) (max) 12
Data Processing 16-bit
Internal SRAM (KBytes) 6
Package/Pins LQFP/64
Budgetary
Price (See Notes)
2.91

主な特長

  • 高性能、低電力、16ビットRISCコア
  • 全動作範囲でDC~12MHz動作
  • 動作電圧:1.70V~3.6V
  • バッテリ(VDD)またはUSB (VDDB)から駆動可能
  • 合計33の命令でプログラミングを簡素化
  • 3つの独立したデータポインタは自動インクリメント/デクリメントでデータ移動を高速化
  • 専用ポインタによってコード領域から直接読取り
  • 16ビット命令ワード、16ビットデータバス
  • 16 x 16ビット汎用ワーキングレジスタ
  • アプリケーション分割およびIP保護用セキュアMMU
  • メモリ機能
    • 128KBフラッシュメモリ
      • 512バイトセクタ
      • セクタ当り2万回の消去/書込みサイクル
    • 6KBデータSRAM
  • USB機能(MAXQ622のみ)
    • USB 2.0 Full-Speed対応
    • 高いスループットを実現するハードウェア受信および送信バッファ
    • Full-Speedトランシーバ内蔵
    • 終端およびプルアップ抵抗内蔵
  • 追加ペリフェラル
    • パワーフェイル警告
    • パワーオンリセット(POR)/電力低下リセット
    • 自動IR搬送波周波数生成および変調
    • プリスケーラおよびキャプチャ/比較機能を備えた、2つの16ビットプログラマブルタイマー/カウンタ
    • 2つのSPI通信ポート
    • 2つのUSART通信ポート
    • I²Cポート
    • 設定可能なウォッチドッグタイマ
    • 8kHzナノパワーリング発振器ウェイクアップタイマ
    • 最大56の汎用I/O
  • 低消費電力
    • ストップモードで0.3µA (typ)、3µA (max)
      • TA = +25℃、パワーフェイルモニタディセーブル
    • アクティブモードで4.8mA (typ)/12MHz、520µA (typ)/1MHz

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動ポータブル機器
  • 民生用エレクトロニクス
  • 家庭電化製品
  • 遠隔制御
  • 白物家電

説明

MAXQ612/MAXQ622は、ユニバーサル遠隔制御、民生用エレクトロニクス、および白物家電などの低電力アプリケーション用に設計された低電力16ビットMAXQ®マイクロコントローラです。いずれのデバイスも、低電力、高スループット、16ビットRISCマイクロコントローラを使用しています。シリアルペリフェラルには、2つのユニバーサル同期/非同期レシーバ/トランスミッタ(USART)、2つのSPI™マスター/スレーブ通信ポート、および集積回路(I²C)間バスが含まれます。これらのデバイスは、搬送波周波数を生成し、多重化されたキーパッドを制御可能なフレキシブルなポートI/Oを備えたIRモジュールも内蔵しています。MAXQ622は、物理インタフェース(PHY)を内蔵したユニバーサルシリアルバス(USB)を追加しています。

MAXQ612/MAXQ622は、128KBのフラッシュメモリと6KBのデータSRAMを内蔵しています。複数のアプリケーションの特権レベルをサポートし、複製やリバースエンジニアリングからコードを保護するセキュアメモリマネージメントユニット(MMU)によって、知的財産(IP)保護が提供されます。特権レベルによって、各ベンダーは、MAXQ612/MAXQ622上で実行するライブラリおよびアプリケーションを提供しながら、特権レベルによって許可されたデータとコードのみにアクセスを制限することができます。

低電力バッテリ駆動性能を極限まで高めるために、これらのデバイスは超低電力ストップモード(0.3µA、typ)を備えています。このモードでは、必要最小限の回路に給電されます。ウェイクアップの対象となるのは、外部割込み、パワーフェイル割込み、およびタイマー割込みです。このマイクロコントローラは、1.70V~3.6Vの広い動作電圧で動作し、USBからも駆動することができます。

設計者はこの製品の全機能を十分に利用するために以下の資料を備える必要があります。データシートには、端子説明、機能の概要、および電気的仕様が記載されています。正誤表には公表された仕様とは異なる内容が記載されています。ユーザガイドは製品の特長および動作についての詳しい情報を提供して います。

簡易ブロック図

MAXQ612、MAXQ622:ブロックダイアグラム MAXQ612、MAXQ622:ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

データシート 赤外線モジュール内蔵およびUSBオプションの16ビットマイクロコントローラ May 25, 2011
チュートリアル パルス酸素濃度計の設計におけるセンサー性能とSN比を向上
チュートリアル 心拍/フィットネスモニタの設計のための重要な検討事項
チュートリアル 肺活量計入門と電気部品の選択で重要となる設計上の検討事項
チュートリアル 血圧モニタを設計する上での検討事項
チュートリアル ディジタル聴診器の紹介と電気部品を選択する上での基準
ユーザーガイド Improve Sensor Performance and SNR in Pulse Oximeter Designs
アプリケーションノート Improve Sensor Performance and SNR in Pulse Oximeter Designs
アプリケーションノート Improve Sensor Performance and SNR in Pulse Oximeter Designs
リファレンス回路図 Improve Sensor Performance and SNR in Pulse Oximeter Designs
アプリケーションノート Improve Sensor Performance and SNR in Pulse Oximeter Designs
リファレンス回路図 Improve Sensor Performance and SNR in Pulse Oximeter Designs
ユーザーガイド Improve Sensor Performance and SNR in Pulse Oximeter Designs
完全なシステム設計 Improve Sensor Performance and SNR in Pulse Oximeter Designs
リファレンス回路図 Improve Sensor Performance and SNR in Pulse Oximeter Designs
チュートリアル Improve Sensor Performance and SNR in Pulse Oximeter Designs
アプリケーションノート Improve Sensor Performance and SNR in Pulse Oximeter Designs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。