MAXQ611

赤外線リモート制御システムオンチップ

クロック内蔵で部品数を減らし設計を簡素化


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAXQ611は、汎用リモート制御、民生用電子機器、および白物家電製品などの低電力アプリケーション用に設計された低電力、16ビットMAXQ®マイクロコントローラです。このデバイスは、パワフルな16ビットRISCマイクロコントローラと、2つの汎用同期/非同期レシーバ/トランスミッタ(USART)、SPIマスター/スレーブ、およびI2C通信ポートを含むペリフェラルを組み合わせるとともに、キャリア周波数生成が可能なIRモジュールおよび多重化キーバッド制御が可能な柔軟なポートI/Oを備えています。

このデバイスは、80KBのフラッシュメモリと2KBのデータSRAMを備えています。

低電力バッテリ駆動性能を極限まで高めるために、このデバイスは超低電力ストップモードを備えています。このモードでは、最低限の回路に給電されます。ウェイクアップの対象となるのは、外部割込み、パワーフェイル割込み、およびタイマー割込みです。

MAXQ611:ブロックダイアグラム MAXQ611:ブロックダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • 高速の小型アーキテクチャによってアプリケーションへの集積化が簡素化
    • 外付け部品が不要な12MHz内部発振器
    • 高効率、16ビットMAXQ20S RISCコア
    • 広い動作範囲:1.7V~3.6V
    • 80KBフラッシュプログラムメモリ
    • データストレージ用2KB SRAM
    • MAXQ610とコンパチブルなデフォルトVPFW
  • 内蔵IRモジュールによってコストと開発時間を削減
    • 送信および受信(コードラーニング)モード
    • 自動キャリア生成/変調
    • グリッチフィルタによってノイズ耐性を向上
    • 設定可能な大電流ドライバ
  • ペリフェラルによって多数のアプリケーションをサポート
    • 最大32 (TQFN)または38 (ベアダイ)のGPIO
    • キャプチャ/比較機能を備えた2つの16ビットプログラマブルタイマー/カウンタ
    • SPI、I2C、および2つのUSARTバス
    • 設定可能なウォッチドッグタイマによってシステムの安定性を向上
  • 低消費電力によってバッテリ寿命を最大化
    • パワーフェイル警告回路によって電力変動の影響を最小限に抑制
    • パワーオン/ブラウンアウトリセット回路
    • アクティブモード:2.0mA (typ) (12MHz時)

アプリケーション/用途

  • スマートフォン用ユニバーサルリモートコントロール
  • タブレット用ユニバーサルリモートコントロール

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAXQ611.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX32520
ChipDNAセキュアArm Cortex M4マイクロコントローラ

  • セキュアエレメントIoT用の高効率マイクロコントローラ
  • セキュアエレメント
  • パワーマネージメントによってバッテリアプリケーションの動作時間を最大化

MAX32570
低電力Arm Cortex-M4マイクロコントローラ、非接触無線内蔵、セキュアアプリケーション用

  • セキュアバッテリ動作アプリケーション用の高効率マイクロコントローラ
  • キャッシュを備えた拡張可能な外部メモリインタフェース
  • セキュリティ機能によってシステムレベルの保護を容易に実現