先頭に戻る

低電力LCDマイクロコントローラ

業界最高MIPS/mA、16ビット、RISCマイクロコントローラ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート 低電力LCDマイクロコントローラ Aug 01, 2008
アプリケーションノート Using a Keypad and LCD Display with the MAXQ2000
アプリケーションノート MAXQ積和演算ユニット(MAC)を使った信号処理
アプリケーションノート MAXQ2000評価キットを使ったサンプルアプリケーション
アプリケーションノート MAXQユーティリティROMに搭載された関数へのアクセス
アプリケーションノート MAXQ環境におけるプログラミング
アプリケーションノート IARコンパイラとMAXQ2000評価キット入門
アプリケーションノート MAXQアーキテクチャの紹介
アプリケーションノート MAXQ命令セットアーキテクチャとRISCのベンチマーク比較
アプリケーションノート Using Timers in the MAXQ Family of Microcontrollers
アプリケーションノート Using MAXQ's Multiplier Module
アプリケーションノート MAXQマイクロコントローラのJTAGインタフェース端子の多重化
アプリケーションノート MAXQ®の秘密の解明
アプリケーションノート あらゆるシステムにUSBを追加
アプリケーションノート MAXQ Competitive Analysis Study
アプリケーションノート MAXQ2000マイクロコントローラのソフトウェアI²Cドライバ
アプリケーションノート MAXQ2000およびMAX4397を使用して安価なオーディオ/ビデオソースセレクタを作成
アプリケーションノート Using Data Pointers to Read/Write to SRAM
アプリケーションノート MAX-IDEの使用にあたって
アプリケーションノート Using an LCD with MAXQ Microcontrollers
アプリケーションノート MAXQ2000によるセキュリティシステム制御
アプリケーションノート MAXQ2000を用いたオーディオフィルタリング
アプリケーションノート MAXQアーキテクチャのテーブル処理
アプリケーションノート SPIインタフェースによってMAXQ2000マイクロコントローラと通信するMAX6951/MAX6950 LEDディスプレイドライバの用法
アプリケーションノート Options for Embedded User Interfaces
アプリケーションノート Rowley CrossWorksおよびMAXQ2000の評価キット入門
アプリケーションノート MAXQ2000とMAX6960を使用した株価表示システムの作成
アプリケーションノート Using Lookup Tables to Perform Gamma Correction on LEDs
アプリケーションノート Pulse Width Modulation (PWM) with the MAXQ2000 Timer Type 2
アプリケーションノート MAXQマイクロコントローラによる「スマートでインテリジェント」な4mA~20mAトランスミッタの駆動
アプリケーションノート SDメディアフォーマットによるMAXQ2000の不揮発性データストレージ空間の拡張
アプリケーションノート MAXQマイクロコントローラの実用例:MAXQ2000による自転車用コンピュータの設計
アプリケーションノート Implementing an ADC with a Microcontroller, an Op Amp, and Resistors
アプリケーションノート MAXQ®プロセッサの不揮発性メモリサービスの活用
アプリケーションノート 複数の周辺機器を制御するSPI/I²Cバスライン
アプリケーションノート MAXQ2000マイクロコントローラ用JTAGブートローダマスタの実装
アプリケーションノート Calling Utility ROM Functions with IAR's Embedded Workbench\tfor MAXQ
アプリケーションノート MAXQ2000のUSB Thumb評価キット入門
アプリケーションノート マイクロコントローラMAXQ3180でのSPI (Serial Peripheral Interface)の使用方法
アプリケーションノート MAXQ2000のデータメモリへのソフトスタックの実装
アプリケーションノート uIPスタックを使ったMAXQマイクロコントローラのネットワーク化
アプリケーションノート スマートカードアナログインタフェースDS8113の評価キット入門
アプリケーションノート Getting Started with the MAX6651 Fan Controller
アプリケーションノート MAX-IDEでのデータセグメント値の自動的な初期化
アプリケーションノート 環境光センサーのMAX44009を使ったLCD輝度制御の単純な実装
アプリケーションノート PIXI MAX11300 4-20mA Current Control Loop Transmitter
アプリケーションノート How to Build a High-Resolution Temperature Monitoring System
ユーザーガイド MAXQ20-Based Microcontroller Bootloader Command Reference
ユーザーガイド MAXQ® Family User's Guide: MAXQ2000 Supplement
ユーザーガイド MAXQ Family User's Guide
ユーザーガイド MAX-IDE Simulator User's Guide for the MAXQ Microcontrollers
チュートリアル ディジタル聴診器の紹介と電気部品を選択する上での基準
チュートリアル ディジタル体温計を設計する上での重要な検討事項
チュートリアル 心拍/フィットネスモニタの設計のための重要な検討事項
チュートリアル パルス酸素濃度計の設計におけるセンサー性能とSN比を向上
チュートリアル MAXQ2000を電圧計として使用する方法
チュートリアル MAXQ®ベースの「学習」リモコンの作成方法
チュートリアル Temperature-Based Fan Control Using the MAXQ2000 Microcontroller
チュートリアル 血圧モニタを設計する上での検討事項

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 高性能、低電力の16ビットRISCコア
    • DC~20MHz動作(約1MIPS/MHz)
    • デュアル1.8Vコア/3V I/Oで柔軟性の高い低電力インタフェースを実現
    • 33命令/サイクル、ほとんどの命令を1サイクルで実行
    • 3つの独立したデータポインタで自動インクリメント/デクリメントによってデータ移動を加速
    • 16レベルのハードウェアスタック
    • 16ビットの命令ワード、16ビットのデータバス
    • 16 x 16ビットの汎用レジスタ
    • Cコンパイラ(高速/高密度コード)用に最適化
  • プログラムおよびデータメモリ
    • 32kワードのフラッシュメモリ、大量生産にはマスクROMで対応
    • フラッシュ書込み/消去サイクル:10,000回
    • 内蔵データRAM:1kワード
    • プログラミング用のJTAG/シリアルブートローダ
  • ペリフェラルの特長
    • 最大50の汎用I/O端子
    • 100/132セグメントのLCDドライバ
      • 最大4つのCOM信号と36のセグメント信号
      • スタティック、1/2、および1/3のLCDバイアスをサポート
      • 外付け抵抗不要
    • SPI™および1-Wire® (-RAX/RAX+/-RFX/-RFX+のみ)ハードウェアI/Oポート
    • 1つまたは2つのシリアルUART
    • 48ビットアキュムレータによる1サイクル、16 x 16のハードウェア積和演算
    • 3つの16ビットプログラマブルタイマ/カウンタ
    • 8ビット、1秒以下のシステムタイマ/アラーム
    • 時刻アラーム付き32ビットバイナリのリアルタイムクロック
    • プログラマブルウォッチドッグタイマ
  • 柔軟性の高いプログラミングインタフェース
    • ブートローダで簡単にプログラミング
    • JTAGによるインシステムプログラミング
    • フラッシュメモリのインアプリケーションプログラミングをサポート
  • 超低消費電力
    • 2.2Vで190µA (typ、8MHz時)のフラッシュ動作、PMM1
    • 最低電力のストップモードで700nA (typ)
    • 低電力の32kHzモードおよび256分周モード

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動およびポータブル機器
  • 民生用エレクトロニクス
  • データ収集システムおよびデータロガー
  • 電気化学および光センサー
  • ガスおよび化学センサー
  • 家庭電化製品
  • HVAC
  • 産業用制御
  • 医療用計測
  • セキュリティセンサー
  • スマートトランスミッタ
  • サーモスタット/湿度センサー

説明

マイクロコントローラのMAXQ2000は、最大100 (-RBX/-RBX+)または132 (-RAX/-RAX+/-RFX/-RFX+)のセグメントを駆動することができる液晶ディスプレイ(LCD)インタフェースを内蔵した低電力の16ビットデバイスです。MAXQ2000は血糖値モニタリングに最適ですが、高性能および低電力動作が要求されるあらゆるアプリケーションに使用可能です。このデバイスは、最大14MHz (VDD > 1.8V)または20MHz (VDD > 2.25V)で動作することができます。MAXQ2000は32kワードのフラッシュメモリ、1kワードのRAM、3つの16ビットタイマ、および1つまたは2つのユニバーサル同期/非同期レシーバ/トランスミッタ(UART)を備えています。フラッシュメモリは、プロトタイピングおよび少量生産に効果的です。マイクロコントローラコアは1.8V電源で給電され、I/O電源が独立しているため、最大限の柔軟性が確保されます。超低電力スリープモードを備えているため、これらの製品はバッテリ駆動の携帯機器に最適です。

注:設計者はこの製品の全機能を十分に利用するために以下の資料を備える必要があります。データシートには、端子説明、機能の概要、および電気的仕様が記載されています。正誤表には公表された仕様とは異なる内容が記載されています。ユーザガイドは製品の特長および動作についての詳しい情報を提供しています。

簡易ブロック図

MAXQ2000:標準動作回路 MAXQ2000:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

データシート 低電力LCDマイクロコントローラ Aug 01, 2008
アプリケーションノート Using a Keypad and LCD Display with the MAXQ2000
アプリケーションノート MAXQ積和演算ユニット(MAC)を使った信号処理
アプリケーションノート MAXQ2000評価キットを使ったサンプルアプリケーション
アプリケーションノート MAXQユーティリティROMに搭載された関数へのアクセス
アプリケーションノート MAXQ環境におけるプログラミング
アプリケーションノート IARコンパイラとMAXQ2000評価キット入門
アプリケーションノート MAXQアーキテクチャの紹介
アプリケーションノート MAXQ命令セットアーキテクチャとRISCのベンチマーク比較
アプリケーションノート Using Timers in the MAXQ Family of Microcontrollers
アプリケーションノート Using MAXQ's Multiplier Module
アプリケーションノート MAXQマイクロコントローラのJTAGインタフェース端子の多重化
アプリケーションノート MAXQ®の秘密の解明
アプリケーションノート あらゆるシステムにUSBを追加
アプリケーションノート MAXQ Competitive Analysis Study
アプリケーションノート MAXQ2000マイクロコントローラのソフトウェアI²Cドライバ
アプリケーションノート MAXQ2000およびMAX4397を使用して安価なオーディオ/ビデオソースセレクタを作成
アプリケーションノート Using Data Pointers to Read/Write to SRAM
アプリケーションノート MAX-IDEの使用にあたって
アプリケーションノート Using an LCD with MAXQ Microcontrollers
アプリケーションノート MAXQ2000によるセキュリティシステム制御
アプリケーションノート MAXQ2000を用いたオーディオフィルタリング
アプリケーションノート MAXQアーキテクチャのテーブル処理
アプリケーションノート SPIインタフェースによってMAXQ2000マイクロコントローラと通信するMAX6951/MAX6950 LEDディスプレイドライバの用法
アプリケーションノート Options for Embedded User Interfaces
アプリケーションノート Rowley CrossWorksおよびMAXQ2000の評価キット入門
アプリケーションノート MAXQ2000とMAX6960を使用した株価表示システムの作成
アプリケーションノート Using Lookup Tables to Perform Gamma Correction on LEDs
アプリケーションノート Pulse Width Modulation (PWM) with the MAXQ2000 Timer Type 2
アプリケーションノート MAXQマイクロコントローラによる「スマートでインテリジェント」な4mA~20mAトランスミッタの駆動
アプリケーションノート SDメディアフォーマットによるMAXQ2000の不揮発性データストレージ空間の拡張
アプリケーションノート MAXQマイクロコントローラの実用例:MAXQ2000による自転車用コンピュータの設計
アプリケーションノート Implementing an ADC with a Microcontroller, an Op Amp, and Resistors
アプリケーションノート MAXQ®プロセッサの不揮発性メモリサービスの活用
アプリケーションノート 複数の周辺機器を制御するSPI/I²Cバスライン
アプリケーションノート MAXQ2000マイクロコントローラ用JTAGブートローダマスタの実装
アプリケーションノート Calling Utility ROM Functions with IAR's Embedded Workbench\tfor MAXQ
アプリケーションノート MAXQ2000のUSB Thumb評価キット入門
アプリケーションノート マイクロコントローラMAXQ3180でのSPI (Serial Peripheral Interface)の使用方法
アプリケーションノート MAXQ2000のデータメモリへのソフトスタックの実装
アプリケーションノート uIPスタックを使ったMAXQマイクロコントローラのネットワーク化
アプリケーションノート スマートカードアナログインタフェースDS8113の評価キット入門
アプリケーションノート Getting Started with the MAX6651 Fan Controller
アプリケーションノート MAX-IDEでのデータセグメント値の自動的な初期化
アプリケーションノート 環境光センサーのMAX44009を使ったLCD輝度制御の単純な実装
アプリケーションノート PIXI MAX11300 4-20mA Current Control Loop Transmitter
アプリケーションノート How to Build a High-Resolution Temperature Monitoring System
ユーザーガイド MAXQ20-Based Microcontroller Bootloader Command Reference
ユーザーガイド MAXQ® Family User's Guide: MAXQ2000 Supplement
ユーザーガイド MAXQ Family User's Guide
ユーザーガイド MAX-IDE Simulator User's Guide for the MAXQ Microcontrollers
チュートリアル ディジタル聴診器の紹介と電気部品を選択する上での基準
チュートリアル ディジタル体温計を設計する上での重要な検討事項
チュートリアル 心拍/フィットネスモニタの設計のための重要な検討事項
チュートリアル パルス酸素濃度計の設計におけるセンサー性能とSN比を向上
チュートリアル MAXQ2000を電圧計として使用する方法
チュートリアル MAXQ®ベースの「学習」リモコンの作成方法
チュートリアル Temperature-Based Fan Control Using the MAXQ2000 Microcontroller
チュートリアル 血圧モニタを設計する上での検討事項

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。