先頭に戻る

DeepCoverセキュアマイクロコントローラ、磁気カード読取り用

ハードウェア暗号化およびセキュアキーストレージを備えたシングルチップセキュア磁気ストライプリーダソリューション

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • コア機能
    • 高性能低電力16ビットMAXQ20C RISCコア
    • 6MHz内部発振器(±10%)
    • 最大12MHzの外部水晶をサポート
    • 動作電圧:1.7V~3.6V
    • デバッガおよびフラッシュプログラミング用の1-Wire®インタフェース
    • Cコンパイラ用に最適化
  • セキュリティ
    • AESハードウェアアクセラレータ
    • ハードウェアの真の乱数発生器
    • タンパー検出用の自己破壊入力
    • 永久ローダロックアウトオプション
    • コードスクランブル
  • メモリ
    • 16KBフラッシュメモリ
      • 512バイトメモリページセクタ
      • セクタ当り1000回の消去/書込みサイクル
    • 1152バイト高速ワイプNV SRAM、暗号エンジンで使用可能な128バイト
    • ユーザ呼出し可能ルーチンを備えた6KBユーティリティROM
  • I/Oおよびペリフェラル
    • 3トラック磁気ストライプヘッドインタフェース
    • 2つのSPI通信ポート
    • USART通信ポート
    • 2つの16ビットタイマー
    • I²C通信ポート
    • 最大16の汎用I/Oピン
    • 最大8つの外部割込みピン
  • 低消費電力
    • 超低電力ストップモード電流:3µA
    • 3.75mA (typ)/6MHz、0.8mA (typ)/1MHz
    • システムクロックの分周モードが使用可能
  • 追加のペリフェラル
    • パワーオン/パワーフェイルリセット内蔵
    • 電源過電圧検出
    • プログラム可能なウォッチドッグタイマ
    • ウェイクアップタイマー

アプリケーション/用途

  • ATM/POS端末
  • 物理セキュリティ/ビルアクセス

説明

DeepCover®エンベデッドセキュリティソリューションは、機密データを高度物理セキュリティの複数レイヤ下に隠し、最もセキュアなキーストレージを実現します。

DeepCoverセキュアマイクロコントローラ(MAXQ1740)は、3トラック磁気ストライプリーダインタフェース、I²Cインタフェース、2つのSPIインタフェース、および1つの汎用同期/非同期レシーバ-トランスミッタ(USART)インタフェースを内蔵しています。セキュリティ機能には、AES暗号エンジン、真のハードウェア乱数発生器、電圧攻撃センサー、および自己破壊入力ピンが含まれます。シングルサイクル16ビットRISC MAXQ® CPUがデバイスを駆動します。このデバイスは、高速ハードウェア暗号を備えた超セキュアマイクロコントローラを磁気カードリーダヘッド内に配置することによって、高レベルのセキュリティを磁気ストライプリーダに提供します。

このデバイスは、16KBのフラッシュメモリ、1KBの高速ワイプ不揮発性SRAM (NV SRAM)、およびタンパーが検出されるとそのコンテンツを瞬間的にゼロにする128バイトのデータNV SRAMを提供します。この128バイトは、AESのデータRAMまたはワーキングRAMとして使用することができます。高速ワイプ機能は、1KBのメモリ内の任意のデータが、任意のアプリケーションソフトウェアがアクセス可能となる前に破壊されるようにします。要求に応じて、固有の64ビットシリアル番号の出荷時プログラミング、および/またはお客様用秘密鍵が使用可能です。このマイクロコントローラは、1.7V~3.6Vの広い動作範囲で動作します。ユーザーアプリケーションファームウェアは、3トラック磁気ストライプインタフェースと通信します。リファレンスソフトウェアは、ISO 7811、ISO 7812、およびISO 7813に準拠したカードの読取りをサポートします。リファレンスソフトウェアのソースコードが入手可能なため、アプリケーションをお客様のカード形式に合わせて調整することができます。

超低電力のストップモードは、最高の低電力性能を提供します。このモードでは、自己破壊イベントの検出をサポートするための最小限の回路のみが駆動します。メイン電源が存在し、マイクロコントローラがストップモードの場合、このデバイスは汎用ポートピンまたはシリアルインタフェースによってアクティブ化されるとストップモードを終了するオプションを備えています。

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。