先頭に戻る

低電力、FPU内蔵Arm Cortex-M4ベースのマイクロコントローラ、Bluetooth 5対応、ウェアラブル用

バッテリ動作のワイヤレス接続機器によって要求される複雑なアプリケーションを実行するために作られたジェネレーションUBのMCU

製品の詳細

DARWINは、急速に進化するモノのインターネット(IoT)の中で威力を発揮するように設計された新しいタイプの低電力マイクロコントローラです。これらのデバイスはスマートで、クラス最大のメモリを内蔵し、非常に拡張性の高いメモリアーキテクチャを採用しています。これらのデバイスは、ウェアラブルグレードの電力技術によって非常に長時間動作します。これらのデバイスは、最も高度なサイバー攻撃にも耐える十分な耐久性を備えています。DARWINマイクロコントローラは、他のマイクロコントローラの使用が考えられないような場所で、想像可能なあらゆるアプリケーションを実行するように設計されています。

ジェネレーションUBのマイクロコントローラは、今日の高度なバッテリ動作機器およびワイヤレス接続機器によって要求される、ますます複雑化の進むアプリケーションに対応するように設計されるとともに、堅牢なハードウェアセキュリティおよびBluetooth® 5 Low Energy (BLE)無線接続を提供します。

UBクラスのMAX32665~MAX32668マイクロコントローラは、複雑な関数やアルゴリズムを効率的に計算するためのFPU内蔵Arm® Cortex®-M4 CPUを備えた高度なシステムオンチップで、パワーマネージメントを内蔵しています。また、高スループット(2Mbps)に対応する最新世代のBluetooth 5 Low Energy無線と、マキシムのクラス最高のハードウェアセキュリティスイート信頼保護ユニット(TPU)も内蔵しています。これらのデバイスは大容量の内蔵メモリを提供し、1MBのフラッシュおよび誤り訂正符号(ECC)を備えた448KBのSRAMとして構成することができる最大560KBのSRAMを内蔵しています。各512KBの分割フラッシュバンクはシームレスなオーバージエアアップグレードをサポートし、信頼性をさらに高めています。データ(SRAM)およびコード(フラッシュ)スペースのメモリの拡張性は、2つのSPI execute-in-place (SPIX)インタフェースによってサポートされます。

HS-USB、セキュアデジタルインタフェース(SD、SDIO、MMC、SDHC、およびmicroSD)、SPI、UART、およびI2Cの各シリアルインタフェース、およびPDM、PCM、I2S、およびTDMインタフェースに対応するオーディオサブシステムを含む、複数の高速インタフェースがサポートされています。外部センサーおよびメーターからのアナログ入力を監視するために、8入力、10ビットADCが利用可能です。これらのデバイスは、109ピンWLP (0.35mmピッチ)および121ピンCTBGA (0.65mmピッチ)パッケージで提供されます。

主な機能

  • ウェアラブルおよびヒアラブル機器用の高効率マイクロコントローラおよびオーディオDSP
    • FPU内蔵Arm Cortex-M4:最大96MHz
    • データ処理用に最適化された第2のFPU内蔵Arm Cortex-M4 (オプション)
    • 低電力システムクロックオプション:7.3728MHz
    • 1MBのフラッシュ、2 × 512KBのデュアルバンク構成
    • 560KB (448KB ECC) SRAM:3 × 16KBキャッシュ
    • キャッシュ、SRAM、および内蔵フラッシュ用のオプションの誤り訂正符号(ECC-SEC-DED)
  • Bluetooth 5 Low Energy無線
    • データスループット:1Mbpsおよび2Mbps
    • 長距離(125kbpsおよび500kbps)
    • アドバタイズの拡張
    • 受信感度:-95dbm、送信出力:最大+4.5dbm
    • シングルエンドのアンテナポートによるオンチップマッチング
  • パワーマネージメントによってバッテリアプリケーションの動作時間を最大化
    • コイン電池動作用のSIMO SMPS内蔵
    • ダイナミック電圧スケーリングによってアクティブコア消費電力を最小化
    • 27.3µA/MHz (キャッシュから実行時、3.3V)
    • 低電力モードで選択可能なSRAM保持(RTCイネーブル)
  • システム制御用の複数のペリフェラル
    • それぞれ3つのチップセレクトを備えた3つのQSPIマスター/スレーブ、3つの4線式UART、3つのI2Cマスター/スレーブ、最大50 GPIO
    • リアルタイムフラッシュ復号を備えたQSPI (SPIXF)
    • QSPI (SPIXR) RAMインタフェースによってSRAM拡張を提供
    • 8入力、10ビットデルタシグマADC:7.8ksps
    • トランシーバ内蔵USB 2.0 HSエンジン
    • PDMインタフェースは2つのデジタルマイクロフォンに対応
    • TDMを備えたI2S、6つの32ビットタイマー、2つの高速タイマー、1-Wireマスター、16のパルストレイン(PWM)
    • セキュアデジタルインタフェースはSD3.0/SDIO3.0/eMMC4.51に対応
  • ハードウェアセキュリティによって貴重なIP/データのセキュリティを確保
    • MAA内蔵信頼保護ユニット(TPU)によって高速ECDSA およびモジュロ演算に対応
    • AES128/192/256、DES、3DES、ハードウェアアクセラレータ
    • TRNGシードジェネレータ、SHA-2アクセラレータ
    • セキュアブートローダ

アプリケーション/用途

  • コネクテッドホーム
  • ゲーム機
  • ヒアラブル
  • 産業用センサー
  • 支払い/フィットネス/医療用ウェアラブル
  • 遠隔医療
Parametric specs for Microcontrollers
MCU Core Dual ARM Cortex-M4F
Internal Flash (KBytes) 1024
Core Clock Speed (MHz) (max) 96
Data Processing 32-bit
Internal SRAM (KBytes) 560
Package/Pins CTBGA-CU/121
WLP/109
Budgetary
Price (See Notes)
$5.99 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX32665、MAX32666、MAX32667、MAX32668:簡易ブロックダイアグラム MAX32665、MAX32666、MAX32667、MAX32668:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX32665/MAX32666のEVキットは、ウェアラブルおよびヒアラブル機器アプリケーション用の高効率Arm®マイクロコントローラおよびオーディオDSPのMAX32665/MAX32666の機能を評価するためのプラットフォームを提供します。

これらのEVキットは、CTBGA ICの全バージョンを評価します。セキュアIC用のソケットバージョンと、非セキュアIC用の直接実装バージョンがあります。

詳細を見る

特長

  • Bluetooth SMAコネクタ、2.4GHzヒンジ付きホイップアンテナ付属
  • 1.28インチ128 × 128モノクロTFTディスプレイ
  • XIPフラッシュ:64MB
  • XIP RAM:1MB
  • ステレオオーディオコーデック、ラインインおよびラインアウト3.5mmジャック搭載
  • デジタルオーディオマイクロフォン
  • USB 2.0 Micro Bインタフェース
  • USB 2.0 Micro B-シリアルUART
    • ジャンパでUART1とUART2を選択
  • Micro SDカードインタフェース
  • 0.1インチヘッダを介してアクセスするGPIOを選択
  • 0.1インチヘッダを介して8つのアナログ入力にアクセス
  • Arm®またはSWD JTAG 20ピンヘッダ
  • 1-Wire RJ11ポート
  • MAX32665はコイン電池のみで給電可能
  • ボード電源はいずれかのUSBポートによって供給
  • 全てのICレイルはジャンパによって個別に電源管理可能
  • 1.8Vおよび3.3Vレギュレータ搭載
  • 2つの汎用LEDと2つの汎用プッシュボタンスイッチ

説明

MAX32665/MAX32666のEVキットは、ウェアラブルおよびヒアラブル機器アプリケーション用の高効率Arm®マイクロコントローラおよびオーディオDSPのMAX32665/MAX32666の機能を評価するためのプラットフォームを提供します。

これらのEVキットは、CTBGA ICの全バージョンを評価します。セキュアIC用のソケットバージョンと、非セキュアIC用の直接実装バージョンがあります。

詳細を見る

特長

  • Bluetooth SMAコネクタ、2.4GHzヒンジ付きホイップアンテナ付属
  • 1.28インチ128 × 128モノクロTFTディスプレイ
  • XIPフラッシュ:64MB
  • XIP RAM:1MB
  • ステレオオーディオコーデック、ラインインおよびラインアウト3.5mmジャック搭載
  • デジタルオーディオマイクロフォン
  • USB 2.0 Micro Bインタフェース
  • USB 2.0 Micro B-シリアルUART
    • ジャンパでUART1とUART2を選択
  • Micro SDカードインタフェース
  • 0.1インチヘッダを介してアクセスするGPIOを選択
  • 0.1インチヘッダを介して8つのアナログ入力にアクセス
  • Arm®またはSWD JTAG 20ピンヘッダ
  • 1-Wire RJ11ポート
  • MAX32665はコイン電池のみで給電可能
  • ボード電源はいずれかのUSBポートによって供給
  • 全てのICレイルはジャンパによって個別に電源管理可能
  • 1.8Vおよび3.3Vレギュレータ搭載
  • 2つの汎用LEDと2つの汎用プッシュボタンスイッチ

説明

MAX32666FTHRボードは、エンジニアがFPU内蔵Arm® Cortex®-M4プロセッサのMAX32666を使用するバッテリ用に最適化されたBluetooth® 5ソリューションを短期間で実装するために役立つように設計された高速開発プラットフォームです。また、このボードはバッテリマネージメント用の1セルリチウムイオンバッテリチャージャのMAX1555も備えています。形状は、ブレッドボードや既製品のペリフェラル拡張ボードと互換性のある0.9インチ × 2.0インチの小型2列ヘッダ実装形式です。また、このボードはmicro SDカードコネクタ、6軸加速度計/ジャイロ、RGBインジケータLED、およびプッシュボタンなどの各種ペリフェラルも備えています。このプラットフォームは、迅速な概念実証と早期ソフトウェア開発のための電力が最適化された柔軟性を提供し、市場投入までの時間を短縮します。

詳細を見る

特長

  • MAX32666マイクロコントローラ
    • デュアルArm Cortex-M4F、96MHz
    • フラッシュメモリ:1MB
    • SRAM:560KB
    • キャッシュ:3 × 16KB
    • Bluetooth 5 Low Energy無線
    • ハイスピードUSB 2.0
    • 3つのQSPIマスター/スレーブ
    • 3つのI2Cマスター/スレーブ
    • 3つのUART
    • SD/SDIO 3.0
    • 1-Wire®マスター
    • 48のGPIO
    • 8入力、10ビットADC
  • MAX1555 1セルリチウムイオンバッテリチャージャ
    • USBから充電
    • チップ上の温度制限
    • 充電状態インジケータ
  • 拡張用接続
    • ブレッドボード対応ヘッダ
    • 10ピンCortexデバッグヘッダ
    • Micro USBコネクタ
    • micro SDカードコネクタ
  • 内蔵ペリフェラル
    • RGBインジケータLED
    • ユーザープッシュボタン
    • 6軸加速度計/ジャイロ
    • Bluetooth表面実装アンテナ
  • SWD/MAXDAPデバッグインタフェース
    • ドラッグ&ドロッププログラミング
    • SWDデバッガ
    • 仮想UARTコンソール

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Microcontrollers
MCU Core Dual ARM Cortex-M4F
Internal Flash (KBytes) 1024
Core Clock Speed (MHz) (max) 96
Data Processing 32-bit
Internal SRAM (KBytes) 560
Package/Pins CTBGA-CU/121
WLP/109
Budgetary
Price (See Notes)
$5.99 @1k

主な機能

  • ウェアラブルおよびヒアラブル機器用の高効率マイクロコントローラおよびオーディオDSP
    • FPU内蔵Arm Cortex-M4:最大96MHz
    • データ処理用に最適化された第2のFPU内蔵Arm Cortex-M4 (オプション)
    • 低電力システムクロックオプション:7.3728MHz
    • 1MBのフラッシュ、2 × 512KBのデュアルバンク構成
    • 560KB (448KB ECC) SRAM:3 × 16KBキャッシュ
    • キャッシュ、SRAM、および内蔵フラッシュ用のオプションの誤り訂正符号(ECC-SEC-DED)
  • Bluetooth 5 Low Energy無線
    • データスループット:1Mbpsおよび2Mbps
    • 長距離(125kbpsおよび500kbps)
    • アドバタイズの拡張
    • 受信感度:-95dbm、送信出力:最大+4.5dbm
    • シングルエンドのアンテナポートによるオンチップマッチング
  • パワーマネージメントによってバッテリアプリケーションの動作時間を最大化
    • コイン電池動作用のSIMO SMPS内蔵
    • ダイナミック電圧スケーリングによってアクティブコア消費電力を最小化
    • 27.3µA/MHz (キャッシュから実行時、3.3V)
    • 低電力モードで選択可能なSRAM保持(RTCイネーブル)
  • システム制御用の複数のペリフェラル
    • それぞれ3つのチップセレクトを備えた3つのQSPIマスター/スレーブ、3つの4線式UART、3つのI2Cマスター/スレーブ、最大50 GPIO
    • リアルタイムフラッシュ復号を備えたQSPI (SPIXF)
    • QSPI (SPIXR) RAMインタフェースによってSRAM拡張を提供
    • 8入力、10ビットデルタシグマADC:7.8ksps
    • トランシーバ内蔵USB 2.0 HSエンジン
    • PDMインタフェースは2つのデジタルマイクロフォンに対応
    • TDMを備えたI2S、6つの32ビットタイマー、2つの高速タイマー、1-Wireマスター、16のパルストレイン(PWM)
    • セキュアデジタルインタフェースはSD3.0/SDIO3.0/eMMC4.51に対応
  • ハードウェアセキュリティによって貴重なIP/データのセキュリティを確保
    • MAA内蔵信頼保護ユニット(TPU)によって高速ECDSA およびモジュロ演算に対応
    • AES128/192/256、DES、3DES、ハードウェアアクセラレータ
    • TRNGシードジェネレータ、SHA-2アクセラレータ
    • セキュアブートローダ

アプリケーション/用途

  • コネクテッドホーム
  • ゲーム機
  • ヒアラブル
  • 産業用センサー
  • 支払い/フィットネス/医療用ウェアラブル
  • 遠隔医療

説明

DARWINは、急速に進化するモノのインターネット(IoT)の中で威力を発揮するように設計された新しいタイプの低電力マイクロコントローラです。これらのデバイスはスマートで、クラス最大のメモリを内蔵し、非常に拡張性の高いメモリアーキテクチャを採用しています。これらのデバイスは、ウェアラブルグレードの電力技術によって非常に長時間動作します。これらのデバイスは、最も高度なサイバー攻撃にも耐える十分な耐久性を備えています。DARWINマイクロコントローラは、他のマイクロコントローラの使用が考えられないような場所で、想像可能なあらゆるアプリケーションを実行するように設計されています。

ジェネレーションUBのマイクロコントローラは、今日の高度なバッテリ動作機器およびワイヤレス接続機器によって要求される、ますます複雑化の進むアプリケーションに対応するように設計されるとともに、堅牢なハードウェアセキュリティおよびBluetooth® 5 Low Energy (BLE)無線接続を提供します。

UBクラスのMAX32665~MAX32668マイクロコントローラは、複雑な関数やアルゴリズムを効率的に計算するためのFPU内蔵Arm® Cortex®-M4 CPUを備えた高度なシステムオンチップで、パワーマネージメントを内蔵しています。また、高スループット(2Mbps)に対応する最新世代のBluetooth 5 Low Energy無線と、マキシムのクラス最高のハードウェアセキュリティスイート信頼保護ユニット(TPU)も内蔵しています。これらのデバイスは大容量の内蔵メモリを提供し、1MBのフラッシュおよび誤り訂正符号(ECC)を備えた448KBのSRAMとして構成することができる最大560KBのSRAMを内蔵しています。各512KBの分割フラッシュバンクはシームレスなオーバージエアアップグレードをサポートし、信頼性をさらに高めています。データ(SRAM)およびコード(フラッシュ)スペースのメモリの拡張性は、2つのSPI execute-in-place (SPIX)インタフェースによってサポートされます。

HS-USB、セキュアデジタルインタフェース(SD、SDIO、MMC、SDHC、およびmicroSD)、SPI、UART、およびI2Cの各シリアルインタフェース、およびPDM、PCM、I2S、およびTDMインタフェースに対応するオーディオサブシステムを含む、複数の高速インタフェースがサポートされています。外部センサーおよびメーターからのアナログ入力を監視するために、8入力、10ビットADCが利用可能です。これらのデバイスは、109ピンWLP (0.35mmピッチ)および121ピンCTBGA (0.65mmピッチ)パッケージで提供されます。

簡略化されたブロック図

MAX32665、MAX32666、MAX32667、MAX32668:簡易ブロックダイアグラム MAX32665、MAX32666、MAX32667、MAX32668:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。