先頭に戻る

製品詳細

MAX32666FTHRボードは、エンジニアがFPU内蔵Arm® Cortex®-M4プロセッサのMAX32666を使用するバッテリ用に最適化されたBluetooth® 5ソリューションを短期間で実装するために役立つように設計された高速開発プラットフォームです。また、このボードはバッテリマネージメント用の1セルリチウムイオンバッテリチャージャのMAX1555も備えています。形状は、ブレッドボードや既製品のペリフェラル拡張ボードと互換性のある0.9インチ × 2.0インチの小型2列ヘッダ実装形式です。また、このボードはmicro SDカードコネクタ、6軸加速度計/ジャイロ、RGBインジケータLED、およびプッシュボタンなどの各種ペリフェラルも備えています。このプラットフォームは、迅速な概念実証と早期ソフトウェア開発のための電力が最適化された柔軟性を提供し、市場投入までの時間を短縮します。

主な機能

  • MAX32666マイクロコントローラ
    • デュアルArm Cortex-M4F、96MHz
    • フラッシュメモリ:1MB
    • SRAM:560KB
    • キャッシュ:3 × 16KB
    • Bluetooth 5 Low Energy無線
    • ハイスピードUSB 2.0
    • 3つのQSPIマスター/スレーブ
    • 3つのI2Cマスター/スレーブ
    • 3つのUART
    • SD/SDIO 3.0
    • 1-Wire®マスター
    • 48のGPIO
    • 8入力、10ビットADC
  • MAX1555 1セルリチウムイオンバッテリチャージャ
    • USBから充電
    • チップ上の温度制限
    • 充電状態インジケータ
  • 拡張用接続
    • ブレッドボード対応ヘッダ
    • 10ピンCortexデバッグヘッダ
    • Micro USBコネクタ
    • micro SDカードコネクタ
  • 内蔵ペリフェラル
    • RGBインジケータLED
    • ユーザープッシュボタン
    • 6軸加速度計/ジャイロ
    • Bluetooth表面実装アンテナ
  • SWD/MAXDAPデバッグインタフェース
    • ドラッグ&ドロッププログラミング
    • SWDデバッガ
    • 仮想UARTコンソール

アプリケーション/用途

  • コネクテッドホーム
  • ゲーム機
  • ヒアラブル
  • 産業用センサー
  • 支払い/フィットネス/医療用ウェアラブル
  • 遠隔医療

技術資料

データシート MAX32666の評価キット Jun 29, 2020

設計開発

可能な場合は、下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

シミュレーションモデル

MAX32666FTHR Gerber Files

ダウンロード

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.

パラメーター

主な機能

  • MAX32666マイクロコントローラ
    • デュアルArm Cortex-M4F、96MHz
    • フラッシュメモリ:1MB
    • SRAM:560KB
    • キャッシュ:3 × 16KB
    • Bluetooth 5 Low Energy無線
    • ハイスピードUSB 2.0
    • 3つのQSPIマスター/スレーブ
    • 3つのI2Cマスター/スレーブ
    • 3つのUART
    • SD/SDIO 3.0
    • 1-Wire®マスター
    • 48のGPIO
    • 8入力、10ビットADC
  • MAX1555 1セルリチウムイオンバッテリチャージャ
    • USBから充電
    • チップ上の温度制限
    • 充電状態インジケータ
  • 拡張用接続
    • ブレッドボード対応ヘッダ
    • 10ピンCortexデバッグヘッダ
    • Micro USBコネクタ
    • micro SDカードコネクタ
  • 内蔵ペリフェラル
    • RGBインジケータLED
    • ユーザープッシュボタン
    • 6軸加速度計/ジャイロ
    • Bluetooth表面実装アンテナ
  • SWD/MAXDAPデバッグインタフェース
    • ドラッグ&ドロッププログラミング
    • SWDデバッガ
    • 仮想UARTコンソール

アプリケーション/用途

  • コネクテッドホーム
  • ゲーム機
  • ヒアラブル
  • 産業用センサー
  • 支払い/フィットネス/医療用ウェアラブル
  • 遠隔医療

説明

MAX32666FTHRボードは、エンジニアがFPU内蔵Arm® Cortex®-M4プロセッサのMAX32666を使用するバッテリ用に最適化されたBluetooth® 5ソリューションを短期間で実装するために役立つように設計された高速開発プラットフォームです。また、このボードはバッテリマネージメント用の1セルリチウムイオンバッテリチャージャのMAX1555も備えています。形状は、ブレッドボードや既製品のペリフェラル拡張ボードと互換性のある0.9インチ × 2.0インチの小型2列ヘッダ実装形式です。また、このボードはmicro SDカードコネクタ、6軸加速度計/ジャイロ、RGBインジケータLED、およびプッシュボタンなどの各種ペリフェラルも備えています。このプラットフォームは、迅速な概念実証と早期ソフトウェア開発のための電力が最適化された柔軟性を提供し、市場投入までの時間を短縮します。

技術資料

データシート MAX32666の評価キット Jun 29, 2020

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.