先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

技術資料

データシート MAX32630/MAX32631/MAX32632の評価キット Aug 17, 2018
ユーザーガイド Getting Started with Eclipse

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • 標準20ピンARM JTAGヘッダを介して接続された同梱のOlimex ARM-USB-TINY-H JTAGデバッガの使用によってコードのロードとデバッグが容易
  • ICのI/O端子およびアナログフロントエンド(AFE)入力信号にアクセスするためのヘッダ
  • USB Micro-BからICのUSBデバイスコントローラに接続
  • USB Micro-BからUSB-UARTブリッジに接続
  • ICの内部UART 0およびUART 1間の選択が可能
  • チップアンテナを備えたBluetooth® 4.0 BLEトランシーバ内蔵

アプリケーション/用途

  • フィットネスモニタ
  • ポータブル医療機器
  • センサーハブ
  • スポーツウォッチ
  • ウェアラブル医療パッチ

説明

MAX32630とMAX32631の評価キット(EVキット)は、それぞれMAX32630~MAX32632マイクロコントローラの機能を評価するための便利なプラットフォームを提供します。MAX32630のEVキットはMAX32630がボードに直接はんだ付けされているのに対し、MAX32631のEVキットはソケットに実装されたMAX32631を備えています。このバージョンはMAX32632を評価するために使用することができますが、サンプルについてはお問い合わせください。また、各EVキットは完全に機能するシステムを提供するため、アプリケーションの開発とデバッグに最適です。別途記載のない限り、以下の各項は両方のEVキットに該当します。


EclipseでMAX32630/MAX32631の評価キットをセットアップする方法

技術資料

データシート MAX32630/MAX32631/MAX32632の評価キット Aug 17, 2018
ユーザーガイド Getting Started with Eclipse

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。