先頭に戻る

MAX32625MBED ARM mbed対応開発プラットフォーム、MAX32625

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • Arduino対応ヘッダおよびmbedサポートによって低電力エンベデッドシステムの迅速なプロトタイプ作成が可能
  • MAX32625マイクロコントローラ
    • FPUを備えたARM Cortex-M4マイクロコントローラ:96MHz
    • フラッシュメモリ:512KB
    • SRAM:160KB
    • 命令キャッシュ:8KB
    • フルスピードUSB 2.0
    • 3つのSPIマスター、1つのスレーブ
    • 2つのI2Cマスター、1つのスレーブ
    • 3つのUART
    • 1-Wireマスター
    • 40のGPIO
    • 4入力10ビットADC
  • 拡張接続
    • Arduino形状ヘッダ
    • MicroSDカードコネクタ
    • Micro-USBコネクタ
    • プロトタイプ作成領域
  • 内蔵ペリフェラル
    • 4x ユーザーインジケータLED
    • 2x ユーザープッシュボタン
  • DAPLinkプログラミングアダプタ内蔵
    • ドラッグ&ドロップのプログラミング
    • CMSIS-DAP SWDデバッガ
    • USB仮想UART

アプリケーション/用途

  • フィットネスモニタ
  • ポータブル医療機器
  • センサーハブ
  • スポーツウォッチ
  • ウェアラブル医療パッチ

説明

MAX32625MBEDは、MAX32625マイクロコントローラの機能を評価するための便利なプラットフォームを提供します。また、MAX32625MBEDは、アプリケーションの開発とデバッグに最適な、実際に機能する完全なシステムも提供します。

MAX32625MBEDは、FPUを備えたMAX32625 ARM® Cortex®-M4マイクロコントローラ、高精度アナログフロントエンド(AFE)接続への隣接したアクセスを備えたプロトタイプ作成領域、Arduino®対応コネクタを介したI/Oアクセス、100mil x 100milのヘッダを介した追加のI/Oアクセス、USBインタフェース、およびその他の汎用I/Oデバイスを内蔵しています。

このボードを使って開発を開始する方法については、https://developer.mbed.org/platforms/MAX32625MBED/をご覧ください。

簡易ブロック図

MAX32625MBED:ボード写真 MAX32625MBED:ボード写真 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。