先頭に戻る

ウェルネス測定マイクロコントローラ

ウェルネスセンサーアナログフロントエンドおよび高度ハードウェアセキュリティを備えた超低電力ARM Cortex-M3

製品詳細

2014 Wasp Award WinnerMAX32600マイクロコントローラは、最大24MHzで動作する業界標準ARM® Cortex®-M3 32ビットRISC CPUをベースにしています。このマイクロコントローラは、256KBのフラッシュメモリ、32KBのSRAM、2KB命令キャッシュ、および高性能アナログペリフェラルを内蔵しています。

MAX32600には次のパッケージオプションがあります:192ピンCTBGA (12mm x 12mm)、120ピンCTBGA (7mm x 7mm)、および108ピンWLP (5.4mm x 4.3mm)

マキシムによって提供される無料のツールに加えて、MAX32600はIAR Embedded Workbenchもサポートします。IAR Embedded Workbench®は、コンパイラ、アセンブラ、リンカ、およびデバッガを1つのIDEに組み込んだ製品です。Embedded Workbenchは使いやすく、先進的で非常に効率的な最適化機能を備え、ハードウェア、RTOS製品、およびミドルウェアと高度に統合化されています。ARM用のIAR Embedded Workbenchは、ARM Cortex-Mコアファミリ専用に設計された製品パッケージを含む、数種類のバージョンが提供されています。

主な機能

  • 高集積AFEによって最小限のディスクリート部品で高精度のウェルネス測定を実現
    • 入力マルチプレクサとPGAを備えた16ビットADC
      • 変換レート:最大500ksps
      • PGA:1、2、4、および8の利得、およびバイパスモード
      • 入力マルチプレクサ:差動8:1またはシングルエンド16:1
      • VDDA3測定用のマルチプレクサ入力内蔵
    • 内部または外部電圧リファレンス
      • ADCおよびDAC用の設定可能なバッファ
    • 2つの12ビットDACおよび2つの8ビットDAC
    • 4つのオペアンプ
    • 4つの低電力コンパレータ
    • 4つの汎用SPSTアナログスイッチ
    • 4つのグランドスイッチ
    • 最大8つの100mA LEDドライバペア(シンク)
    • 内蔵温度センサー
  • 堅牢な内蔵信頼保護ユニットによって貴重なIPとデータのセキュリティを確保
    • 信頼保護ユニットによってエンドツーエンドのセキュリティを実現
    • AESハードウェアエンジン
    • ECDSAおよびRSA用MAA
    • 真性乱数発生器(TRNG)
    • 高速消去SRAMによってセキュアなキーストレージを実現
  • 業界最小の総合システム電力によってバッテリ寿命を延長
    • アクティブパワー:175µA/MHz (キャッシュからのコード実行時)
    • LP0のリアルタイムクロックイネーブル時での消費電流:1.25µA
    • LP1のデータ保持および高速15µsウェイクアップ時での消費電流:1.8µA
    • ペリフェラルクロック制御
    • 6チャネルDMAエンジンによってマイクロコントローラがスリープモードの場合も自律的なペリフェラル動作が可能
  • フレキシブルなパッケージオプション
    • 120ピンCTBGA、0.5mmピッチ、7mm x 7mm
    • 192ピンCTBGA、0.65mmピッチ、12mm x 12mm
    • 108ピンWLP、0.4mmピッチ、5.4mm x 4.3mm

アプリケーション/用途

  • 血糖値計
  • ガルバニック皮膚反応測定
  • パルス酸素濃度測定
  • ウェアラブル医療機器
Parametric specs for All Microcontrollers
MCU Core ARM Cortex-M3
Internal Flash (KBytes) 256
Core Clock Speed (MHz) (max) 24
Data Processing 32-bit
Internal SRAM (KBytes) 32
Package/Pins CTBGA-CU/120
CTBGA-CU/192
WLP/108
View More

簡略化されたブロック図

MAX32600:簡易ファンクションダイアグラム MAX32600:簡易ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

設計開発

可能な場合は、下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

説明

MAX32600の評価キット(EVキット)は、ウェルネス測定マイクロコントローラのMAX32600の機能を評価するための便利なプラットフォームを提供します。また、このEVキットは完全に機能するシステムを提供するため、アプリケーションの開発とデバッグに最適です。

評価ボードには、MAX32600の回路、複数の電源オプション、プロセッサのI/Oポート端子とアナログフロントエンドデバイスにアクセスするためのヘッダ、8桁LCDディスプレイ、USBインタフェース、UARTインタフェース、低電力Bluetoothトランシーバ、およびその他の汎用IOデバイスが内蔵されています。

詳細を見る

特徴

  • 内蔵JTAGアダプタの使用によってコードのロードとデバッグが容易
  • USB、コイン電池、2本の単4電池、またはベンチ電源を含む選択可能な電源
  • MAX32600のI/O端子およびアナログフロントエンド(AFE)の入力および出力信号へのアクセス用のヘッダ
  • 8桁英数字LCDディスプレイ内蔵

説明

MAX32600MBEDは、MAX32600マイクロコントローラの機能を評価するための便利なプラットフォームを提供します。また、MAX32600MBEDは、アプリケーションの開発とデバッグに最適な、完全な機能システムも提供します。

MAX32600MBEDは、MAX32600 Cortex®-M3マイクロコントローラ、高精度アナログフロントエンド(AFE)接続への隣接したアクセスを備えたプロトタイプ作成領域、Arduino対応コネクタを介したI/Oアクセス、100mil x 100milのヘッダを介した追加のI/Oアクセス、USBインタフェース、およびその他の汎用I/Oデバイスを内蔵しています。

開発を始める方は mbed.orgのMAX32600MBEDプラットフォームページをご覧ください。

詳細を見る

特徴

  • ボード上のARM® mbedハードウェア開発キット(HDK)インタフェースによってツールチェーンへの迅速な接続を提供
  • Arduino対応コネクタによって既存のコンポーネントボードへの接続性を提供
  • プロトタイプ作成領域によって高精度AFE I/Oに隣接したユーザー回路の作成が可能
  • 汎用プッシュボタンスイッチおよびLEDによってボード上での触覚的/視覚的操作が可能
  • 2 x 6ヘッダ上のSPI (Serial Peripheral Interface)およびI2C (Inter-Integrated Circuit)接続性によって既存の評価モジュールへの接続性を提供
  • MAX32600 USBデバイスコントローラへのUSB Micro-B接続は12Mbpsのユーザデータチャネルを提供

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.

パラメーター

Parametric specs for All Microcontrollers
MCU Core ARM Cortex-M3
Internal Flash (KBytes) 256
Core Clock Speed (MHz) (max) 24
Data Processing 32-bit
Internal SRAM (KBytes) 32
Package/Pins CTBGA-CU/120
CTBGA-CU/192
WLP/108

主な機能

  • 高集積AFEによって最小限のディスクリート部品で高精度のウェルネス測定を実現
    • 入力マルチプレクサとPGAを備えた16ビットADC
      • 変換レート:最大500ksps
      • PGA:1、2、4、および8の利得、およびバイパスモード
      • 入力マルチプレクサ:差動8:1またはシングルエンド16:1
      • VDDA3測定用のマルチプレクサ入力内蔵
    • 内部または外部電圧リファレンス
      • ADCおよびDAC用の設定可能なバッファ
    • 2つの12ビットDACおよび2つの8ビットDAC
    • 4つのオペアンプ
    • 4つの低電力コンパレータ
    • 4つの汎用SPSTアナログスイッチ
    • 4つのグランドスイッチ
    • 最大8つの100mA LEDドライバペア(シンク)
    • 内蔵温度センサー
  • 堅牢な内蔵信頼保護ユニットによって貴重なIPとデータのセキュリティを確保
    • 信頼保護ユニットによってエンドツーエンドのセキュリティを実現
    • AESハードウェアエンジン
    • ECDSAおよびRSA用MAA
    • 真性乱数発生器(TRNG)
    • 高速消去SRAMによってセキュアなキーストレージを実現
  • 業界最小の総合システム電力によってバッテリ寿命を延長
    • アクティブパワー:175µA/MHz (キャッシュからのコード実行時)
    • LP0のリアルタイムクロックイネーブル時での消費電流:1.25µA
    • LP1のデータ保持および高速15µsウェイクアップ時での消費電流:1.8µA
    • ペリフェラルクロック制御
    • 6チャネルDMAエンジンによってマイクロコントローラがスリープモードの場合も自律的なペリフェラル動作が可能
  • フレキシブルなパッケージオプション
    • 120ピンCTBGA、0.5mmピッチ、7mm x 7mm
    • 192ピンCTBGA、0.65mmピッチ、12mm x 12mm
    • 108ピンWLP、0.4mmピッチ、5.4mm x 4.3mm

アプリケーション/用途

  • 血糖値計
  • ガルバニック皮膚反応測定
  • パルス酸素濃度測定
  • ウェアラブル医療機器

説明

2014 Wasp Award WinnerMAX32600マイクロコントローラは、最大24MHzで動作する業界標準ARM® Cortex®-M3 32ビットRISC CPUをベースにしています。このマイクロコントローラは、256KBのフラッシュメモリ、32KBのSRAM、2KB命令キャッシュ、および高性能アナログペリフェラルを内蔵しています。

MAX32600には次のパッケージオプションがあります:192ピンCTBGA (12mm x 12mm)、120ピンCTBGA (7mm x 7mm)、および108ピンWLP (5.4mm x 4.3mm)

マキシムによって提供される無料のツールに加えて、MAX32600はIAR Embedded Workbenchもサポートします。IAR Embedded Workbench®は、コンパイラ、アセンブラ、リンカ、およびデバッガを1つのIDEに組み込んだ製品です。Embedded Workbenchは使いやすく、先進的で非常に効率的な最適化機能を備え、ハードウェア、RTOS製品、およびミドルウェアと高度に統合化されています。ARM用のIAR Embedded Workbenchは、ARM Cortex-Mコアファミリ専用に設計された製品パッケージを含む、数種類のバージョンが提供されています。

簡略化されたブロック図

MAX32600:簡易ファンクションダイアグラム MAX32600:簡易ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.