先頭に戻る

DeepCoverセキュアマイクロコントローラ、ARM926EJ-Sプロセッサコア内蔵

暗号化外部バスおよび高度物理セキュリティ内蔵、高性能、シングルチップセキュアマイクロコントローラ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Microcontrollers
MCU Core ARM926EJ-S
Core Clock Speed (MHz) (max) 384
Data Processing 32-bit
Internal SRAM (KBytes) 384
Package/Pins CSBGA-CU/324
Budgetary
Price (See Notes)
0
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

データシート DeepCoverセキュアマイクロコントローラ、ARM926EJ-Sプロセッサコア内蔵 Dec 03, 2020
アプリケーションノート MAX325xx Secure Boot Tool User Guide
アプリケーションノート MAX325xx Secure Boot Tool User Guide
チュートリアル 産業システムに必要なセキュリティICによる保護の強化
アプリケーションノート MAX325xx Secure Boot Tool User Guide
アプリケーションノート MAX325xx Secure Boot Tool User Guide
アプリケーションノート MAX325xx Secure Boot Tool User Guide
アプリケーションノート MAX325xx Secure Boot Tool User Guide
アプリケーションノート MAX325xx Secure Boot Tool User Guide
アプリケーションノート 暗号の専門知識を必要としないセキュア認証の実装
ユーザーガイド MAX325xx Secure Boot Tool User Guide

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Microcontrollers
MCU Core ARM926EJ-S
Core Clock Speed (MHz) (max) 384
Data Processing 32-bit
Internal SRAM (KBytes) 384
Package/Pins CSBGA-CU/324
Budgetary
Price (See Notes)
0

主な特長

  • 16KBのデータキャッシュと32KBの命令キャッシュを備えたARM926EJ-Sプロセッサコア
  • コア動作周波数(PLL経由):384MHz (拡張周波数モードでは400MHz)
  • 多層AHBバスマトリックス:192MHz (拡張周波数モードでは200MHz)
  • APBバスマトリックス:96MHz (拡張周波数モードでは100MHz)
  • セキュリティ機能
    • 公開鍵認証を備えたセキュアブートローダ
    • AES、DES、およびSHAハードウェアアクセラレータ
    • RSA、DSA、およびECDSAに対応したモジュロ演算ハードウェアアクセラレータ(MAA)
    • セキュアキーパッドコントローラ
    • ハードウェアによる真の乱数発生器
    • 動的フォルト検出を備えたダイシールド
    • 独立したランダムな動的パターンを備えた6個の外部タンパーセンサー
    • 256ビットのフリップフロップベースの不揮発性AESキーストレージ
    • 温度および電圧タンパーモニタ
    • リアルタイム外部メモリ暗号化および完全性チェック
    • リアルタイムクロック
  • 104ビットの固有シリアル番号(USN)
  • メモリ
    • 384KBのシステムSRAM
    • 4KBの命令TCM、4KBのデータTCM
    • 24KBのAESユーザー暗号化可能NV SRAM
    • 2チャネルの外部メモリコントローラ(LPDDR400、SDRAM、SRAM、NORフラッシュ、NANDフラッシュ)
    • 2KBのユーザープログラム可能OTP
    • ハードウェアECCを備えたNANDフラッシュコントローラ
  • I/Oおよびペリフェラル
    • トランシーバを内蔵したUSB 2.0ホスト/デバイス
    • 3つのUARTポート/1つのI2Cポート
    • I2S機能を備えた5つのSPIポート
    • 2つのISO 7816スマートカードインタフェース
    • SD/SDHC/SDIOインタフェース
    • 10/100MbpsイーサネットMACコントローラ
    • サーマルプリンタインタフェース
    • PWM機能を備えた3つのタイマー
    • 最大160の汎用I/O端子
    • 3チャネル、10ビットADC
    • STNおよびTFTディスプレイに対応したLCDコントローラ
    • モノクロLCDコントローラ
    • 16チャネルのDMAコントローラ
    • 高度な割込みコントローラ
  • パワーマネージメント
    • 柔軟なクロックプリスケーラ
    • クロックゲート機能
    • 低電流バッテリバックアップ動作
    • 設定可能な低電力モード

アプリケーション/用途

  • ATMキーボード
  • 認証証明
  • 電子商取引
  • EMVカードリーダ
  • ペー・パー・プレイ
  • PCI端末
  • PINパッド
  • セキュアアクセスコントロール
  • セキュアデータストレージ
  • ゲーム機

説明

DeepCover®エンベデッドセキュリティソリューションは、機密データを高度物理セキュリティの複数レイヤ下に隠し、最もセキュアなキーストレージを実現します。

DeepCoverセキュアマイクロコントローラ(MAX32590)は、マルチメディア対応ポータブルEFT-POS端末などの次世代のトラステッド機器を構築するための、相互運用性、セキュリティ、およびコスト効率に優れたソリューションを提供します。MAX32590は、メモリマネージメントユニット(MMU)、32KBの命令キャッシュ、16KBのデータキャッシュ、4KBの命令TCM、4KBのデータTCM、384KBのシステムSRAM、2KBのワンタイムプログラマブル(OTP)メモリ、128KBのブートROM、24KBのバッテリバックアップされたSRAMを内蔵しています。MAX32590は、100Mbpsイーサネットなどの高速通信、大型カラーLCDディスプレイ、およびギガビットサイズのマスストレージデバイスを処理する場合に、チップ上の帯域幅を最大限に活用します。

ハードウェア暗号化機能以外に、MAX32590は真の乱数発生器、バッテリバックアップRTC、不揮発性SRAM、およびリアルタイム環境/タンパー検出回路を備えているため、アプリケーションでのシステムレベルのセキュリティを容易に実現することができます。

MAX32590マイクロコントローラは、複数の通信インタフェースを内蔵しています。それぞれUSBトランシーバを備えた1つのUSBホストコントローラと1つのUSBデバイスコントローラ、2つのスマートカードコントローラ、5つのSPIポート、3つのUART、SD/SDHC/SDIOコントローラ、FIFOを備えたイーサネット10/100 MAC、およびI2Cバスも備えています。3つの内蔵タイマーはPWM出力の生成にも対応するため、外部デバイスを直接制御することが可能です。内蔵のセキュアキーパッドおよびサーマルプリンタインタフェースは、モバイルPOS端末のための統合ソリューションを提供します。最後に、3チャネルの10ビットADCはプリンタのサポート用および汎用の目的で使用することができます。

簡易ブロック図

MAX32590:ファンクションダイアグラム MAX32590:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

データシート DeepCoverセキュアマイクロコントローラ、ARM926EJ-Sプロセッサコア内蔵 Dec 03, 2020
アプリケーションノート MAX325xx Secure Boot Tool User Guide
アプリケーションノート MAX325xx Secure Boot Tool User Guide
チュートリアル 産業システムに必要なセキュリティICによる保護の強化
アプリケーションノート MAX325xx Secure Boot Tool User Guide
アプリケーションノート MAX325xx Secure Boot Tool User Guide
アプリケーションノート MAX325xx Secure Boot Tool User Guide
アプリケーションノート MAX325xx Secure Boot Tool User Guide
アプリケーションノート MAX325xx Secure Boot Tool User Guide
アプリケーションノート 暗号の専門知識を必要としないセキュア認証の実装
ユーザーガイド MAX325xx Secure Boot Tool User Guide

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。