先頭に戻る

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

データシート MAX32520の評価キット Jan 30, 2020

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • FPU内蔵Arm® Cortex® M4プロセッサ、ChipDNA PUF技術採用
  • USB 2.0 Micro B-シリアルUART
  • シリアルUARTアクセスはUSB 2.0シリアルブリッジを介して、またはオプションのホストプロセッサから選択可能
  • セキュリティ自己消滅ジャンパ
  • Arm®またはSWD JTAG 20ピンヘッダおよびCortex 10ピンヘッダ
  • ホストプロセッサとのインタフェース用の40ピンコネクタ
  • QSPIへのインタフェース用16ピンリボンケーブルコネクタ
  • SPI、I2C、またはタイマーモジュールとのインタフェース用の3つのPMODコネクタ
  • 共用0.1インチヘッダを介してアクセスするGPIOを選択
  • ボード電力はUSBポートまたはホストプロセッサからのいずれかによって供給
  • ICおよびペリフェラル用の1.8V、2.5V、および3.3Vレギュレータ実装
  • ジャンパによって全ICレールの個別の電力を測定
  • 2つの汎用LEDと1つの汎用プッシュボタンスイッチ

アプリケーション/用途

  • エンベデッド通信機器(ルーター、ゲートウェイなど)
  • エンベデッドコネクテッドシステム
  • IoTノードおよびゲートウェイ
  • セキュア産業用機器、センサー、およびコントローラ
  • セットトップボックス

説明

MAX32520の評価キット(EVキット)は、マキシム独自のPUF (物理的複製防止機能)技術を利用する、セキュアエレメントIoT用のMAX32520の評価機能用のプラットフォームを提供します。

MAX32520は、FPU内蔵Arm® Cortex® M4プロセッサ、2MBのフラッシュ、136KBのシステムRAMと34KBのECC、8KBのワンタイムプログラマブル(OTP)メモリ、および128KBのブートROMを内蔵しています。このデバイスはFIPS準拠のTRNG、および環境/タンパー検出回路を備えているため、システムレベルのセキュリティを容易に実現することができます。SPI、UART、およびI2Cを含む、複数の高速インタフェースがサポートされています。SPIポートの1つは直接コードフェッチが可能なシリアルフラッシュエミュレーションモードを備えているため、ホストマイクロコントローラからのセキュアブートが可能です。

簡易ブロック図

MAX32520-KIT:ボード写真 MAX32520-KIT:ボード写真 Zoom icon

Technical Docs

データシート MAX32520の評価キット Jan 30, 2020

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。