DS5001FP

128kソフトマイクロプロセッサチップ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

128kソフトマイクロプロセッサチップのDS5001FPは、不揮発性RAM (ROMではなく)を基本とする8051対応セキュアマイクロコントローラファミリです。

ダラスの「ソフト」マクロプロセッサは、システム実装後にプログラムが可能で、頻繁なソフトウェアのアップグレード、適応プログラム、システムのカスタム化などが容易になります。また、再プログラミングを最適化するために、ユーザ設定プログラムとデータ分割も変更できます。

ダラスの不揮発性CMOS技術が、低消費電力の標準を確立しています。リチウムバッテリをユーザが準備する場合、内蔵の電源管理回路は外部電源不在の状態で10年以上の間すべての不揮発性資源を維持することができます。

DS5001FPは、動作状態を保存し、かつ電源障害リセット、電源障害割込み、およびウォッチドッグタイマを設けることによって携帯用機器でクラッシュ耐性動作を行います。

DS5001FPは、大容量メモリのアドレス指定が必要なアプリケーションを対象としています。これには、わずかなロジックを用いて252kバイトのデータメモリをアドレス指定できるバンクスイッチングなどがあります。DS5001FPは、RAM、リチウムバッテリ、およびリアルタイムクロックを含むモジュールとして提供されます(DS2251参照)。

DS5001FPは、大容量の不揮発性記憶装置を必要とするデータロギングアプリケーションに最適です。このデバイスは、ダラスのリアルタイムクロックに簡単に接続して、不揮発性タイムスタンプデータ項目を追加することができます。

注:設計者はこの製品の全機能を十分に利用するために以下の資料を備える必要があります。データシートには、端子説明、機能の概要、および電気的仕様が記載されています。正誤表には公表された仕様とは異なる内容が記載されています。ユーザガイドは製品の特長および動作についての詳しい情報を提供しています。
DS5001FP:ピン配置 DS5001FP:ピン配置 拡大表示+

主な特長

  • 8051対応マイクロプロセッサがそのタスクに適応 :
    • 最大128kバイトの不揮発性SRAMにアクセス
    • 内蔵シリアルポート経由のシステム内プログラミング
    • 独自のプログラムまたはデータメモリを変更可能
    • 別のバイト幅バスのメモリにアクセス
    • NV RAMメモリのCRC-16チェックを実行
    • メモリと周辺装置のチップイネーブル信号をデコード
  • クラッシュ耐性動作:
    • すべての不揮発性資源を10年以上維持
    • 電源障害リセット
    • 早期電源障害警告割込み
    • ウォッチドッグタイマ
    • プログラム/データ保存用SRAM(ユーザが準備するリチウムバッテリによる不揮発性)
    • 電源モニタ用高精度バンドキャップリファレンス
  • 8051完全対応:
    • 128kバイトスクラッチパッドRAM
    • 2個のタイマ/カウンタ
    • シリアルポート
    • 32パラレルI/Oポートピン
  • セキュアマイクロプロセッサのDS5002FPによるソフトウェアセキュリティ
  • 動作範囲:
    • 5V±5%
    • 最大クロック速度:16MHz
    • 0℃~+70℃
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX32520
ChipDNAセキュアArm Cortex M4マイクロコントローラ

  • セキュアエレメントIoT用の高効率マイクロコントローラ
  • セキュアエレメント
  • パワーマネージメントによってバッテリアプリケーションの動作時間を最大化

MAX32570
低電力Arm Cortex-M4マイクロコントローラ、非接触無線内蔵、セキュアアプリケーション用

  • セキュアバッテリ動作アプリケーション用の高効率マイクロコントローラ
  • キャッシュを備えた拡張可能な外部メモリインタフェース
  • セキュリティ機能によってシステムレベルの保護を容易に実現