先頭に戻る

Munich (USB2PMB1#)アダプタボードの評価キット

製品の詳細

この資料では、Munich (USB2PMB1#)アダプタボードがUSBを介してどのようにラップトップからのコマンドを受信しSPIインタフェースを形成するかについて説明します。ハードウェア設計ファイルおよびUSB2PMB1#とMAX11300PMB1Santa Fe (MAXREFDES5#)Campbell (MAXREFDES4#)Fresno (MAXREFDES11#)、およびCorona (MAXREFDES12#)とのインタフェースの結果が提供されます。

携帯性は便利さと同義です。最近は、我々のほぼ全員がラップトップを携行しているため、この特長を利用してお客様のニーズに応えるソリューションを提供する部品を提示することができます。この便利さを利用するには、多くの産業、医療、および民生アプリケーションに存在するシグナルチェーン電子回路にラップトップをインタフェースするボードが必要です。このアダプタボードは、ラップトップとSPI対応機器の橋渡しの目的に寄与します。

マキシムのUSB2PMB1#ボードにはカスタムソフトウェアが必要で、評価システム(EVシステム)として同時に注文することができます。Munichデザインは、低電力、1.2A、PWMステップダウンDC-DCコンバータ(MAX1556)、デュアル、高速、USB-汎用UART/FIFO IC (FT2232HL)、および4K MICROWIRE®対応シリアルEEPROMを内蔵しています。このMunichアダプタボードは、マキシムのCampbell、Santa Fe、Fresno、およびCoronaリファレンスデザインなどの、任意のPmod対応プラグインペリフェラルモジュール用のUSB-SPIインタフェースを実現するために使用されます。

EVシステムの型番は、EVキットの対応するデータシートに記載されています。EVシステムは、EVキットとUSB2PMB1#などのインタフェースボードおよびカスタムソフトウェアの組み合わせです。クイックスタートおよび詳細な操作手順については、適切なEVキットのデータシートを参照してください。USB2PMB1#は、Windows® 7、Windows 8、およびWindows XP®上で試験済みです。

主な機能

  • USB-SPIインタフェース
  • 小型PCB面積
  • Pmod対応形状

アプリケーション/用途

  • 産業用オートメーション
  • 産業用センサー
  • 医療用
  • PLC
  • プロセス制御

簡略化されたブロック図

Munich (USB2PMB1#)アダプタボード Munich (USB2PMB1#)アダプタボード Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

この資料では、Munich (USB2PMB1#)アダプタボードがUSBを介してどのようにラップトップからのコマンドを受信しSPIインタフェースを形成するかについて説明します。ハードウェア設計ファイルおよびUSB2PMB1#とMAX11300PMB1Santa Fe (MAXREFDES5#)Campbell (MAXREFDES4#)Fresno (MAXREFDES11#)、およびCorona (MAXREFDES12#)とのインタフェースの結果が提供されます。
携帯性は便利さと同義です。最近は、我々のほぼ全員がラップトップを携行しているため、この特長を利用してお客様のニーズに応えるソリューションを提供する部品を提示することができます。この便利さを利用するには、多くの産業、医療、および民生アプリケーションに存在するシグナルチェーン電子回路にラップトップをインタフェースするボードが必要です。このアダプタボードは、ラップトップとSPI対応機器の橋渡しの目的に寄与します。
マキシムのUSB2PMB1#ボードにはカスタムソフトウェアが必要で、評価システム(EVシステム)として同時に注文することができます。Munichデザインは、低電力、1.2A、PWMステップダウンDC-DCコンバータ(MAX1556)、デュアル、高速、USB-汎用UART/FIFO IC (FT2232HL)、および4K MICROWIRE®対応シリアルEEPROMを内蔵しています。このMunichアダプタボードは、マキシムのCampbell、Santa Fe、Fresno、およびCoronaリファレンスデザインなどの、任意のPmod対応プラグインペリフェラルモジュール用のUSB-SPIインタフェースを実現するために使用されます。
EVシステムの型番は、EVキットの対応するデータシートに記載されています。EVシステムは、EVキットとUSB2PMB1#などのインタフェースボードおよびカスタムソフトウェアの組み合わせです。クイックスタートおよび詳細な操作手順については、適切なEVキットのデータシートを参照してください。USB2PMB1#は、Windows® 7、Windows 8、およびWindows XP®上で試験済みです。

詳細を見る

特長

  • USB-SPIインタフェース
  • 小型PCB面積
  • Pmod対応形状

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

主な機能

  • USB-SPIインタフェース
  • 小型PCB面積
  • Pmod対応形状

アプリケーション/用途

  • 産業用オートメーション
  • 産業用センサー
  • 医療用
  • PLC
  • プロセス制御

説明

この資料では、Munich (USB2PMB1#)アダプタボードがUSBを介してどのようにラップトップからのコマンドを受信しSPIインタフェースを形成するかについて説明します。ハードウェア設計ファイルおよびUSB2PMB1#とMAX11300PMB1Santa Fe (MAXREFDES5#)Campbell (MAXREFDES4#)Fresno (MAXREFDES11#)、およびCorona (MAXREFDES12#)とのインタフェースの結果が提供されます。

携帯性は便利さと同義です。最近は、我々のほぼ全員がラップトップを携行しているため、この特長を利用してお客様のニーズに応えるソリューションを提供する部品を提示することができます。この便利さを利用するには、多くの産業、医療、および民生アプリケーションに存在するシグナルチェーン電子回路にラップトップをインタフェースするボードが必要です。このアダプタボードは、ラップトップとSPI対応機器の橋渡しの目的に寄与します。

マキシムのUSB2PMB1#ボードにはカスタムソフトウェアが必要で、評価システム(EVシステム)として同時に注文することができます。Munichデザインは、低電力、1.2A、PWMステップダウンDC-DCコンバータ(MAX1556)、デュアル、高速、USB-汎用UART/FIFO IC (FT2232HL)、および4K MICROWIRE®対応シリアルEEPROMを内蔵しています。このMunichアダプタボードは、マキシムのCampbell、Santa Fe、Fresno、およびCoronaリファレンスデザインなどの、任意のPmod対応プラグインペリフェラルモジュール用のUSB-SPIインタフェースを実現するために使用されます。

EVシステムの型番は、EVキットの対応するデータシートに記載されています。EVシステムは、EVキットとUSB2PMB1#などのインタフェースボードおよびカスタムソフトウェアの組み合わせです。クイックスタートおよび詳細な操作手順については、適切なEVキットのデータシートを参照してください。USB2PMB1#は、Windows® 7、Windows 8、およびWindows XP®上で試験済みです。

簡略化されたブロック図

Munich (USB2PMB1#)アダプタボード Munich (USB2PMB1#)アダプタボード Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。