コントローラエリアネットワーク(CAN)トランシーバ

コントローラエリアネットワーク(CAN)は2線式、ハーフデュプレックス、高速シリアルネットワークで、通常はシステムマイクロコントローラに負荷をかけずにネットワークノード間の通信を提供するために使用されます。CANは第2層(プロトコルおよび物理層の定義)の実装で、電磁干渉によって発生する伝送エラーを検出および訂正することができます。CANトランシーバは、CANプロトコルコントローラとCANバスラインの物理的ワイヤの間のインタフェースを行います。

マキシムの高速および低速コントローラエリアネットワークトランシーバは、内部絶縁、高ESD、および高フォルト保護を内蔵し、ISO 11898規格によって規定された付加価値機能を備えています。マキシムのCAN ICは、保護の内蔵によってより堅牢な通信を実現し、高ESD保護によって多様なアプリケーションのCANバス接続に対応します。厳格なフォルト保護を必要としないアプリケーションに対応するために低電圧CANトランシーバが提供され、産業、通信、および計装アプリケーション用に活線挿抜可能なCANトランシーバが提供されています。

CANトランシーバ 

CANの注目製品


5kV絶縁型、高速CANトランシーバ、フォルト保護内蔵

MAX14878

最大5kVRMS (60秒)のガルバニック絶縁の内蔵によって堅牢な通信および安全性を実現

詳細はこちら ›

+5V、2Mbps CANトランシーバ、±65Vフォルト保護、 ±25V CMR、および±25kV ESD内蔵

MAX13054A

保護内蔵および3つの動作モードを可能にするマルチ機能STBY端子

詳細はこちら ›

+3.3V、1Mbps、低消費電流CANトランシーバ

MAX3051

車載レベルのフォルト保護を必要としない+3.3Vアプリケーションに最適

詳細はこちら ›

CANのデザインリソース


技術資料

アプリケーションノート: