コントローラエリアネットワーク(CAN)トランシーバ

コントローラエリアネットワーク(CAN)は2線式、ハーフデュプレックス、高速シリアルネットワークで、通常はシステムマイクロコントローラに負荷をかけずにネットワークノード間の通信を提供するために使用されます。CANは第2層(プロトコルおよび物理層の定義)の実装で、電磁干渉によって発生する伝送エラーを検出および訂正することができます。CANトランシーバは、CANプロトコルコントローラとCANバスラインの物理的ワイヤの間のインタフェースを行います。

マキシムの高速および低速コントローラエリアネットワークトランシーバは、内部絶縁、高ESD、および高フォルト保護を内蔵し、ISO 11898規格によって規定された付加価値機能を備えています。マキシムのCAN ICは、保護の内蔵によってより堅牢な通信を実現し、高ESD保護によって多様なアプリケーションのCANバス接続に対応します。厳格なフォルト保護を必要としないアプリケーションに対応するために低電圧CANトランシーバが提供され、産業、通信、および計装アプリケーション用に活線挿抜可能なCANトランシーバが提供されています。

CANトランシーバ 

CANの注目製品


絶縁型CANトランシーバMAX14878~80のご紹介

このビデオは、堅牢な通信を可能にするフォルト保護付き2.75kVおよび5kV、絶縁型CANトランシーバMAX14878~80を紹介します。

CANとRS-485の比較:違いは何か? (日本語字幕)

ビデオを開始後CCボタンで日本語字幕をお選びください。

2つの主要なシリアルインタフェースプロトコルであるコントローラエリアネットワーク(CAN)とRS-485の間の類似点と相違点について、DaveとBobが解説します。マキシムのRS-485インタフェーストランシーバの1つと最新のCANトランシーバを使って、両方のプロトコルをオシロスコープ上で表示します。彼らがMAX13054A CANトランシーバシールドボードに静電気放電(ESD)および電圧フォルトを印加し、このICの堅牢な動作を実証するのをご覧ください。

詳細はこちら:CANトランシーバ ›

トランスドライバ内蔵5kVRMS絶縁型CANトランシーバのMAX14882の紹介

絶縁型高速CANトランシーバのMAX14882は、デバイスのCANプロトコルコントローラ側とCANネットワークの物理ワイヤの間にガルバニック絶縁を内蔵することによって、通信および安全性を向上させます。

高い保護とマルチ機能スタンバイを備えたCANトランシーバのMAX13054Aを使用する

CAN差動信号方式についてCarolとRobertが説明し、±65Vフォルト保護内蔵5V 2Mbps CANトランシーバのMAX13054Aの3つの機能をデモします。

詳細はこちら:CANトランシーバ ›

±65Vフォルト保護、±25V CMR、および±25kV ESDを備えた+3.3V、2Mbps CANトランシーバのMAX33053E/54Eの紹介

このビデオは、産業アプリケーション用の保護を内蔵した+3.3V CAN (コントロールエリアネットワーク)トランシーバのMAX33053EおよびMAX33054Eを紹介します。

+5V、2Mbps CANトランシーバ、±65Vフォルト保護、 ±25V CMR、および±25kV ESD内蔵

MAX13054A

保護内蔵および3つの動作モードを可能にするマルチ機能STBY端子

詳細はこちら ›

+3.3V、1Mbps、低消費電流CANトランシーバ

MAX3051

車載レベルのフォルト保護を必要としない+3.3Vアプリケーションに最適

詳細はこちら ›

5kV絶縁型、高速CANトランシーバ、フォルト保護内蔵

MAX14878

最大5kVRMS (60秒)のガルバニック絶縁の内蔵によって堅牢な通信および安全性を実現

詳細はこちら ›

CANのデザインリソース


技術資料

アプリケーションノート: