先頭に戻る

±15kV ESD保護、スルーレート制限、低電力、RS-485/RS-422トランシーバ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • フォルトトレラントアプリケーション用:
    MAX3430:±80Vフォルト保護、フェイルセーフ、1/4ユニット負荷、+3.3V、RS-485トランシーバ
    MAX3080~MAX3089:フェイルセーフ、高速(10Mbps)、スルーレート制限、RS-485/RS-422トランシーバ
  • スペースに制限のあるアプリケーション用:
    MAX3460~MAX3464:+5V、フェイルセーフ、20Mbps、Profibus、RS-485/RS-422トランシーバ
    MAX3362:+3.3V、高速、RS-485/RS-422トランシーバ、SOT23パッケージ
    MAX3280E~MAX3284E:±15kV ESD保護、52Mbps、+3V~+5.5V、SOT23、RS-485/RS-422真のフェイルセーフレシーバ
    MAX3030E~MAX3033E:±15kV ESD保護、+3.3V、クワッドRS-422トランスミッタ
  • 多機能トランシーバアプリケーション用:
    MAX3293/MAX3294/MAX3295:20Mbps、+3.3V、SOT23、RS-485/RS-422トランスミッタ
  • フェイルセーフアプリケーション用:
    MAX3440E~MAX3444E:±15kV ESD保護、±60Vフォルト保護、10MbpsフェイルセーフRS-485/J1708トランシーバ
  • 低電圧アプリケーション用:
    MAX3483E/MAX3485E/MAX3486E/MAX3488E/MAX3490E/MAX3491E:+3.3V駆動、±15kV ESD保護、12Mbps、スルーレート制限、真のRS-485/RS-422トランシーバ

アプリケーション/用途

  • 産業用制御ローカルエリアネットワーク
  • レベルトランスレータ
  • 低電力RS-422トランシーバ
  • 低電力RS-485トランシーバ
  • EMIに敏感な機器用トランシーバ

説明

MAX481E、MAX483E、MAX485E、MAX487E~MAX491EおよびMAX1487Eは、過酷な環境でのRS-485およびRS-422通信用のローパワートランシーバです。各ドライバ出力とレシーバ入力はラッチアップせずに±15kVの静電放電(ESD)ショックに耐えます。各製品ともドライバとレシーバを1個ずつ備えています。MAX483E、MAX487E、MAX488EおよびMAX489Eのドライバはスルーレートが制限されているため、EMIを最小限に抑えることができ、ケーブル終端が適切に行われていない場合に起こる反射も抑えることが可能です。このため、250kbpsまでのデータレートでエラーの無いデータ転送が可能です。MAX481E、MAX485E、MAX490E、MAX491EおよびMAX1487Eのドライバはスルーレート制限がされていないため、2.5Mbpsまでのデータレートで転送できます。

これらのトランシーバの消費電流は、無負荷状態あるいはドライバをディセーブルして負荷状態にした場合、僅か120µAです(フルデータシートの「選択ガイド」を参照) 。MAX481E、MAX483EおよびMAX487Eはシャットダウンモードにすることができ、そのときの消費電流は僅か0.5µAです。全製品とも+5V単一電源で動作します。

ドライバは短絡電流制限がなされており、また、サーマルシャットダウン回路を備えているため、ドライバ出力をハイインピーダンスにすることで過度の消費電力を防ぎます。レシーバ入力は、入力がオープン回路の場合にロジックハイ出力を保証するフェイルセーフ機能を備えています。

MAX487EおよびMAX1487Eはレシーバの入力インピーダンスが1/4ユニット負荷であるため、最大128個のトランシーバをバスに接続することができます。MAX488E~MAX491Eはフルデュープレックス通信用、MAX481E、MAX483E、MAX485E、MAX487EおよびMAX1487Eはハーフデュープレックス通信用に設計されています。環境がそれほど過酷でない場合には、ピン配置および機能がコンパチブルなMAX481、MAX483、MAX485、MAX487~MAX491およびMAX1487をご使用ください。

簡易ブロック図

MAX1487E、MAX481E、MAX483E、MAX485E、MAX487E、MAX488E、MAX489E、MAX490E、MAX491E:ピン配置および標準動作回路 MAX1487E、MAX481E、MAX483E、MAX485E、MAX487E、MAX488E、MAX489E、MAX490E、MAX491E:ピン配置および標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。