MAX3430

±80Vフォルト保護、フェイルセーフ、1/4負荷、+3.3V RS-485トランシーバ

±80Vフォルト保護、フェイルセーフ、1/4負荷、+3.3V RS-485トランシーバ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

フォルト保護RS-485トランシーバのMAX3430は、通信バスライン上の過電圧による信号フォルトに対して±80Vの保護を備えています。これらのデバイスは、ドライバとレシーバを各1個内蔵しています。出力ピンは、グランドに対して最大±80Vのフォルトに耐えることができます。トランシーバがアクティブ、シャットダウン、または電源オフのときフォルトが発生しても、デバイスは破損しません。MAX3430は、3.3V電源で動作し、ドライバのスルーレートが制限されているためEMIが最小限に抑制されケーブルの不適切な終端に起因する反射が低減され、最高250kbpsのデータレートでエラーのない伝送が可能です。MAX3430は、1/4単位負荷のレシーバ入力インピーダンスを備えており、最大128個のトランシーバを単一バス上に接続でき、レシーバ入力が開放のときレシーバ出力を確実にロジックハイにするフェイルセーフ回路を内蔵しています。

ホットスワップ回路が、回路初期化中や通電中のバックプレーンへの接続時にデータケーブルで発生する誤遷移を防止します。短絡電流制限とサーマルシャットダウン回路が過大な電力損失に対してドライバを保護します。

MAX3430は、8ピンSOおよび8ピンPDIPパッケージで提供され、民生用および工業用温度範囲での動作が保証されています。
MAX3430:標準動作回路 MAX3430:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • ±80Vフォルト保護
  • ±12kV ESD保護
  • +3.3V動作
  • 内部スルーレート制限
  • データレート:250kbps
  • 最大128個のトランシーバをバスに接続可能
  • コモンモード入力電圧範囲:-7V~+12V
  • 真のフェイルセーフ入力
  • DEのホットスワップ入力構造
  • 8ピンSOと8ピンPDIPパッケージ

アプリケーション/用途

  • 産業用制御ローカルエリアネットワーク
  • 照明装置
  • マルチマスターRS-485ネットワーク
  • PROFIBUSアプリケーション
  • RS-422/RS-485通信

Pricing Notes:
This pricing is BUDGETARY, for comparing similar parts. Prices are in U.S. dollars and subject to change. Quantity pricing may vary substantially and international prices may differ due to local duties, taxes, fees, and exchange rates. For volume-specific and version-specific prices and delivery, please see the price and availability page or contact an authorized distributor.

技術資料

チュートリアル 4697 インダストリアルモータ制御システムの概要
製品の信頼性レポート: MAX3430.pdf 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX33072E
+3V~+5.5V、極性反転RS-485ハーフデュプレックストランシーバ、±65Vフォルト保護、±40V CMR、および±40kV ESD保護内蔵

  • 内部保護によって堅牢な通信を実現
  • 高性能トランシーバによって柔軟な設計を実現

MAX33073E
+3V~+5.5V、極性反転RS-485ハーフデュプレックストランシーバ、±65Vフォルト保護、±40V CMR、および±40kV ESD保護内蔵

  • 内部保護によって堅牢な通信を実現
  • 高性能トランシーバによって柔軟な設計を実現

MAX22088
ホームバスシステム(HBS)対応トランシーバ

  • 高集積によって部品数および実装面積を削減
  • 設定自由度によって柔軟な設計を実現
  • 内部保護によって堅牢な通信を実現

種類 ID タイトル
チュートリアル 4697 インダストリアルモータ制御システムの概要