MAX33251ESHLD

MAX33251Eの評価キット


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX33251Eシールドは、ロジックUART側とフィールド側の間に600VRMS (60秒)のガルバニック絶縁を備えた絶縁型1Tx/1Rx RS-232トランシーバのMAX33251Eの機能を実証する完全実装および試験済みPCBです。絶縁障壁はロジックUART側をフィールド側からの電気的過渡ストライクから保護します。また、データの送受信を妨害する可能性のあるグランドループおよび2つの側の間の大きいグランド電位差を遮断します。MAX33251EはEIA/TIA-232E規格に準拠し、最大1Mbpsのデータレートで動作します。

主な特長

  • 単一電源
  • ボード上の絶縁型DC-DC電源
  • Arduino/Mbedシールドインタフェース形状
  • DCE/DTE選択可能DB9ピン配置

アプリケーション/用途

  • 通信システム
  • 診断装置
  • GPS装置
  • 産業用機器
  • 医療用機器
  • POSシステム

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX33251ESHLD 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX22503E
100Mbps Full-Duplex 3V/5V RS-485/RS-422 Transceiver with High EFT Immunity

  • High-Speed Operation
  • Integrated Protection Increases Robustness
  • Flexibility for Many Different Applications