MAX33250ESHLD

MAX33250Eの評価キット


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX33250Eシールドは、ロジックUART側とフィールド側の間に600VRMS (60秒)のガルバニック絶縁を備えた絶縁型2Tx/2Rx RS-232トランシーバのMAX33250Eの機能を実証する完全実装および試験済みPCBです。絶縁障壁はロジックUART側をフィールド側からの電気的過渡ストライクから保護します。また、データの送受信を妨害する可能性のあるグランドループおよび2つの側の間の大きいグランド電位差を遮断します。MAX33250EはEIA/TIA-232E規格に準拠し、最大1Mbpsのデータレートで動作します。

主な特長

  • 単一電源
  • 内蔵絶縁電源
  • Arduino/Mbedシールドインタフェースおよび形状
  • DCE/DTE選択可能DB9ピン配置

アプリケーション/用途

  • 通信システム
  • 診断装置
  • GPS装置
  • 産業用機器
  • 医療用機器
  • POSシステム
信頼性レポートをリクエスト: MAX33250ESHLD 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX33073E
+3V to +5.5V, Polarity Invert RS-485 Half-Duplex Transceiver with ±65V Fault Protection, ±40V CMR, and ±40kV ESD

  • Integrated Protection for Robust Communication
  • High-Performance Transceiver Enables Flexible Designs

MAX33072E
+3V to +5.5V, Polarity Invert RS-485 Half-Duplex Transceiver with ±65V Fault Protection, ±40V CMR, and ±40kV ESD

  • Integrated Protection for Robust Communication
  • High-Performance Transceiver Enables Flexible Designs

MAX22088
ホームバスシステム(HBS)対応トランシーバ

  • 高集積によって部品数および実装面積を削減
  • 設定自由度によって柔軟な設計を実現
  • 内部保護によって堅牢な通信を実現

MAX14829
低電力IO-Linkデバイストランシーバ、デュアルドライバ内蔵

  • 低消費電力によって小型センサーのサーマルフットプリントを削減
  • 設定自由度と集積によってSKU (在庫)を削減
  • 選択可能なドライバ内蔵保護によって堅牢な通信を実現

MAX33011E
+5V、5Mbps CANトランシーバ、±65Vフォルト保護、フォルト検出/報告、±25V CMR、および±45kV ESD保護内蔵

  • 内蔵保護によって堅牢性を向上
  • 柔軟な設計オプションを提供するファミリ
  • フォルト検出および報告

MAX33012E
+5V、5Mbps CANトランシーバ、±65Vフォルト保護、フォルト検出/報告、±25V CMR、および±45kV ESD保護内蔵

  • 内蔵保護によって堅牢性を向上
  • 柔軟な設計オプションを提供するファミリ
  • フォルト検出および報告

MAX33014E
+5V、5Mbps CANトランシーバ、±65Vフォルト保護、フォルト検出/報告、±25V CMR、および±45kV ESD保護内蔵

  • 内蔵保護によって堅牢性を向上
  • 柔軟な設計オプションを提供するファミリ
  • フォルト検出および報告

MAX33015E
+5V、5Mbps CANトランシーバ、±65Vフォルト保護、フォルト検出/報告、±25V CMR、および±45kV ESD保護内蔵

  • 内蔵保護によって堅牢性を向上
  • 柔軟な設計オプションを提供するファミリ
  • フォルト検出および報告