先頭に戻る

2.5V、1µA、460kbps、RS-232対応トランシーバ

製品の詳細

MAX3316~MAX3319は、デュアルチャージポンプを使用して+2.25V~+3.0Vの電源でRS-232コンパチブル性能を実現するマキシム独自の低ドロップアウトトランスミッタ出力段を備えたトランシーバです。これらの製品は、僅か4つの0.1µFコンデンサを必要とするだけで、最高460kbpsのデータレートで動作することが保証されています。

MAX3318/MAX3319は、マキシムの画期的なAutoShutdown Plus™機能により1µAの消費電流を実現しています。これらはRS-232ケーブルの接続が切断されるか、接続されている周辺機器のトランスミッタがアクティブでない状態が30秒間経過すると自動的に低パワーシャットダウンモードになります。いずれかのトランスミッタまたはレシーバ入力に有効な遷移が検出されると再びオンになります。AutoShutdown Plus機能により、既存のBIOSやオペレーティングシステムを変更せずに電力を節約できます。MAX3318は2-Tx/2-Rxで、一方MAX3319は1-Tx/1-Rxです。両製品共、チャージポンプが安定して装置が送信可能になるとアサートするロジックレベル出力(READY)を備えています。

MAX3316/MAX3317は2-Tx/2-Rxトランシーバです。MAX3317は、アクティブローSHDNをローに駆動すると1µAのシャットダウンモードになります。MAX3317のレシーバはシャットダウンモード中アクティブの状態のままになり、僅か1µAの消費電流でモデムなどの外部装置を監視できるようにしています。

MAX3316は16ピンSSOPおよび20ピンTSSOP、MAX3317/MAX3318は20ピンSSOPおよび20ピンTSSOP、MAX3319は16ピンSSOPの省スペースパッケージでそれぞれ提供されています。

主な機能

  • AutoShutdown Plus (MAX3318/MAX3319)
  • 動作消費電流:300µA
  • レシーバがアクティブな状態における低パワーシャットダウン:1µA
  • 保証データレート:460kbps
  • 保証スルーレート:4V/µs
  • RS-232コンパチプル:最低2.25Vまで

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • 全地球測位システム(GPS)
  • ハンドヘルド電子ブック
  • ハンドヘルド機器(PDA、パームトップ)
  • ハンディターミナル
  • ページャ
  • パームトップコンピュータ
Parametric specs for RS-232 Line Driver/Receivers
# Rx 2
# Tx 2
VSUPPLY (V) 3
Data Rate (kbps) (min) 460
ICC (mA) (typ) 0.3
Internal Charge Pump Yes
External Caps 4
Cap. Value (µF) (nom) 0.1
Package/Pins SSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
$4.51 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX3316、MAX3317、MAX3318、MAX3319:標準動作回路 MAX3316、MAX3317、MAX3318、MAX3319:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for RS-232 Line Driver/Receivers
# Rx 2
# Tx 2
VSUPPLY (V) 3
Data Rate (kbps) (min) 460
ICC (mA) (typ) 0.3
Internal Charge Pump Yes
External Caps 4
Cap. Value (µF) (nom) 0.1
Package/Pins SSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
$4.51 @1k

主な機能

  • AutoShutdown Plus (MAX3318/MAX3319)
  • 動作消費電流:300µA
  • レシーバがアクティブな状態における低パワーシャットダウン:1µA
  • 保証データレート:460kbps
  • 保証スルーレート:4V/µs
  • RS-232コンパチプル:最低2.25Vまで

アプリケーション/用途

  • 携帯電話
  • 全地球測位システム(GPS)
  • ハンドヘルド電子ブック
  • ハンドヘルド機器(PDA、パームトップ)
  • ハンディターミナル
  • ページャ
  • パームトップコンピュータ

説明

MAX3316~MAX3319は、デュアルチャージポンプを使用して+2.25V~+3.0Vの電源でRS-232コンパチブル性能を実現するマキシム独自の低ドロップアウトトランスミッタ出力段を備えたトランシーバです。これらの製品は、僅か4つの0.1µFコンデンサを必要とするだけで、最高460kbpsのデータレートで動作することが保証されています。

MAX3318/MAX3319は、マキシムの画期的なAutoShutdown Plus™機能により1µAの消費電流を実現しています。これらはRS-232ケーブルの接続が切断されるか、接続されている周辺機器のトランスミッタがアクティブでない状態が30秒間経過すると自動的に低パワーシャットダウンモードになります。いずれかのトランスミッタまたはレシーバ入力に有効な遷移が検出されると再びオンになります。AutoShutdown Plus機能により、既存のBIOSやオペレーティングシステムを変更せずに電力を節約できます。MAX3318は2-Tx/2-Rxで、一方MAX3319は1-Tx/1-Rxです。両製品共、チャージポンプが安定して装置が送信可能になるとアサートするロジックレベル出力(READY)を備えています。

MAX3316/MAX3317は2-Tx/2-Rxトランシーバです。MAX3317は、アクティブローSHDNをローに駆動すると1µAのシャットダウンモードになります。MAX3317のレシーバはシャットダウンモード中アクティブの状態のままになり、僅か1µAの消費電流でモデムなどの外部装置を監視できるようにしています。

MAX3316は16ピンSSOPおよび20ピンTSSOP、MAX3317/MAX3318は20ピンSSOPおよび20ピンTSSOP、MAX3319は16ピンSSOPの省スペースパッケージでそれぞれ提供されています。

簡略化されたブロック図

MAX3316、MAX3317、MAX3318、MAX3319:標準動作回路 MAX3316、MAX3317、MAX3318、MAX3319:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。