先頭に戻る

±50V絶縁型、3.0V~5.5V、250kbps、2 Tx/2 Rx、RS-232トランシーバ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for RS-232 Line Driver/Receivers
# Rx 2
# Tx 2
VSUPPLY (V) 3
5
Data Rate (kbps) (min) 250
ICC (mA) (typ) 15
Internal Charge Pump Yes
External Caps 9
Cap. Value (µF) (nom) 0.47
Isolation (±kV) 50
Package/Pins SSOP HYBRID/28
Budgetary
Price (See Notes)
4.01
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。参照: サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for RS-232 Line Driver/Receivers
# Rx 2
# Tx 2
VSUPPLY (V) 3
5
Data Rate (kbps) (min) 250
ICC (mA) (typ) 15
Internal Charge Pump Yes
External Caps 9
Cap. Value (µF) (nom) 0.47
Isolation (±kV) 50
Package/Pins SSOP HYBRID/28
Budgetary
Price (See Notes)
4.01

主な特長

  • 高いコモンモード電圧によってデータレートを維持したまま絶縁がグランドループを遮断
    • 絶縁:±50V
    • 保証データレート:250kbps
    • アクティブローFAULT出力によって過度の絶縁側電圧を通知
  • 絶縁とRS-232の集積によってスペースを節約
    • SSOPパッケージ
  • シャットダウンによって複数のインタフェース(IrDA、RS-232、RS-485)を同じUARTに接続可能
    • シャットダウン時のハイインピーダンストランスミッタ/レシーバ出力
    • シャットダウン消費電流:20µA
  • インダクタレス/トランスレス設計によってEMI準拠を簡素化
  • 光絶縁トランシーバの低コスト代替品
  • 最低3.0VまでのEIA/TIA-232規格に適合

アプリケーション/用途

  • 診断用ポート
  • 産業用制御
  • PCからルータへの接続
  • POS端末
  • プログラマブルロジックコントローラ
  • テレコム機器

説明

MAX3250は、高データレート、3.0V~5.5V電源の±50VアイソレーションEIA/TIA-232およびV.28/V.24通信インタフェースです。このデバイスは、RS-232側とロジック側間が最大±50Vの電位差(ISOCOMとGND間)で動作するデュアルチップ部品です。これは、コモンモード電圧の高い雑音環境での動作に最適なデバイスです。この機能によって、RS-232ラインを誤って+24Vや±48Vパワーバスに短絡した場合にデバイスの損傷を防止することができます。

MAX3250は、ロジック側で3V~5.5Vの単一電源から給電されます。電力は、±100Vの外付けコンデンサによってロジック側から絶縁側に伝送されます。

MAX3250は、レシーバ(Rx)とドライバ(Tx)を2個ずつ備え、250kbpsのデータレートで確実に動作し、その間RS-232出力レベルを維持します。トランシーバは、独自の低ドロップアウトトランスミッタ出力段を備え、3.0V~5.5V電源でデュアルチャージポンプを使用して真のRS-232動作を行います。このデバイスは、アクティブローFAULTオープンドレイン出力を備えており、RS-232入力でのアイソレーション側過電圧状態を信号として送信します。この出力は、アラームLEDを駆動するか、プロセッサによる監視で、こうした状況での動作を防止することができます。レシーバ出力は、シャットダウンの際にハイインピーダンスになるため、複数のインタフェース(IrDA、RS-232、RS-485)を同じUARTに接続することができます。

MAX3250は、省スペースの28ピンSSOPパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX3250:標準動作回路 MAX3250:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。参照: サポートセンター をご利用ください。