MAX3232E

±15kV ESD保護、最小10nA、3.0V~5.5V、最大1Mbps、真のRS-232トランシーバ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

+3.0V電源、EIA/TIA-232およびV.28/V.24通信インタフェースデバイスのMAX3222E/MAX3232E/MAX3237E/MAX3241E/MAX3246Eは、低消費電力、高データレートおよび、ESD保護強化機能が特長です。このESDに対する強化機能では、IEC 1000-4-2気中放電を用いて±15kV、IEC 1000-4-2接触放電を用いて±8kV (MAX3246Eでは±9kV)、ヒューマンボディモデルを用いて±15kVに対してすべてのトランスミッタ出力とレシーバ入力を保護します。MAX3237EのロジックとレシーバI/Oピンは、上記規格に従って保護されますが、トランスミッタ出力ピンは、ヒューマンボディモデルを用いた±15kVに対して保護されます。

独自の低ドロップアウトトランスミッタ出力段は、+3.0V~+5.5V電源で内部デュアルチャージポンプを使用して真のRS-232動作を行います。チャージポンプは、4個の小型0.1µFコンデンサがあれば+3.3V電源で動作します。各デバイスは、250kbpsのデータレートで確実に動作し、その間RS-232出力レベルを維持します。MAX3237Eは、通常動作モードでは250kbpsで、またMegaBaud™モードでは1Mbpsで確実に動作し、その間RS-232対応出力レベルを維持します。

MAX3222E/MAX3232Eは、2個のレシーバと2個のトランスミッタを備えています。MAX3222Eは、バッテリ駆動携帯機器の消費電力を低減する1µAシャットダウンモードを備えています。MAX3222Eレシーバは、シャットダウンモードでもアクティブな状態を保つので、わずか1µAの消費電流で外付けデバイスを監視することができます。MAX3222EとMAX3232Eは、それぞれ業界標準MAX242およびMAX232とピン、パッケージ、および機能コンパチブルです。

MAX3241E/MAX3246Eは、ノートブックとサブノートブックコンピュータ用に設計された完全なシリアルポート(3個のドライバ/5個のレシーバ)です。MAX3237E (5個のドライバ/3個のレシーバ)は、高速データ転送を必要とする周辺装置アプリケーションに最適です。これらのデバイスは、すべてのレシーバがアクティブ状態のシャットダウンモードが特長で、このモードでの消費電流はわずか1µA (MAX3241E/MAX3246E)もしくは10nA (MAX3237E)です。

MAX3222E、MAX3232E、MAX3241Eは、省スペースのSO、SSOP、TQFNおよびTSSOPパッケージで提供されます。MAX3237Eは、SSOPパッケージで提供されます。MAX3246Eは、超小型6 x 6 UCSP™パッケージで提供されます。
MAX3222E、MAX3232E、MAX3237E、MAX3241E、MAX3246E:標準動作回路 MAX3222E、MAX3232E、MAX3237E、MAX3241E、MAX3246E:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • スペースに制限のアプリケーション向け
    • MAX3228E/MAX3229E:±15kV ESD保護、+2.5V~+5.5V、RS-232トランシーバ、UCSPパッケージ
  • 低電圧またはデータケーブルアプリケーション向け
    • MAX3380E/MAX3381E:+2.35V~+5.5V、1µA、2Tx/2Rx、±15kV ESD保護I/Oおよびロジック端子付きRS-232トランシーバ

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動機器
  • 携帯電話データケーブル
  • 携帯電話/スマートフォン
  • ノートブック、サブノートブック、およびパームトップコンピュータ
  • プリンタ
  • XDSLモデム
Part NumberVSUPPLY
(V)
TxRxData Rate
(kbps)
ICC
(mA)
Internal Charge PumpExt. CapsCap. Value
(µF)
ESD Protect.
(±kV)
Rx Active in ShutdnPackage/PinsBudgetary
Price
mintypnomSee Notes
MAX3222E 
3.3
5
222500.3Yes40.1152
PDIP/18
SOIC (W)/18
SSOP/20
TQFN/20
TSSOP/20
$2.39 @1k
MAX3232E 222500
PDIP/16
SOIC (N)/16
SOIC (W)/16
SSOP/16
TQFN/16
TSSOP/16
TSSOP/20
$2.95 @1k
MAX3237E 5310003
SSOP/28
$2.25 @1k
MAX3241E 352505
SOIC (W)/28
SSOP/28
TQFN/32
TSSOP/28
$4.96 @1k
全RS-232 Line Driver/Receivers (136)
価格についての注:
このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。


MAX3232PMB1: MAX3232PMB1ペリフェラルモジュール

技術資料

チュートリアル 4685 持続的気道陽圧法(CPAP)人工呼吸器装置の機能
アプリケーションノート 4223 RS-232トランシーバの進化
アプリケーションノート 3741 Analog ICs for Low Voltage Systems
アプリケーションノート 3024 IrDA and RS-232: A Match Made in Silicon
チュートリアル 2141 Determining Clock Accuracy Requirements for UART Communications

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX3232E.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

その他リソース

RS-232リソース

ツールおよびモデル

  • MAX3232E IBISモデル
  • CAD Symbols and Footprints

  • MAX3232ECAE+
  • MAX3232ECAE+T
  • MAX3232ECPE+
  • MAX3232ECSE+
  • MAX3232ECSE+T
  • MAX3232ECTE+
  • MAX3232ECTE+T
  • MAX3232ECUE+
  • MAX3232ECUE+T
  • MAX3232ECUP+
  • MAX3232ECUP+T
  • MAX3232ECWE+
  • MAX3232ECWE+T
  • MAX3232EEAE+
  • MAX3232EEPE+
  • MAX3232EESE+
  • MAX3232EESE+T
  • MAX3232EETE+
  • MAX3232EETE+T
  • MAX3232EEUE+
  • MAX3232EEUE+T
  • MAX3232EEUP+
  • MAX3232EEUP+T
  • MAX3232EEWE+
  • MAX3232EEWE+T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース


    MAX22515
    IO-Link Transceiver with Integrated Protection

    • High Configurability and Integration Reduces SKU
    • Integrated Protection Enables Robust Systems
    • Optimized for Small Designs

    MAX22503E
    100Mbpsフルデュプレックス3V/5V RS-485/RS-422トランシーバ、高EFT耐性

    • 高速動作
    • 内部保護によって堅牢性を向上
    • 各種のアプリケーションに対応する柔軟性

    種類 ID PDF タイトル
    チュートリアル 4685 持続的気道陽圧法(CPAP)人工呼吸器装置の機能
    アプリケーションノート 4223 RS-232トランシーバの進化
    アプリケーションノート 3741 Analog ICs for Low Voltage Systems
    アプリケーションノート 3024 IrDA and RS-232: A Match Made in Silicon
    チュートリアル 2141 Determining Clock Accuracy Requirements for UART Communications