先頭に戻る

AutoShutdown Plus付き、±15kV ESD保護、1µA、1Mbps、3.0V~5.5V、RS-232トランシーバ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • スペースに制限のあるアプリケーション用:
    • MAX3228E/MAX3229E:±15kV ESD保護、+2.5V~+5.5V、RS-232トランシーバ、UCSP™パッケージ
    • MAX3222E/MAX3232E/MAX3241E/MAX3246E:±15kV ESD保護、最低10nA、+3.0V~+5.5V、最大1Mbps、真のRS-232トランシーバ(MAX3246EはUCSPパッケージで入手可能)
  • 低電圧またはデータケーブルアプリケーション用:
    • MAX3380E/MAX3381E:+2.35V~+5.5V、1µA、±15kV ESD保護I/Oおよびロジックピン付き2Tx/2Rx RS-232トランシーバ

アプリケーション/用途

  • 車載用
  • バッテリ駆動機器
  • 携帯電話
  • ハンドヘルド機器
  • ノートブック、サブノートブック、およびパームトップコンピュータ
  • 周辺機器
  • プリンタ

説明

MAX3224E/MAX3225E/MAX3226E/MAX3227E/MAX3244E/MAX3245Eは、自動シャットダウン/ウェイクアップ機能、高データレート機能、および高度な静電放電(ESD)保護機能を備えた、3V駆動のEIA/TIA-232およびV.28/V.24通信インタフェースです。全てのトランスミッタ出力およびレシーバ入力は、IEC 1000-4-2エアギャップ放電モデルで±15kVまで、IEC 1000-4-2接触放電モデルで±8kVまで、ヒューマンモデルで±15kVまで保護されています。

これらのデバイスは、マキシムの画期的なAutoShutdown Plus™機能により、僅か1µAの消費電流を実現しています。RS-232ケーブルの接続が切断された時、あるいは周辺機器のトランスミッタがオフになるか、またはトランスミッタ入力を駆動しているUARTが30秒以上オフになると自動的に低電力シャットダウンモードになり、任意のトランスミッタまたはレシーバ入力で有効な遷移が検出されると、再びオンになります。AutoShutdown Plusは、既存のBIOSやオペレーティングシステムに変更を加えることなく電力を節約できます。

MAX3225E/MAX3227E/MAX3245Eは、ISDNモデム通信等の高速アプリケーションに対して1Mbpsを保証するMegaBaud™も備えています。MAX3224E/MAX3226E/MAX3244Eは250kbps動作を保証します。これらのトランシーバは、独自の低ドロップアウトトランスミッタ出力段を備え、デュアルチャージポンプを併用することにより、+3.0V~+5.5V電源から真のRS-232性能を実現しています。3.3V電源動作でチャージポンプに必要なものは、小さな0.1µFコンデンサ4つだけです。MAX3224E~MAX3227Eは、チャージポンプが安定し、デバイスが伝送を開始できるようになると、ロジックレベル出力(READY)を発生するようになっています。

これらのデバイスは、全て省スペースのTQFN、SSOP、およびTSSOP (MAX3224E/MAX3225E/MAX3244E/MAX3245E)パッケージで提供されています。

簡易ブロック図

MAX3224E、MAX3225E、MAX3226E、MAX3227E、MAX3244E、MAX3245E:標準動作回路 MAX3224E、MAX3225E、MAX3226E、MAX3227E、MAX3244E、MAX3245E:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。