先頭に戻る

±15kV ESD保護、最小10nA、3.0V~5.5V、最大1Mbps、真のRS-232トランシーバ

製品の詳細

+3.0V電源、EIA/TIA-232およびV.28/V.24通信インタフェースデバイスのMAX3222E/MAX3232E/MAX3237E/MAX3241E/MAX3246Eは、低消費電力、高データレートおよび、ESD保護強化機能が特長です。このESDに対する強化機能では、IEC 1000-4-2気中放電を用いて±15kV、IEC 1000-4-2接触放電を用いて±8kV (MAX3246Eでは±9kV)、ヒューマンボディモデルを用いて±15kVに対してすべてのトランスミッタ出力とレシーバ入力を保護します。MAX3237EのロジックとレシーバI/Oピンは、上記規格に従って保護されますが、トランスミッタ出力ピンは、ヒューマンボディモデルを用いた±15kVに対して保護されます。

独自の低ドロップアウトトランスミッタ出力段は、+3.0V~+5.5V電源で内部デュアルチャージポンプを使用して真のRS-232動作を行います。チャージポンプは、4個の小型0.1µFコンデンサがあれば+3.3V電源で動作します。各デバイスは、250kbpsのデータレートで確実に動作し、その間RS-232出力レベルを維持します。MAX3237Eは、通常動作モードでは250kbpsで、またMegaBaud™モードでは1Mbpsで確実に動作し、その間RS-232対応出力レベルを維持します。

MAX3222E/MAX3232Eは、2個のレシーバと2個のトランスミッタを備えています。MAX3222Eは、バッテリ駆動携帯機器の消費電力を低減する1µAシャットダウンモードを備えています。MAX3222Eレシーバは、シャットダウンモードでもアクティブな状態を保つので、わずか1µAの消費電流で外付けデバイスを監視することができます。MAX3222EとMAX3232Eは、それぞれ業界標準MAX242およびMAX232とピン、パッケージ、および機能コンパチブルです。

MAX3241E/MAX3246Eは、ノートブックとサブノートブックコンピュータ用に設計された完全なシリアルポート(3個のドライバ/5個のレシーバ)です。MAX3237E (5個のドライバ/3個のレシーバ)は、高速データ転送を必要とする周辺装置アプリケーションに最適です。これらのデバイスは、すべてのレシーバがアクティブ状態のシャットダウンモードが特長で、このモードでの消費電流はわずか1µA (MAX3241E/MAX3246E)もしくは10nA (MAX3237E)です。

MAX3222E、MAX3232E、MAX3241Eは、省スペースのSO、SSOP、TQFNおよびTSSOPパッケージで提供されます。MAX3237Eは、SSOPパッケージで提供されます。MAX3246Eは、超小型6 x 6 UCSP™パッケージで提供されます。

主な機能

  • スペースに制限のアプリケーション向け
    • MAX3228E/MAX3229E:±15kV ESD保護、+2.5V~+5.5V、RS-232トランシーバ、UCSPパッケージ
  • 低電圧またはデータケーブルアプリケーション向け
    • MAX3380E/MAX3381E:+2.35V~+5.5V、1µA、2Tx/2Rx、±15kV ESD保護I/Oおよびロジック端子付きRS-232トランシーバ

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動機器
  • 携帯電話データケーブル
  • 携帯電話/スマートフォン
  • ノートブック、サブノートブック、およびパームトップコンピュータ
  • プリンタ
  • XDSLモデム
Parametric specs for RS-232 Line Driver/Receivers
# Rx 2
# Tx 2
VSUPPLY (V) 5
Data Rate (kbps) (min) 250
ICC (mA) (typ) 0.3
Internal Charge Pump Yes
External Caps 4
Cap. Value (µF) (nom) 0.1
ESD Protect. (±kV) 15
Package/Pins PDIP/18
SOIC (W)/18
SSOP/20
TQFN/20
TSSOP/20
Budgetary
Price (See Notes)
$2.51 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX3222E、MAX3232E、MAX3237E、MAX3241E、MAX3246E:標準動作回路 MAX3222E、MAX3232E、MAX3237E、MAX3241E、MAX3246E:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

追加リソース
RS-232リソース

説明

MAX3232PMB1ペリフェラルモジュールは、真のRS-232トランシーバのMAX3232EをUART通信用に設定可能なPmod™対応拡張ポートを利用する任意のシステムとインタフェースするために必要なハードウェアを提供します。このICは、2つのレシーバと2つのトランスミッタを備え、これらを使用して、RS-232データ送信/受信チャネルやオプションのCTSおよびRTSハンドシェイクを実装します。RS-232側の入力/出力レベルは、デュアルチャージポンプを内蔵して達成された、真のRS-232です。

MAX3232E ICの動作についての詳細は、このICのデータシートを参照してください。

詳細を見る

特長

  • トランスミッタ出力とレシーバ入力を±15kVまで保護
  • RS-232 DCEを実装
  • 3.3Vの単一電源で真のRS-232レベル
  • 6ピンPmod対応コネクタ(Pmodインタフェースタイプ4 UART)
  • RoHS準拠
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for RS-232 Line Driver/Receivers
# Rx 2
# Tx 2
VSUPPLY (V) 5
Data Rate (kbps) (min) 250
ICC (mA) (typ) 0.3
Internal Charge Pump Yes
External Caps 4
Cap. Value (µF) (nom) 0.1
ESD Protect. (±kV) 15
Package/Pins PDIP/18
SOIC (W)/18
SSOP/20
TQFN/20
TSSOP/20
Budgetary
Price (See Notes)
$2.51 @1k

主な機能

  • スペースに制限のアプリケーション向け
    • MAX3228E/MAX3229E:±15kV ESD保護、+2.5V~+5.5V、RS-232トランシーバ、UCSPパッケージ
  • 低電圧またはデータケーブルアプリケーション向け
    • MAX3380E/MAX3381E:+2.35V~+5.5V、1µA、2Tx/2Rx、±15kV ESD保護I/Oおよびロジック端子付きRS-232トランシーバ

アプリケーション/用途

  • バッテリ駆動機器
  • 携帯電話データケーブル
  • 携帯電話/スマートフォン
  • ノートブック、サブノートブック、およびパームトップコンピュータ
  • プリンタ
  • XDSLモデム

説明

+3.0V電源、EIA/TIA-232およびV.28/V.24通信インタフェースデバイスのMAX3222E/MAX3232E/MAX3237E/MAX3241E/MAX3246Eは、低消費電力、高データレートおよび、ESD保護強化機能が特長です。このESDに対する強化機能では、IEC 1000-4-2気中放電を用いて±15kV、IEC 1000-4-2接触放電を用いて±8kV (MAX3246Eでは±9kV)、ヒューマンボディモデルを用いて±15kVに対してすべてのトランスミッタ出力とレシーバ入力を保護します。MAX3237EのロジックとレシーバI/Oピンは、上記規格に従って保護されますが、トランスミッタ出力ピンは、ヒューマンボディモデルを用いた±15kVに対して保護されます。

独自の低ドロップアウトトランスミッタ出力段は、+3.0V~+5.5V電源で内部デュアルチャージポンプを使用して真のRS-232動作を行います。チャージポンプは、4個の小型0.1µFコンデンサがあれば+3.3V電源で動作します。各デバイスは、250kbpsのデータレートで確実に動作し、その間RS-232出力レベルを維持します。MAX3237Eは、通常動作モードでは250kbpsで、またMegaBaud™モードでは1Mbpsで確実に動作し、その間RS-232対応出力レベルを維持します。

MAX3222E/MAX3232Eは、2個のレシーバと2個のトランスミッタを備えています。MAX3222Eは、バッテリ駆動携帯機器の消費電力を低減する1µAシャットダウンモードを備えています。MAX3222Eレシーバは、シャットダウンモードでもアクティブな状態を保つので、わずか1µAの消費電流で外付けデバイスを監視することができます。MAX3222EとMAX3232Eは、それぞれ業界標準MAX242およびMAX232とピン、パッケージ、および機能コンパチブルです。

MAX3241E/MAX3246Eは、ノートブックとサブノートブックコンピュータ用に設計された完全なシリアルポート(3個のドライバ/5個のレシーバ)です。MAX3237E (5個のドライバ/3個のレシーバ)は、高速データ転送を必要とする周辺装置アプリケーションに最適です。これらのデバイスは、すべてのレシーバがアクティブ状態のシャットダウンモードが特長で、このモードでの消費電流はわずか1µA (MAX3241E/MAX3246E)もしくは10nA (MAX3237E)です。

MAX3222E、MAX3232E、MAX3241Eは、省スペースのSO、SSOP、TQFNおよびTSSOPパッケージで提供されます。MAX3237Eは、SSOPパッケージで提供されます。MAX3246Eは、超小型6 x 6 UCSP™パッケージで提供されます。

簡略化されたブロック図

MAX3222E、MAX3232E、MAX3237E、MAX3241E、MAX3246E:標準動作回路 MAX3222E、MAX3232E、MAX3237E、MAX3241E、MAX3246E:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。