MAX3189E

±15kV ESD保護、1Mbps、1µA、RS-232トランスミッタ、6ピンSOT23

業界初、±15kV ESD保護RS-232トランスミッタ、SOTパッケージ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX3188E/MAX3189Eは、最小限のRS-232通信を必要とするスペースおよびコストの限られたアプリケーション用として、シングルRS-232トランスミッタを6ピンSOT23パッケージに収めています。これらの素子は、±4.5V~±6V電源から僅か150µAの消費電流で動作します。シャットダウン時は消費電流を僅か1µAに低減し、トランスミッタ出力を強制的にハイインピーダンス状態にします。RS-232データ伝送速度はMAX3188Eの場合250kbps、MAX3189Eの場合は1Mbpsまでが保証されています。

MAX3188E/MAX3189Eは、CMOS/TTLロジックレベルをRS-232適合信号に変換するEIA/TIA-232トランスミッタです。トランスミッタ出力は、IEC 1000-4-2エアギャップ放電法で±15kV、IEC 1000-4-2接触放電法で±8kV、ヒューマンボディモデルで±15kVまで保護されているため、厳しい国際規格に適合します。MAX3188E/MAX3189Eトランスミッタは標準反転出力を持っています。
MAX3188E、MAX3189E:標準動作回路 MAX3188E、MAX3189E:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • パッケージ:小型6ピンSOT23
  • ESD保護付きのRS-232出力
    • ヒューマンボディモデルで±15kV
    • IEC 1000-4-2接触放電法で±8kV
    • IEC 1000-4-2エアギャップ放電法で±15kV
  • 動作消費電流:150µA
  • シャットダウン時の消費電流:1µA
  • 保証データ速度
    • 1Mbps (MAX3189E)
    • 250kbps (MAX3188E)
  • スリーステートRS-232トランスミッタ出力
  • 外付部品不要

アプリケーション/用途

  • 診断用ポート
  • デジタルスチルカメラ
  • ハンドヘルド機器
  • ネットワーク機器
  • セットトップボックス
  • テレコム
Part NumberVSUPPLY (Dual)
(±V)
TxRxData Rate
(kbps)
ICC
(mA)
Internal Charge PumpExt. CapsESD Protect.
(±kV)
Package/PinsBudgetary
Price
DualmintypSee Notes
MAX3188E 5102500.144No015
SOT23/6
$0.92 @1k
MAX3189E 1000
SOT23/6
-
全RS-232 Line Driver/Receivers (136)
価格についての注:
このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。

技術資料

チュートリアル 2141 Determining Clock Accuracy Requirements for UART Communications

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX3189E 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

CAD Symbols and Footprints

  • MAX3189EEUT+
  • MAX3189EEUT+T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース


    MAX22503E
    100Mbpsフルデュプレックス3V/5V RS-485/RS-422トランシーバ、高EFT耐性

    • 高速動作
    • 内部保護によって堅牢性を向上
    • 各種のアプリケーションに対応する柔軟性


    種類 ID PDF タイトル
    チュートリアル 2141 Determining Clock Accuracy Requirements for UART Communications