先頭に戻る

±15kV ESD保護、10Mbps、3V/5V、低電力、クワッドRS-422/RS-485レシーバ

低電力、ESD保護、34C86のピン互換アップグレード

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for RS-485/RS-422 Line Driver/Receivers
# Tx/Rx 4Rx
VSUPPLY (V) 5
Data Rate (kbps) (min) 10000
ICC (mA) (typ) 2.4
ESD Protect. (±kV) 15
Tx EN No
Rx EN Yes
ICC (Shutdn.) (µA) (typ) 0.001
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
0 to +70
Package/Pins PDIP/16
SOIC (N)/16
TSSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
2.04
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for RS-485/RS-422 Line Driver/Receivers
# Tx/Rx 4Rx
VSUPPLY (V) 5
Data Rate (kbps) (min) 10000
ICC (mA) (typ) 2.4
ESD Protect. (±kV) 15
Tx EN No
Rx EN Yes
ICC (Shutdn.) (µA) (typ) 0.001
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
0 to +70
Package/Pins PDIP/16
SOIC (N)/16
TSSOP/16
Budgetary
Price (See Notes)
2.04

主な特長

  • ESD保護:
    • ±15kV IEC 1000-4-2エアギャップ放電法
    • ±8kV IEC 1000-4-2接触放電法
    • ±15kV ヒューマンボディモデル
  • 全IC間で伝播遅延許容誤差を保証:
    • ±8ns (MAX3093E)
    • ±10ns (MAX3094E)
  • 単一電源動作:
    • +3V (MAX3094E)
    • +5V (MAX3093E)
  • 16ピンTSSOPパッケージ
  • データレート:10Mbps
  • 1つのバスで最大128個のレシーバを使用可能
  • 1nA低電力シャットダウンモード
  • 動作時の消費電流:2.4mA
  • '34C86のピンコンパチブルアップグレード

アプリケーション/用途

  • レベルトランスレータ
  • ESDに敏感なアプリケーション用レシーバ
  • 堅牢なRS-422/RS-485/RS-423バスレシーバ
  • テレコム機器

説明

MAX3093E/MAX3094Eは、厳しい環境下での静電放電(ESD)保護を備えた、堅牢な低電力クワッドRS-422/RS-485レシーバです。全てのレシーバ入力は、IEC 1000-4-2エアギャップ放電法で±15kVまで、IEC 1000-4-2接触放電法で±8kVまで、ヒューマンボディモデルで±15kVまで保護されています。MAX3093Eは+5V電源で、MAX3094Eは+3.3V電源で動作します。レシーバの伝播遅延は工場出荷時設定±8ns以内で保証されているため、全製造ロットにおいてデバイス間マッチングを実現します。

このデバイスはレシーバ出力がハイインピーダンスになる1nA低電力シャットダウンモードを備えています。レシーバがアクティブ状態の時は、オープン回路の入力でロジックハイ出力を保証するフェイルセーフ機能が動作します。また、これらのデバイスは1つのバスで128個のレシーバを使用できる1/4ユニット負荷入力インピーダンスも備えています。

MAX3093E/MAX3094Eは、業界標準'34C86とピンコンパチブルな低電力アップグレード品で、省スペースのTSSOP、ナローSO、およびPDIPパッケージで提供されています。

簡易ブロック図

MAX3093E、MAX3094E:ファンクションダイアグラム MAX3093E、MAX3094E:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。